こんな中学校の無責任校長・当該担任および教育委員会を許してはいけません!

またまた、生徒の自殺(いじめ問題)に関して、学校・教育委員会の無責任・不明朗対応が明らかになりました。

〈スポンサーリンク〉

 

「担任に人生全てを壊された」というメモ(遺書)を残して愛知県の浅井中学校3年男子生徒が自殺した問題で、男子生徒が書き残した内容を担任教諭がすべて否定しました。

担任は取材に応じ、「いじめは絶対ない」と強調しています。

〈問題点その1〉…学校が無責任体制です。

Photo published for 中3自殺 担任のいじめを撤回 | 2017/2/13(月) - Yahoo!ニュース

〈画像出典:TBS系JNN2月13日〉浅井中学校・校長、教育者としてどうあるべきか考えてほしいです。

学校は当初、男子生徒の遺書(メモ)の内容を認めていましたが、なんと舌の根も乾かないうちに、校長が真逆の態度をとったのです。「恥を知れ!」

2月12日のPTA総会では、「担任教諭は、男子生徒にばかりプリントを配らせるなどしていた。担任教諭によるいじめという認識があった」と校長が説明していたのに、翌日(13日)の記者会見では、「指導は不適切だが、いじめは確認しておらず、保護者の意向をくみ取って、“いじめ”という表現をした」と説明を覆したのです。

12日の夜の間に、教育委員会と学校の大人の事情で、見解を変えたのです。これは、教育者として許せない対応です。

担任教諭は、「学校に責任はない」との校長の見解にそって、「いじめは絶対ない」と話しています。~そんなわけ、絶対にないでしょ!

〈問題点その2〉…学校側の無責任体制、子供への無関心、担任教師の人格・無能力が、大いに問題です。

①当該生徒は、昨年9月の体育祭で手の親指を骨折しています。ところが、担任は保護者にその事故を報告していないのです。

しかもですよ。その日の夜、担任は親からの問い合わせに応じず、何をしていたのかというと、体育祭の打ち上げ会(飲み会)に参加していたのです。

これだけの事実でも、とんでもない問題教師です。自殺後の対応を見ても相当の「ワル」、かなりの問題教師です。こんな教師をコントロールできなかった校長と教育委員会にも重大な責任があります。

~どんな担任だったのか~

・体育祭で行った組み体操中に転倒し、当該生徒は両手の親指を骨折したが、担任は学校側(教頭)への報告もせず、具体的な対応を行わなかった。
・担任は母親から連絡を受けた際、職場での飲み会(体育祭の打ち上げ)があったため、「用があるので明日にしてくれ」などと述べた。
・「頼みやすいから」という理由で自殺した男子中学生に何度もプリントの配布をさせるなど、ほかの生徒らと比較して異なる対応を取っていた。
・浅井中学校に通う生徒らは「性格は悪いと思う」「好きな生徒と嫌いな生徒で態度が全然違う」などと当該担任を評価しており、日頃から担任教師に多くの問題があったことが推察できます。

②子供が遺書として、ゲーム機の電磁記録に、「担任に人生全てを壊された」と書き残しているのに、事情説明もなしに平然と「何もなかった」言い張る校長と担任の無神経さが大問題です。

したがって、学校の主張は、「いじめも何にもない良い学校だったけど、なぜか男子生徒が勝手に自殺しました。生徒の言い分は全く事実無根。学校が迷惑しています。」ということになります。
こんな学校をこのまま許していいものでしょうか。

〈問題点その3〉…学校は事実確認をちゃんとしていないことが問題です。

「担任教諭は、男子生徒にばかりプリントを配らせるなどしていた。担任教諭によるいじめという認識があった」と校長が語った後、翌日に否定しています。
しかし、「男子生徒にばかりプリントを配らせていた」という事実は、他の生徒の聞き取りを行うことで、確認をとることができます。

これから、教育委員会は、教育の原点に立って、人の道を外さない対応をしてほしいですね。

☆ 詳しい事情はわかりませんが、それでも、当該生徒は担任の具体的な対応を書き「担任に人生全てを壊された」たと言って、自殺しているのです。

生徒の思い込みの部分が仮にあったとしても、それも含めて、自殺した生徒に何があったのかを学校は誠意を持って調べるべきです。

今のところ、学校祭のあと、骨折した生徒のことで親から問い合わせがあってもそれを無視して、飲み会に出かけ、そのことを認めていない担任の態度、今回の校長の態度などを考えると、学校が完全に「クロ」です。

男子生徒の両親が、学校側の対応について「組織的な隠蔽で不信感が増している」と述べているのは当然だと思います。
ましてや、生徒の両親は、昨年から何度も学校に足を運び、改善を頼み続けてきていたのです。学校側が担任を代えるなど具体的な対応をしていれば、もっと良い方向にことは動いていたのではないでしょうか。

ご両親の無念が伝わってきます。

〈事実関係〉

①男子生徒は「自殺する」との趣旨を家族に伝えて家を出て、行方がわからなくなっていた。その直前、友人に携帯用ゲーム機を預けた。メモ機能を使った遺書が残されており、教師との関係で悩んでいたといった内容も記されていた。

②浅井中学校は全校生徒約600人。そのうち3年生は5クラスで計約200人。

〈いじめ関連投稿〉
青森市中学校2年女子生徒(13)が自殺~いじめが原因か?女子生徒の写った市長賞写真が取り消し!
いじめ訴えて自殺した女生徒、学校側が遺族に説明なく「通学途中の事故」と申請
原発避難の児童が「ばい菌呼ばわり」「恐喝」されていた!「いじめ問題」で思うこと。
原発避難児童のいじめ問題、校長が対応の不手際を認めたということですが?
「いじめ」はどんな子が被害者になるの?わが子を「いじめ」から守るには。

愛知・中学生自殺、担任教諭“いじめは絶対ない 実際と違う”
TBS系(JNN) 2/14(火) 6:17配信
 愛知県一宮市の男子中学生が「担任に人生全てを壊された」というメモを残して自殺した問題で、担任だった教諭がJNNの取材に応じ、「いじめは絶対ない」と強調しました。

 「体罰もないし、いじめもない。プリントを彼に頻繁に配らせた事実もない。実際あったことと違うところがある」(生徒の担任だった教諭)

 愛知県一宮市の浅井中学校に通う3年の男子生徒は、「担任に人生全てを壊された」というメモを残して、今月6日に飛び降り自殺しました。

 学校側は12日のPTA総会で、「男子生徒にばかりプリントを配らせるなどしていた。担任教諭によるいじめという認識があった」と説明。しかし、13日の会見では、「指導は不適切だが、いじめは確認しておらず、保護者の意向をくみ取って、“いじめ”という表現をした」と説明を一変させました。

 これについて13日夜、男子生徒の担任だった教諭がJNNの取材に応じ、「いじめは絶対ない」と話しました。

 一方、男子生徒の両親は、学校側の対応について「組織的な隠蔽で不信感が増している」などと話しました。

〈スポンサーリンク〉