京都と東京では、お盆の時期が違います。

今日、13日は「盆の入り」です。

京都は8月13日からお盆です。
京都市の8月16日の大文字の送り火(五山の送り火)も有名で、
いつもニュースで取り上げられます。

ですので、お盆は全国津々浦々、8月と思っていましたが、
娘が東京に嫁いで、「お父さん、こっちでは7月にお盆が終わったよ」
と言ってきたときには少し驚きました。

関西地方(西日本)と関東地方(東日本)の違いは
たまに話題になるので、それなりに知っていると
思っていたのですが。

たとえば、うどんやそばの出汁の違い。
大学卒業後は、京都を離れてしばらく東京で働いていたので、
立ち食いそば屋の真黒な出汁には驚きました。

結婚する時の結納も東京のしきたりの方が質素なんですよ。

1 さて、「旧のお盆」(きゅうのおぼん)、または「旧暦のお盆」について

旧暦の7月13日から15日にかけて行うお盆を「旧のお盆」といいます。

したがって、旧暦が使用されていた明治維新以前は全国で旧暦の
7月にお盆が実施されていました。(当たり前ですが)

その意味では「旧のお盆」が伝統的といえますね。

ところで、旧暦の7月といえば現在の8月に相当しますので、
「旧のお盆」は現在の8月に実施しているのですね。

ところで、旧暦というのは太陰暦を中心にして編まれていますが
実に複雑な暦です。

使っているうちに、現実の季節進行からずれてきて、
旧暦の7月13日が、現在(新暦)の9月にずれ込むこともあるようです。

したがって、旧暦の7月13日を正確に現在の新暦に読み込むとなると
毎年、日付が変わり厄介なので、旧暦の7月13日を単純に1か月遅れの
8月13日として、「旧盆」を実施しているのです。

暦について言及すると、明治になると旧暦の日付が結構、ずれ込んでおり、
さらに明治新政府が公務員の給料を払う財源に窮していたこともあり、
明治6年1月1日に新暦を採用しました。

新暦採用とともに、旧暦でのお盆の廃止勧告が出されたりしたことも
あって、新暦でお盆を祝うのが広まっていき、旧暦でお盆を祝う地域の
方が圧倒的に少なくなっていったようです。

ちなみに京都市をはじめ京都府では8月13日からお盆になり、
お墓参りをしますが、お隣の大阪では、8月13日からのお盆に
お墓参りをする習慣はほとんどなくて、3月と9月のお彼岸に
お墓参りをするのが一般的だと大阪の弟が言ってました。

大阪府と言っても広いので、実際はどうなんでしょうか。

2 では、京都と同じように8月13日からお盆をする地域はどれくらいあるんでしょうか。

ネットであちこち調べて、おおざっぱな状況はわかりました。

〈お盆の時期〉

1 8月13日~8月15日(8月16日は送り火)
おおざっぱですが、
西日本と東北地方

2 7月13日から15日
東京都や南関東

東京は明治新政府のおひざ元ですから、
新政府の方針である新暦でのお盆が広まっ
たのでしょうね。

3 沖縄・奄美諸島では、正確な旧暦の7月15日に、
お盆の行事をするので、現在の暦では毎年、お盆の
日付が変わっているようです。

結局、現在の8月13日から行う「旧暦のお盆(1か月遅れのお盆)」の方が
多いようです。

〈スポンサーリンク〉