関学大講師「放射能浴び光ると…」 福島出身学生に発言』(朝日新聞デジタル2017年2月21日)を見て講師の発言のアホさ加減に驚きました。

兵庫県西宮市の関西学院大学で、2014年秋、約30人が受ける英語の授業であった話です。

外国人の男性非常勤講師(40代)が授業中、女子学生に質問した際、出身地を尋ね、女子学生が「福島県です」と答えると、その講師は、わざわざ教室の電気を消して、学生たちに「(この学生は)放射能を浴びているから電気を消すと光る」と語ったのです。

この差別発言が問題とされた結果、この外国人講師は、今月17日付で減給3カ月の懲戒処分となりました。私は即刻、懲戒免職でいいと思うのですが、大学によると、次年度からの契約は打ち切りにするということです。

女子学生は14年春、教育学部に入学しており、その秋に起きた差別発言。
希望に胸を膨らませて入学した関西学院大学で、教師からこんなバカな差別発言をされて、本当にショックだったと思います。
彼女は、その後、大学の授業を休みがちになりましたが、当時は大学に訴えることができませんでした。
しかし、昨年4月、大学に「ハラスメント相談センター」が新設されたのをきっかけに、女子学生が4月下旬にセンターを訪れ、この講師のアホ発言が露見したのです。

それにしても、アホなのはこの外国人の英語教師。
どこの国で教育を受けた人なんですかね。

当該講師は、「福島県出身者は放射能を浴びている。なのでこの女子学生から放射能が出ていて、照明を消すと光る。」などと非科学的でバカな発言をわざわざ、部屋の明かりを消してまでしています。

この流れから、当該の女子学生を「さらし者」にしようとする強い悪意を感じますね。
これはいじめの構造と全く同じです。

まあ、小中高でも考えられないようなアホな教師がいるので、大学にもいるんでしょう。

女子学生には、こんなアホ講師の言ったことはもう気にせず、次の一歩を歩んでほしいですね。

〈スポンサーリンク〉