財務省が国有地(大阪府豊中市)を森友学園に対し、8億2千万円も値引きして

売却していた問題が表面化したのは2月でした。

森友学園へ不明朗な土地売却をしたあと今日まで、国民が知りたいと

思っているあらゆる事柄に対して、政府は不誠実な態度を取り続けてきました。

 

国会における近畿財務局の佐川局長さんのあの国民をバカにした答弁は

テレビ放映されるたびに実に不愉快な思いでした。

きっと多くの皆さんも同じ気持ちだったのではないでしょうか。

 

〈スポンサーリンク〉

 

また、財務省は森友学園との交渉記録を「廃棄した」と説明。

これにも、腹が立ちましたね。そんなこと公務員の世界ではあり得ない話。

 

仮に廃棄が本当だとしても、普通は残っているべきものをなぜ廃棄したのか

という疑念もわいてきます。

文書管理規則上、違法ではないと言い張っていましたが、国民の知りたいのは

8億円値引きの経過ですから、文書がなくとも担当者に聞き取り調査をすれば

わかること。

また、昭恵首相夫人が森友学園にどのように関与していたかも、国民の大きな

関心事でしたが、全く説明責任が果たされませんでした。

 

そうして、次には、加計学園の獣医学部新設問題が出てきました。

でも、安倍首相はやはり、国民の知りたいことに対して、一度も誠実な対応・説明を

しませんでした。

 

さらに国民をイラつかせたのは金田法務大臣、稲田防衛大臣の発言、

そしてその無能ぶりです。普通なら二人とも更迭でしょう。

 

特に稲田防衛大臣が「防衛相・自衛隊も自民党を応援している」

などと選挙演説した日にゃ、みんなが驚きました。

即刻クビにすべき発言でしたが、安倍首相はそのままうやむやにして在職させています。

 

森友学園問題が表面化して5か月、その間、ずっと国民に真摯に向き合わなかった

安倍首相の驕りが、ついに今回の支持率急落につながったのです。

このことは、民主主義という観点からは、久しぶりに胸のすく思いでした。

 

今後については、大阪地検特捜部が、財務省職員が国有地を不当に安く

売ったという背任容疑の告発を受理しているので、しっかりと捜査をしてほしいですね。

大阪地検もお役人ですが、内閣府の人事権に負けずに頑張ってほしい。

安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6%―時事世論調査
7/14(金) 15:02配信 時事通信
時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。

2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。

加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、「信用できない」が67.3%に上り、「信用できる」の11.5%を大きく上回った。首相が説明責任を果たしているかどうかについても、「果たしていない」79.9%に対し、「果たしている」7.1%となり、首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

内閣を支持しない理由(複数回答)でも、「首相を信頼できない」が前月比8.7ポイント増の27.5%と急増。前月と今月だけで14.9ポイント増となった。次いで「期待が持てない」21.9%、「政策が駄目」15.8%の順。内閣を支持する理由(同)は、「他に適当な人がいない」14.1%、「リーダーシップがある」9.0%、「首相を信頼する」6.8%などとなった。

支持と不支持が逆転したのは、安全保障関連法を審議していた15年9月以来。支持政党別に見ると、全体の6割を超える無党派層では支持が前月比13.3ポイント減の19.4%となった。自民党支持層でも支持は同13.4ポイント減の70.1%と急落した。

政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。

調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.1%。

〈スポンサーリンク〉