再び、ピコ太郎!外国特派員協会で会見。~全米ビルボード「hot 100」の77位にランクイン

まず、下記の記事によると、結局、ピコ太郎と古坂大魔王は別人なんですね。

さて、ピコ太郎が外国特派員協会の記者会見に招かれ、会見の場でかなり緊張していたのが、おもしろかったです。

さすがのお笑い系ピコ太郎も、外国特派員協会の記者会見という公式の場では緊張するんですね。

ピコ太郎が大ヒットのPPAP「ロング」バージョンを世界初披露
THE PAGE 10/28(金) 18:09配信

全米ビルボードの「hot 100」の77位にランクインしたピコ太郎(53)が28日午後、外国特派員協会で会見した。会見の冒頭では、大ヒット中のPPAP(ペンパイナポーアッポーペン)の「ロング」バージョンの生パフォーマンスが世界で初めて披露された。

終始ごきげんのピコ太郎はギャグを飛ばしながら会見にのぞみ、世界最大級音楽レーベル「SONY/ULTRA」(ソニー/ウルトラ)、ベネルクス地域においては「CNR Records」(シーエヌアールレコーズ)との契約を発表した。

 また“1曲の尺が最短”という世界記録でギネス記録に認定されたことも発表。12月には初のパッケージ(アルバム)を発売予定だという。

■■ピコ太郎■■
1963年7月17日生まれ。千葉県出身。2014年にピコ太郎が地元千葉県で歌っていたときに、現プロデューサーの古坂大魔王と運命的な出会いを果たす。その後、古坂大魔王の単独ライブにも出演するようになり、現在に至る。PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)は全世界の動画サイトの累計再生回数、約4億5000万回(10月26日現在)

なんと、 ピコ太郎のPPAPがすでに、全米ビルボードの「hot 100」の77位にランクインしたとのこと。

PPAPは歌と言えば歌ですけど、こんなコミックバンドの楽曲みたいなのが、あっという間に全米ビルボードにランクインしてしまって、まじめに歌っている歌手は悔しいやら情けないやらの気持ちで一杯ではないでしょうか。

ところで、全米ビルボードって、権威ある音楽チャートだろうというぐらいしか知らなかったので、この際、調べてみます。

ビルボードとは。

ビルボード〈出典:Wikipedia〉
この項目では、米国の音楽チャートについて説明しています。

ビルボード (英: Billboard) は、米国の芸能メディアのブランド。音楽業界誌『ビルボード』を出版し、アメリカで最も権威のある音楽チャートであるBillboard Hot 100、Billboard 200などポピュラー音楽のヒットチャート(ランキング)を発表するほか、イベントの主催、テレビ番組の制作などを行なう。
オランダの複合企業、ニールセン・カンパニー傘下であったが、2009年に売却され、Prometheus Global Media傘下のHollywood Reporter-Billboard Media Groupが経営する。
「ラジオ&レコーズ」(1973年創刊)と共に米国の2大ランキングチャートとして知られる。かつては、「キャッシュボックス」(1942年創刊・1996年廃刊)、「レコード・ワールド」(1964年創刊・1982年廃刊)を含めて4大ランキングチャートであった。
日本版はBillboard JAPANと呼ばれる。CDの売り上げ枚数のみでチャートを作成するオリコンとは異なり、多様な音楽の視聴スタイルを反映した複合チャートが特徴である。売り上げ枚数に加えて、ダウンロード数・CDからパソコンへの取り込み回数・YouTubeでの再生回数・ラジオでのオンエア回数・曲に関するツイート数などが加味されている。

この全米ビルボード「hot 100」にピコ太郎がランクインしたのは、実に26年ぶりの快挙。

松田聖子の「ザ・ライト・コンビネイション」以来だそうです。

このザ・ライト・コンビネイションは、同年最高位54位まで上昇し、UK(イギリス)で44位、オーストラリアで11位、そしてカナダでは2位にランクインするほどの大ヒットとなりました。

しかし、何といってもすごいのは、1963年に全米首位をマークした坂本九の「sukiyaki(上を向いて歩こう)」ですよね。今後、全米No.1を獲得するような日本人はもう、出てこないかもしれません。

この「sukiyaki(上を向いて歩こう)」は、今聴いても、いい曲ですね。

また、「見上げてごらん夜の星を」の歌詩もメロディもいいです。

でも、残念ながら、「PPAP」はもう少し伸びるかもしれませんが、何度も聴きこむような曲ではないような気がします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。