岡山県では住民が次々と用水路に落ちるという。
「何でぇ~」

自転車やバイクの走行中の転落死は、過去3年間
で31件もあり、県内の交通事故死者数の1割を超え
ているそうです。

なぜ、こんなに用水路への転落事故が多いのでしょうか。

「異常と思わないのが異常だ」県警本部長も絶句…なぜ起きる?“岡山特有”の用水路転落死亡事故
“岡山県特有の事故”がようやく問題視され始めた。岡山市で総延長約4千キロ、倉敷市で同じく約2100キロに上る用水路への転落死亡事故だ。死者は平成25年に13人、27年に12人に上り、いずれも全国ワースト1位。夜間照明がないなどの危険箇所は県内421カ所に上る。事故を防止しようと、県や県警、市町村の道路管理部門の担当者ら約90人が出席する「用水路等転落事故防止対策検討会議」が初開催され、課題が明らかになってきた。3年間で31人が死亡

「(県外出身の県警)本部長から『異常だ』『異常だと思わないのが異常だ』といわれた。他所から来られた方は『(用水路が)異常に多い。転落して亡くなるのは異常だ』と思っていることを認識してほしい」。県警交通規制課は強い調子で問題提起した。

県警交通企画課によると、用水路などへの転落事故の死亡者は平成25年、27年に全国ワースト1位となり、25年からの3年間の累計では31人に上った。

交通事故死亡者全体に占める用水路などへの転落死者数の割合は、27年は約14%で全国平均(2・4%)の約6倍だった。転落事故に占める自転車の割合も83・3%で全国平均(34・3%)の約2倍という。

用水路などへの転落死者数の割合は、
昨年度は約14%で全国平均の約6倍
だったということですが、これは確かに
多いです。

その理由は、

“•岡山には旭川、高梁川、吉井川などの一級河川があり、
古くから農業の発展と洪水被害防止策として用水路整
備が進められてきた。だから用水路があちこちに存在
している。
•防護柵の設置など、転落防止のための措置が講じられ
ていない。”
ということらしいです。

まあ、当たり前の理由ですね。
だったら、後は転落防止のための対策を進めたらいい
だけのことですが、残念ながらこの対策があまり進ん
でいないということです。

まずは、自分で気をつけるしかありません。

〈スポンサーリンク〉