2016年10月からパートで働いている人の中で下記の条件を満たす一部の人
の社会保険の加入条件が年収130万円から106万円に引き下げられます。
これまでは、年収130万円以下のため社会保険料を払わなくて済んで
いた人が10月からは106万円を越えると社会保険料を払わなくては
ならないのです。
 ですので、年収が106万円から130万円の間にある人は、社会保険料を
払う分だけ、単純計算で不利になります。

社会保険(健康保険や厚生年金)の壁(その1):106万円(下記条件に該当する一部の人…10月から)
130万円から106万円に引き下げられる人は次の各事項に、該当する場合です。
しかも、注意すべきは社会保険の壁は通勤費込みの年収です。
〔条件〕
①勤務時間が週20時間以上
②1カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
③働く期間が1年以上の見込み
④勤務先が従業員501人以上の企業
⑤学生ではない

社会保険料の壁(その2):130万円(上記条件に該当しない人…従来通り)
上記条件に該当しない人は、従来通り年収130万円までは、社会保険料を
払わなくてよいわけです。

ところで上記条件に当てはまるパートの主婦さんはどのくらいいるの?
結局、④従業員501人以上の条件に当てはまらなければ社会保険料の壁は
従来の130万円ということになりますね。
従業員501人以上というのは僕の感覚では大手企業ですから
普通の地元の中小企業であれば、従来通りですので10月になっても安心です。

パートタイマーのうち、約25万人が上記の条件を満たすので、その方達は
10月から社会保険(健康保険・厚生年金)に加入することになります。

他に、税制上の壁は
住民税の壁:100万円
配偶者控除の壁:103万円があります。

税制上のこのあたりの規則はもう少しシンプルにならないでしょうか。
収入アップを期待して頑張ろうと思っているのに、
30万円(時給900円のパートで333時間)も余計に働いても、世帯手取りは
結局4万円ほどしか増えないことなります。

これでは女性の力を活用することにつながりません。

パート妻 年間30万余計に稼いでも「世帯手取りは4万増のみ」受け入れられるか?
プレジデント 6月11日(土)10時15分配信
■どれくらい働き過ぎると損をするのか? 
 共働きの家庭は1990年代から増え続けています。
 現在、夫が会社員として働き、妻がパートで働いている。そんなご家庭も多いでしょうが、こうしたケースでは妻の「年収」に要注意です。2016年10月、社会保険の加入条件が年収130万円から106万円に引き下げられるからです。
 そもそも、今、仕事量を制限して働いている妻が多いのは、余計な「負担」を避けたいから。パートでの年収がある一定の金額に達すると、住民税を負担したり(100万円の壁)、配偶者控除が使えなくなったり(103万円の壁)、扶養から外れて健康保険や厚生年金保険料を支払わなくてはならなかったり(130万円の壁)するからです。

 ▼2016年10月から「106万円の壁」に変わる
 このうち、社会保険への加入基準である「130万円の壁」が、2016年10月に「106万円の壁」に引き下げられます。

 ただし、以下の条件を満たす方のみが対象となります。

 ・勤務時間が週20時間以上
・1カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
・働く期間が1年以上の見込み
・勤務先が従業員501人以上の企業
・学生ではない

 今回の改正では、従業員が501名以上の企業に限られていますが、労使が合意すれば小規模な企業も対象となる法案が国会に提出されています。近い将来、中小企業も「106万円の壁」が適用されるでしょう。
 ▼注意するべきは、パート年収106万~130万円の人
 この改正で特に影響を受けるのは、現在パートでの年収が106万~130万円の方です。
・・・・・・・・・・・・・以下略

では、家庭の主婦がパートをするときに一番メリットの大きい労働時間・年収は
どれくらいにしたらいいのでしょうか。
私なら勤め先の従業員数が501人以下なら、年収130万円までに押さえて働こうと
思います。ただ、会社によってはご主人の家族手当等の支給基準が103万円以下と
なっているところも多いようですので、それぞれご主人の手当と勘案しつつ考える
必要がありますね。
パート主婦を新たに悩ませる「106万円の壁」

〈スポンサーリンク〉