皆さんは、「アスリートファースト」という言葉をご存知でしたか。

現役で競技(武道)を続けている私ですが、「アスリートファースト」
なる言葉は、初めて聞きました。

スポーツ関係者の間では市民権を得た言葉なんでしょうかね。

立派で美しい武道とさらに強くなることを目標にして稽古を
続けている自分にとって、入場行進で選手団が先だろうと、
役員団が先だろうと、正直、どちらでもいいことであって、
こうしたことが批判の対象になったりしていることに少し
驚きました。
テレビで入場行進を見たときも、選手団と役員団の後先のことは、
全く意識に上りませんでした。

ところが、「選手の前で役員団が行進したことが、日ごろから
掲げる「アスリートファースト(選手優先)」の趣旨に反するのでは、
という批判が起きた」というのです。

24日の帰国会見の場でも、この質問が記者から出ましたが、
皆さんはどのように、思われますか。

➀入場行進で、役員団が先に歩いているのを見て、
「選手がないがしろにされている」と
思うのでしょうか。

➁役員の人たちはそれぞれの競技の先輩たちであって、
年齢も現役選手より大きいでしょうから、役員が先
頭でもいいのではとお考えでしょうか。

➂それとも、僕のように、入場行進の際の、選手・役員の
後先は全く意識に上らなかったでしょうか。

「役員が前」の行進批判に橋本団長が反論 アスリートファーストどこまで
デイリースポーツ 8月24日(水)19時4分配信
リオデジャネイロ五輪に出場した日本代表チームの選手団が24日午前、羽田空港着のチャーター機2便に分かれて帰国。同日午後には都内でメダリスト55人や日本選手団の橋本聖子団長らが帰国会見に臨んだ。五輪開会式の入場行進で旗手・右代啓祐に続き、選手の前で役員団が行進したことが、日ごろから掲げる「アスリートファースト(選手優先)」の趣旨に反するのでは、という批判が起きたことに関する質問が出たため、橋本団長が回答した。 橋本団長は、「入場行進での批判はすぐに選手村にも届きましたので本部役員の考えを聞かせてもらいました」と切り出した。その上で、「『アスリートファースト』というもののはき違えだけはしないようにしたい。アスリートが求められるものは最高なものにしていこうという心掛けの中で、アスリートファーストをしっかりと構築していかなければいけないという気持ちでいることは確かであります」と心境を語った。「今回の入場行進について、日本だけではなく役員が先に行進した国はいくつかあったと思います」と反論もしつつ、「JOC全体で考えることだと思いますが、『どこまでがアスリートファースト』にすべきなのか、入場行進は役員は一番後ろの方がいいのか、選手に負担のかからないように、より選手が輝ける場所でどのように環境を整えていくことを、指摘を受けた中で考えさせていただく」と、政治家的な答弁でこの質問をかわしていた。・・・・・(以下略)最終更新:8月25日(木)0時12分

この記者会見で、橋本団長が “「東京ではメダル獲得数で3位以内を目指す」とし、実施される33の各競技で最低1つのメダル獲得を目指すことや、リオで得た41個の倍以上のメダル総数を目標に掲げた。”ということです。

僕はこの話を聞いて、まず無茶な目標だと感じました。
なぜなら、リオの41個のメダル数は、前回ロンドン大会の38個を抜いて
これまでの中で、最多の獲得数になったんですよね。

どんな競技でも、勝負の結果には運もついて回ります。
今回は選手の頑張りと同時にそうした武運というようなものも
幸いしたのではないかと思います。
それが次回の東京オリンピックでは、倍以上とは!

これでは、監督にプレッシャーを与え、それが選手へのプレッシャーと
なって表れないか。
選手に無理をさせ、選手を精神的にも肉体的にも追い詰めることになると
すれば、まさしく、「アスリートファースト(選手優先)」の趣旨に反することに
なってしまいます。

最後に、先の東京オリンピックで、唯一、国立競技場に日の丸を掲げたのは、銅メダルを獲得したマラソンの円谷幸吉選手でした。

しかし、彼は、わずか27歳の若さで自ら命を絶ちました。
一言で言えば、「オリンピックのプレッシャーという魔物」に押しつぶされたのだと思います。
どうして、周囲の人々はもっと彼に寄り添うことができなかったのかと悔やまれます。

『父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。何卒 お許し下さい。』と綴った
円谷幸吉選手の遺書はいつ読んでも泣けてきます。

以下、全文を載せます。
(出典:ウィキペディア 円谷幸吉

遺書の全文(原文ママ)
父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、
良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、
光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒 お許し下さい。
気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。

真の「アスリートファースト(選手優先)」とは何かを本当に選手の側に立って考えていくべきです。

〈スポンサーリンク〉