年末ジャンボ宝くじに外れた腹いせではありませんが、宝くじで高額当選したにも関わらず、

「不幸を呼び込んでしまった話」をネット検索しました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

次はトルコ人の事例です。

宝くじに当選したことは幸運に違いないのですが、浮かれて浪費した結果、元の貧乏になったと

いう話。

お国柄も違うのでしょうが、宝くじが当たったからと言って友人に家まで買いますかね。

宝くじ高額当選者の今-「幸運」が必ずしも「幸せ」を運ぶわけではない
2010年12月30日付 Zaman紙

宝くじで高額を当て、幸運であるはずの人々の顔に笑顔はない。数年前に億万長者となった宝くじ当選者には今では靴磨きをする人、食料雑貨屋を営む人、中には苦しい年金生活を送っている人もいる。

 国立宝くじ運営局が発表した新年最初の当選金額3,500万リラ(約19億円)は、手っ取り早く金持ちになりたい人たちの夢を駆り立てている。すでに数日前に宝くじが完売したのもこうしたことの表れである。しかし現実には必ずしもお金が幸せを運ぶ訳ではない。数年前に高額を当てた当選者らの中には、今では靴磨きをしている人もいれば、厳しい年金生活を送っている人もいる。幸運の鳥が幸せをもたらさなかった高額当選者らは、宝くじを購入する人たちに呼びかけている、「希望を宝くじに託さないように」と。

 デニズリ県チェヴリル郡の刑務所から出所した後に、ナンバー・ロトで34万5千リラ(約1900万円)をあてたオスマン・カプランさんは、幸運の鳥が幸せを運ばなかった一人。大工仕事をしていたが仕事が上手く行かなくなった結果、まず妻と離婚し、その後仕事場が差押えとなったカプランさんは、自らが振り出した小切手を期日通りに決済できず600億リラ(訳注:2005年に行われたデノミ以前の通貨単位と思われる。ちなみにこのとき100万トルコリラが1新リラとなった)の小切手に対し65年の禁固刑が科された。機械を売って差し押さえを解除して刑務所から出所したカプランさんは、出所の二日後に購入した宝くじで34万5千リラを当てた。多くの友人に家を買ってあげたり、その子供たちのために割礼式や結婚式を開いてあげたカプランさんは、彼の言葉によると、夢のような日々を過ごしていたと述べる。しかしながら、他の宝くじ当選者のように享楽に溺れていったカプランさんは全財産を失ったそうだ。今では、年金と賃貸収入とでやり繰りしている。
サムスンで17年前に宝くじで高額を当てたスレイマン・オルハンさん(52)は、宝くじの賞金だけでなく、仕事で稼いできたお金をも失ってしまったという。宝くじで高額を引き当ててからというもの、不運が訪れ始めたと話すオルハンさんは、賞金を貿易関係の仕事に投資したが、手を出した全ての仕事で失敗をしたと話す。当選金は戒律上合法ではないと考えるオルハンさんは、「賞金から5クルシュも得られなかった人々の望みや興奮を全て奪い取った形となった。だから賞金が当たっても何もいいことはなかったのだと思う」と話す。現在は食堂を営み、宝くじはもう買わないと強く主張するオルハンさんは、年明けに宝くじを買う人に、「全ての希望を宝くじに託さないように」と助言した。

 オルドゥで2003年にナンバー・ロトで8440億リラ(訳注:2005年のデノミ以前の通貨単位。ちなみに2003年時点で1ドル=141万リラ)を当てたペルシェンベリの喫茶店員、ハイリ・カヤさんは賞金を使い果たすと、再度喫茶店で働き始めた。カヤさんは2003年に6桁の番号を当て、高額賞金を当てたが、賞金は自分に幸運をもたらさずに、むしろ不運をもたらしたと言う。「7年前に億万長者だった私は、今では小銭を地道に貯めている」と話すカヤさんは、「こうなった今、私は運試しをする人たち、高額を当てた人たちに言いたい。私を反面教師に良いお金の使い方をして欲しい。さもなければ私のような運命が待っています」と話す。

 

次はイギリスのアンドルー・オズワルド教授の説です。

〈出典:宝くじに当たると不幸になる!?年末ジャンボ購入前に知ってほしいこと 2012年11月20日〉

大当たりすると不幸になる?

英国ウォーリック大学経済学部のアンドルー・オズワルド教授 ( 58歳 ) は、「宝くじで大

当たりしても、それが直ちに幸福につながることはない」と述べています。

同教授は長年に渡り、宝くじ当選者が賞金を受けとった後どうなったのか?について研究し

てきました。その結果は意外なものでした。

研究結果によれば、当選者は1年以内に「当選する前より不幸になった」「心の健康状態が損な

われた」と実感する場合が非常に多いというのです。

さまざまな経済学者や心理学者が、この現象について何十年も研究してきました。不思議な

ことに、当選前より幸福になったという例は見出せなかったのです。

 

幸福になれない理由

この理由として、オズワルド教授は次のことを指摘しています。

「当選者の生活は以前より荒れていきます。酒やたばこの量が増え、ドラッグに手をだす者

もいます。そして、隣人たちの態度も以前と変わってきます。」

 

高額当選を秘密にできれば、隣人の態度は変わらないでしょうが、アメリカでは宝くじ当選者は

法律の規定で、氏名が公表されるそうです。(6つの州だけで匿名を認めている)

何で、公表するのかというと、名前を公表しないとインチキをやっているのではないか、という

疑いを持たれる可能性があること、もう1つは購買意欲を煽るためということです。

高額当選者のニュースが、動画になって伝わってくるのも、そのためでしょう。

顔も氏名も世界中にわかってしまいます。

当選を公表される国では、確かにその後の生活の仕方が難しいでしょうね。

 

日本では、今でも、振り込め詐欺が無差別に攻撃してくる状況ですので、宝くじ当選がもし、公

表されたりしたら大変なことになるでしょう。

さらに、しつこく寄付を強要してくる脅迫まがいの人間や団体も必ず出てくるでしょう。

ネットの悪口を見れば、悪意を持った人間がわんさか、いるのがわかります。

市川海老蔵氏の妻、小林麻央さんのブログ発言に対しても、「よくこんなこと書けるな」という

心無い書き込みが、ネット上にはあふれています。

みなさん、もし宝くじに当たっても、浮かれて高級外車など買ってはいけないですよ。

次は日本の話です。

悪いやつがいるんですね。

人間、金に追いつめられると、人も殺すし、自殺もします。

そうした意味では、お金は怖いです。

宝くじに当たっても、絶対、他人に知らせてはいけません。

岩手殺人:宝くじ2億円当選女性殺した男逮捕
〈出典:2チャンネル2008/10/22(水) 23:45:37 〉

2億円の宝くじが当選した岩手県一関市千厩町の無職、吉田寿子さん(当時42歳)が
05年に行方不明になる事件があり、岩手県警は22日夜、東京都台東区松が谷4、
朝日新聞配達員、熊谷甚一容疑者(51)を殺人容疑で逮捕した。それに先立ち、
熊谷容疑者の供述から吉田さんとみられる遺体を岩手県陸前高田市で発見した。
県警は大船渡署に捜査本部を設置、2億円についても追及する。

調べでは、熊谷容疑者は05年5月初旬に吉田さんを陸前高田市内で殺害した疑い。
熊谷容疑者が当時、市内で経営していた会社と、吉田さんの勤務先に取引関係があり、
2人に面識があった。

吉田さんは2億円の宝くじが当たった後の同年4月末、自宅で目撃されたのを最後に
行方が分からなくなり、親族が県警に捜索願を出していた。県警の周辺の聞き込みで
熊谷容疑者が浮上、21日からの任意聴取で容疑を認めたため22日夜、警視庁で逮捕した。

熊谷容疑者は事件後、各地を点々として東京で暮らしていたとみられる。

 

次は、2013年11月26日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」に、実際に6億円を当てた男性が顔をぼかして出演し、当選前と当選後の変化について述べていました。

〈出典:宝くじで大金手にした人の末路は Livedoor news 2013年12月16日 19時29分〉

アメリカでは当選者が名乗り出て記者会見を開くことがあるが、日本ではひっそりと受け取る人がほとんどのためテレビ出演するのは珍しい。

男性は匿名を条件に顔をぼかして出演した。当選した2008年当時は30代の派遣プログラマーで月収は40万円ほど。しかし、仕事が途絶えがちで生活に困っていたという。

証拠の預金通帳がカメラに映し出され、残高4419円しかなかったところに、6億円が振り込まれていた。「自由ですよね。金銭的な自由と時間の自由ができた」と当選後の心境の変化を語り、お酒を飲むときの金額も桁違いに増えた。当選前は東京・新橋の飲み屋で「思いっきり使って」3人で10万円だったのが、当選後は多い時で一晩1500万円を現金で使うこともあった。

当選後の手続きは「ものすごく簡単」だと言い、当選くじを渡して振込先口座を指定するだけだった。信用金庫の支店長に当選金を現金で見たいと依頼し、半分の3億を目の前で見ることができたが、「実感がないというか、紙の束としか思えない」という感想を抱いたこと明かした。

・・・・・(略)

出演した6億円当選者の男性は、プログラマーから投資家に転身して仕事も順調だというが、キャンベル氏が「5年後に70%の人がすべてを失うっていう研究もある」と指摘するように、突然億万長者になると冷静な判断ができなくなる人も少なくないようだ。

宝くじの場合は、1000万円以上の当選者向けに「【その日】から読む本 突然の幸運に戸惑わないために」という名の専用ハンドブックが用意されている。当選者だけが無料でみずほ銀行から受け取れる非売品の冊子だ。2008年12月8日の「AERA」によると、高額当選者をケアするため、冊子には「知らせる必要のある人をすべてリストアップ」「ローンや借金の返済を優先する」「贈与税について知っておく」といった項目や、お金をどう使うかのチェックシートまでもある。

 

 

高額当選者のネット情報は結局、元ネタはみんな同じような話で、当選しても不幸になる的なも

のが多く、当てにならない気がします。

それに対して、このLivedoor newsの高額当選者の話が、一番、本当の話に思えます。

でも、これだって、元プログラマーがやらせだったという可能性もあります。

 

最後に、一度でいいから私も、『【その日】から読む本 突然の幸運に戸惑わないために』と

いう専用ハンドブックを受け取りたいですね。

〈スポンサーリンク〉