6月10日、東証がLINEの上場を承認しました。 時価総額は約6000億円ということです。
LINEの上場承認 時価総額は約6000億円 ことし最大
ところが、その後、LINEの純損失が79億円とのニュースが入ってきて、
大もうけしているだろうと思っていたので意外感がありました。
また、韓国人役員と日本人役員の報酬に大きな差。
韓国人役員52億円に対して、日本人役員1.2億円と1億円。

LINE、純損失79億円 役員4人は韓国ネイバー出身
朝日新聞デジタル 6月10日(金)23時6分配信
LINEが10日、関東財務局に提出した有価証券届出書によると、LINEは急成長しているものの純損益は赤字であることがわかった。非上場のためこれまで詳細な財務データや役員報酬などを開示しておらず、届出書によって実態が明らかになった。

2015年12月期決算(国際会計基準)は売上高が前年同期比39%増の1206億円だったが、純損益の赤字は79億円に達した。15年3月に買収した音楽ストリーミング事業に失敗し、撤退などに伴う損失118億円が響いた。

役員11人のうち親会社である韓国ネイバー社出身は4人。執行役員17人のうち7人が韓国系だ。役員報酬は慎ジュンホ取締役(44)がストックオプションを含めて52億円。出沢剛社長の同1億3千万円、舛田淳取締役の同1億円を大きく上回った。
LINE単体の従業員1122人(平均年齢34・2歳)の平均年間給与は795万円。新興企業らしく社員の平均勤続年数は3年に満たない。(大鹿靖明)

LINEは韓国系企業ですので、韓国人を優遇するのはさもありなんと
思うのですが、こんな大きな差が生じる職務の違いとは何なんでしょうか。
慎ジュンホさんは取締役、一方、出沢剛社長は社長というのですから、代表取締役ですよね。
代表取締役の報酬が、平取締役の50分の1とは。

今日のなるほど

役員と執行役員の違い
役員とは
「役員」という名は、会社法で定められた名称で、取締役、監査役、会計参与の
ことをいいます。
執行役員とは
一方、執行役員とは会社法で規定されている役員ではなく、単なる会社組織上の
呼び名です。代表取締役のことを普通、社長と呼んでいるようなものです。
したがって、執行役員は、会社法上は単なる従業員ですので、会社が任命しても
登記事項には該当しません。
ちなみに、株式会社を設立したりするときの登記手続きを定めた法律が、商業登記法です。

参考までに、会社法・商業登記法で登記が義務づけられている「役員」は
取締役、監査役、会計参与です。

ストック・オプションとは
ストックオプションとは、予め決められた価格で自社株を買うことのできる権利のことをいいます。
権利を取得した人は、例えば、株式公開を控えた会社が現実に株式公開をした
ときに、あらかじめ決めておいた価格より公開株の値段があがれば、権利行使する
ことによってその差額を受け取ることができますので、大きな利益をあげることが
できます。

〈スポンサーリンク〉