いきなりですが、男性保育士が女児の着替えをさせたり、女の赤ちゃんのおむつを替えたりすことをどう思われますか?

保育園の保護者の間から、娘の着替え等は男性保育士にやってほしくないという声が上がっているというのです。

テレビでも取り上げていましたので、もうご存知の方も多いと思います。

 

〈スポンサーリンク〉

 

男性保育士に「女児の着替えさせないで!」 保護者の主張は「男性差別」か

2017年1月24日 7時0分 J-CASTニュース
「男性保育士に娘の着替えや排せつの世話をやって欲しくない」。こんな保護者の意見は、男性保育士に対する「性差別」にあたるのか。千葉市の熊谷俊人市長(38)がツイッターで投げかけた問題提起が、いまインターネット上で盛んな議論を呼んでいる。

千葉市幼保運営課によれば、市内の公立幼稚園・保育園では、男性保育士が幼児のオムツ交換や着替えの業務を「外される」ケースが目立つという。こうした状況について、熊谷市長は「女性なら社会問題になる事案です」と訴えている。

千葉市長ツイッターが問題提起
千葉市は2017年1月18日、「男性保育士活躍推進プラン」を策定した。プランの中では、(1)男女の性別に関わらず同じ業務を行えるようにする、(2)男性用のトイレや更衣室など環境面の整備を計画的に進める――といった目標を掲げている。

こうしたプランを策定した背景について、千葉市幼保運営課の担当者は23日のJ-CASTニュースの取材に、

「昨今、女性の活躍を推進する施策は盛んに取り組まれています。一方で、女性が多数を占める職場での『男性の活躍推進』という点については、あまり重要視されていない部分がありました」
と話す。

実際、千葉市内の公立保育所に勤務する保育士の男女比は、女性650人(92.9%)に対し男性50人(7.1%)。今回のプラン策定により、男性保育士の労働環境改善のほか、父親の子育て参加の活発化や将来的な保育士応募者数の増加などの効果を見込んでいるという。

だが、男性保育士の活躍を促すこの施策をめぐり、インターネット上では思わぬ形で議論が起きることになった。そのきっかけは、熊谷市長が1月19日のツイッターで、

「(プラン策定について)女児の保護者の『うちの子を着替えさせないで』要望が通ってきた等の課題が背景にあります。女性なら社会問題になる事案です」
などと言及したことだった。

「男性保育士さんに警戒するのは仕方がない」
熊谷市長が例に挙げた「男性保育士による女児の着替え」をめぐり、ツイッターでは、一部の女性ユーザーから、

「男性保育士さんに警戒するのは仕方がないのではと思います」
「性犯罪の加害者の九割が男性って事を考えたら、充分考慮する理由になると思うんだけど」
「女児の親御さんが同性更衣介添えを望むのは当然の事かと思います」
といった反発の声が出ることになった。

こうした書き込みを受け、熊谷市長は22日のツイッターで、

「娘を男性保育士に着替えさせたくないと言う人は、同様に息子を女性保育士に着替えさせるべきではないわけですが、そんな人は見たことがありません。社会が考慮するに足る理由無しに性による区別をすることは差別です」
と訴えた。

また、男性保育士による小児性愛事件が実際に起きているという指摘に対しては、「全体から見れば極めて小さな確率の事例」によって人権や職業選択を侵害することは、「現代社会では許容されません」と強く指摘。

こうした反発の声が出てしまうこと自体については、

「保育士という職種に対するプロとしての評価・敬意が男女問わずまだまだ十分でないと認識します」
と振り返っていた。

男性保育士「専門職として認められていないと感じる」
実際のところ、熊谷市長の指摘に対するネット上の反発の声が示すように、女児の着替えや排せつの世話を男性保育士が行うことに嫌悪感を示す保護者は多いのだろうか。

東京男性保育者連絡会のメンバーで、都内の保育園に勤める男性保育士(40)はJ-CASTニュースの取材に対し、

「着替えやオムツの交換、プールの引率に身体測定・・・。保護者の方から、男性の保育士が担当することはやめて欲しいと指摘される業務は数多くあります」
とどこか馴れた様子で話す。この男性保育士は、こうした意見が保護者から寄せられていること自体については、

「性犯罪やロリータコンプレックスなどの報道もありますし、保護者の方が男性保育士に一抹の不安を感じてしまうのは仕方がないと思います」
と理解を示す。だが、保護者の意見に対する職場の対応には「納得がいかない」と感じているという。

「こうした意見が保護者から寄せられると、すぐに男性保育士の持ち場は変わってしまいます。こちらとしては『イヤ、そうじゃない』と否定して欲しいんですよ。これでは、同じ保育士なのに男性だけが『専門職として認められていない』と感じてしまいます」
そのほか、女性が圧倒的多数を占める職場だけに、孤立した男性保育士に対するいじめや「逆セクハラ」の問題も良く指摘されるという。この男性保育士は、

「男性の保育士は珍しいこともあり、運動会の準備などの力仕事は全て男性に任せるといった風潮がある職場も多いようです。でもこれって、女性に『お茶くみ』の仕事をさせていた一昔前の職場と同じですよね(笑)」
とも話していた。

 

今朝の読売テレビ『スッキリ!!』で、視聴者アンケート「男性保育士に女児の着替え等、やってもらっていいか」というのを取っていました。
何分かの集計結果は次の通りでした。

「女児の着替えもおむつ替えもOK」→57958人(約6万人)
「女児の着替えはOK、おむつ替えはNO」→19189人(約2万人)
「女児の着替えもおむつ替えもNO」→6564人(約0.7万人)

この結果を大雑把に見ると、「女児の着替えもおむつ替えも、男女どちらの保育士さんでもいいよ」という人が2に対して、「男性保育士さんでは困る派」が1ということです。

いやあ、男性保育士では困るという保護者がかなりいることに驚きましたね。

この件については、千葉市の熊谷俊人市長(38歳)がおっしゃっていることが、正論だと思います。

熊谷俊人市長は22日のツイッターで、
「娘を男性保育士に着替えさせたくないと言う人は、同様に息子を女性保育士に着替えさせるべきではないわけですが、そんな人は見たことがありません。社会が考慮するに足る理由無しに性による区別をすることは差別です」とツイートしていました。

保育士としての資格に基づいて、業務として行う仕事に、「あんたは男だから、女児の着替えさせはやめてね」などと言ったら完全に男性差別です。

さらに、男性を拒否する考えの根底には「もしかしたら、この男性保育士は娘にいやらしいことをするかもしれない」という疑いを持っているわけですから、言われた男性保育士にしてみたら、侮辱されているのと同じです。

正論を言えば、これは間違いなく「男性差別」です。

しか~しです。
親がわが娘を心配せざるを得ない社会状況が一方にはあります。

それは、「小児性愛者」が現実には存在しており、凶悪犯罪を起こしたりしているからです。

男性が「女児をいたずら目的」で犯罪を犯すことは現実にあっても、その逆、女性が「男児をいたずらも目的」で犯罪を犯すということは聞いたことがありません。

ただ、この考え方も、「男は女児にいたずらするものだ」というレッテル張りをしているわけで、偏見を助長することになります。

仮に「女児に対する犯罪」を行った男性保育士がいたとしても、それはその保育士が犯罪を行ったわけで、すべての男性保育士が犯罪を犯すわけではありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。
J-CASTニュースの中で、男性保育士が次のように語っています。
「着替えやオムツの交換、プールの引率に身体測定・・・。保護者の方から、男性の保育士が担当することはやめて欲しいと指摘される業務は数多くあります」
「性犯罪やロリータコンプレックスなどの報道もありますし、保護者の方が男性保育士に一抹の不安を感じてしまうのは仕方がないと思います」

このように、男性保育士は現状をよく把握しており、男性保育士の置かれている状況をよく理解されているので、しばらくは男性保育士に我慢していただいて、保護者の要望を尊重していくしかないと思います。

それというのも、もともと保育園は、「保母=女性」の世界でした。そこへ男性が保育士として参入していったのですから、今の男性保育士さんたちは、いわば開拓者です。開拓者には苦労がつきものです。

保育園で、男性保育士が当たり前の存在として、保護者に受け入れられるようになるには、もう少し、時間がかかるのかもしれません。

〈スポンサーリンク〉