舛添知事の品格と都知事としての適性

東京という世界都市のトップになり、

舛添知事の心・生き方に「奢り(おごり)」が生じていた

ということでしょう。

そこから、今回の問題のすべてが生じたと思います。

「収支報告書に数件の私的な支出」→「奢りに基づく公私混同」から。

「自分の使う出張経費がどこから出ているのかを考える感性

がない」→「奢り」から。2014年秋の欧州出張の費用が総額6976万円。

多くの部下を従え、ファーストクラスや一流ホテルのスイートルームを

利用した外遊は「大名行列」と批判を浴びました。

また、「会議をホテルで開く理由」について「マスコミに追われるから、

こっそりやらないといけなかった」と説明しましたが、

冗談じゃあ、ありません。マスコミが政治家のすることや

東京都の行政について取材しようとするのは

あたりまえのことです。

相次ぐ問題発覚で信頼失墜=何度も頭下げ、釈明―舛添都知事
時事通信 5月13日(金)18時20分配信
高額な海外出張費や公用車を使った別荘通いといった問題に続き、週刊誌が報じた自らの政治資金疑惑の釈明に追われた舛添要一東京都知事。
13日の記者会見では、政治資金収支報告書に私的な支出を記載したミスが複数あることを認め、「不徳の致すところ」と何度も頭を下げた。しかし、相次ぐ問題発覚で失った信頼を取り戻すのは容易ではない。今年2月に任期(4年)を折り返した舛添氏に最初に持ち上がったのが海外出張費の問題だ。2014年秋の欧州出張時の費用が総額6976万円に上るなど、多くの部下を従え、飛行機のファーストクラスや一流ホテルのスイートルームを利用した外遊は「大名行列」と批判を浴びた。
これに対し舛添氏は「遊びに行っているわけではない」などと強調。神奈川県湯河原町の別荘に公用車でほぼ毎週末通っていた問題についても「ルールに従っている」との説明を繰り返した。
しかし、こうした強気の姿勢は有権者らの反感を買い、一連の問題や疑惑をめぐり都に寄せられた意見は12日までに6500件近くに上る。
・・・・・・・・
・・・・・・・・

 

湯河原町の別荘に公用車でほぼ毎週末通っていた問題について、

「ルールに従っている」との説明を繰り返したそうですが、

東京都には一体どんなルールがあるというのでしょうか。

あったとして、そのルールは法的にも倫理的にも妥当な

ものなんでしょうか。

記者会見で、舛添都知事は「今回のような懸念は不徳の致すところ。

心からおわび申し上げます」と頭を下げましたが、

まさに文字通り、不徳ですね。

だいたい、5件もの飲食費について公私混同(家族との宿泊)

をしておきながら「誰でもミスはある」と言い訳していましたが、

「誰でもやっていることだ」と、開き直っているように

聞こえたのは私だけでしょうか。

当該の千葉県のホテルで会議をおこなったので、

適法な「政治活動」の一環だと主張していましたが、果たして

本当に会議はあったのでしょうか。

記者から相手や人数を問われて、

「相手のプライバシーもある。政治の機微の

話なので差し控える」と詳細は明かさなかったそうです。

肝心なところを説明しない、説明できないのでは、

国民の不信感は増すばかりです。

鹿児島県知事「原発は停止すべき」を放棄!選挙公約は大ウソか?嘘つきに明日はない。

〈スポンサーリンク〉