〈お尋ねします〉
➀ カバちゃんが性別適合手術で女性になりましたが、本物の女性になることができたのでしょうか。
➁ 戸籍の性別を法律的に男から女に変更することができるのでしょうか。

 

カバ(KABA.)ちゃんの芸風はいいですね。
自分をさらけ出し、隠すことは何もないようで、素直な人柄のように思います。

そのカバちゃんが、3月末にタイで性別適合手術を受けました。
カバちゃんは本当に、真の女性になりたかったんですね。その願いの強さには驚きました。大手術ですから。

KABA.ちゃん 性別適合手術「神経も皮膚も全部使った」…破局も告白
2016.8.12 Daily Sports 3月末にタイで性別適合手術を受けたタレントのKABA.ちゃんが12日、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」に出演。命がけで受けた手術の詳細を、声帯手術で高音に声変わりした女性の声で打ち明けるとともに、生活費を貢いでいた“恋人”と昨年9月に破局したことを明かした。
 これまで小顔にするためにアゴを削り、頬骨を寄せ、目や鼻、唇など「完全な女性」を目指し、整形手術を重ねてきたKABA.ちゃん。3月28日にタイで3時間をかけ性別適合手術を受けた。手術については「男性器を女性(器)に替える手術。なるべく“具材”は全部使って。神経も皮膚もなるべく全部使って」と詳細を明かした。両親には「事後報告」だったという。

声帯手術では、のど仏の下を切開し、声の性別を変更。現在の声色は、安田大サーカスのクロちゃんのような高音で、「今はこれしか出ない」と説明した。
 今後は女性への戸籍変更のため、書類を準備している段階だという。

・・・・(略)

 

〈スポンサーリンク〉

 

〈お尋ねします〉のお答え
➀ カバちゃんが性別適合手術で女性になりましたが、本物の女性になることができたのでしょうか。
人間の体はおよそ60兆個の細胞でできています。その1個1個の細胞の中に23対の染色体が含まれており、その染色体の中にDNAが含まれています。男女を決めるのはこのDNAであって、23対目の性染色体の中に含まれています。
女性の23対目の染色体はXX型、
男性の23対目の染色体はXY型です。

したがって、外科手術で男性器を女性器に作り変えても、60兆個の細胞のDNAまでXX型に変えることはできませんので、カバちゃんが「男性器を女性(器)に替える手術。なるべく“具材”は全部使って。神経も皮膚もなるべく全部使って」と言っても、彼はこれまで通り、男のままです。

➁ 日本の場合、戸籍の性別を法律的に男から女に変更することができるのでしょうか。

こうした手術を受けた後は、女性に変更することができますが、手術なしでは「性別変更」は認められません。

 

2016.03.16 izaニュース
ここまでしても女・男になりたい…性別適合手術めぐる実態「性同一性障害特例法」施行以降、戸籍上の性別変更が可能に
2004年に戸籍上の性別を変更できる性同一性障害特例法が施行され、14年末までに約5100人が認められた。戸籍変更できれば結婚もできる上、職場など社会での扱いも異なる。

 

2014年末までに、約5100人が認められたということですが、私的には多いなあという感じです。
戸籍変更できれば、法的にはカバちゃんも完全に女性ですから、男性と結婚できることになりますね。

ただし、性別変更するには次のような厳しい条件があります。

6つの要件。
(1)2人以上の医師により、性同一性障害であることが診断されていること
(2)20歳以上であること
(3)現に婚姻をしていないこと
(4)現に未成年の子がいないこと
(5)生殖腺がないことまたは生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
(6)他の性別の性器の部分に近似する外観を備えていること精巣摘出、陰茎切除、子宮卵巣摘出などの手術が必須となる
上記の要件(5)(6)については、体の性器を性別と一致させる手術(性別適合手術)が必要となる。MTFの場合は精巣摘出、陰茎切除、FTMの場合は子宮卵巣摘出が必須となる上、通常は、乳房切除も行うという。

 

では、性同一性障害(GID)を持った人はどれくらいおられるのでしょうか。

 

5000人に1人が「体は女、心は男」、1万人に1人が「体は男、心は女」
日本国内での性同一性障害(GID)頻度は「体は女性、心は男性(FTM)」が5000人に1人、「体は男性、心は女性(MTF)」は1万人に1人の割合。例えば、「自分の体が嫌」「自分の性別の服装が嫌」という違和感があればその可能性がある。

・・・・(略)

全国の小中高生600人超に性別の違和感、うち165人はGIDと診断
文部科学省が2013年に初めて実施した小・中、高校を対象にした全国調査では、少なくとも606人が自分の性別に違和感を訴え、うち165人が性同一性障害と診断された。

 

全国の小中高生の中で、165人が性同一性障害と診断されたということです。この数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、私がこれまでに関わった生徒の中にも、こうした悩みを抱えた生徒がいたのかなと気になります。

さて、手術後のカバちゃんは願い通り、理想の男性とめぐり会えるのでしょうか。
カバちゃんには申し訳ないですが、男はやっぱり本物の女性がいいと思うんですよね。

でも世の中には、いろんな人間がいますので、カバちゃんに惚れる男性が現れるかもしれませんね。

〈スポンサーリンク〉