ポケモンGOに登場するポケモンをすべて捕まえれば『上り』

ポケモンの数は152種類または151種類あるようです。

すべてのポケモンを捕まえたら、賞金や特典はあるのか

ポケモンGOはまだリリースされたばかりなので、すべてのポケモンを

捕まえたという人は出てきていません。

ですので、ポケモン図鑑を完成させた場合、どんな特典が

付与されるのわかっていません。

賞金でも出たら、モチベーションが上がりますが、

法律的にはどうなんでしょうか。

 

第6世代のポケモンまで登場させると全部で721体に

なるそうですが、全部捕まえなければならないとなると

あまりにも先が遠く、かえってユーザーのやる気が

なくなるかもしれません。

歴代のポケモン図鑑の完成では、

表彰状やアイテムがもらえるらしいです。

今日はポケモンGOをプレイしながら、実際に2時間40分散歩してきました。

その間、捕まえたポケモンは12体。シルエットになっているのは逃げられたポケモンです。

ポケモン最初の方_2016-07-25-06-17-45 (002)

スマホのポケモンScreenshot_2016-07-25-06-33-03

133番目のポケモンをゲットしましたが、

この後のナンバリングがありません。

これが151番まであるということでしょうか。

12体捕まえることで、僕のトレーナーレベルが、

レベル2からレベル4にランクアップしました。

 

市街地と民家のない道路や田園地帯との間で、

ポケモンの出現率に差があるのかと思ったが、

市街地でも民家のない場所でも、ほぼ同程度

に出現しました。

実際に2時間40分、ポケモンGOをプレイして気が付いたこと。

ポケストップがいくつかありました。

場所は、町の郵便局、町の体育館、市民公園の中、市内の大鳥居等でした。

でも、僕は残念ながらこのポケストップの使い方がわかりませんでした。

 

CG画面のポケストップをタップすると、リアルの写真(郵便局等)が

表れましたが、この写真を勢いよく左右にフリックするとモンスターボール

や道具が手に入ったはずです。

(フリックとは画面を指で押さえたまま、少しだけスライドすること)

 

ところで、何度かポケモンに遭遇したのでCG画面をタップしたのですが、

CG画面がまるでフリーズしたみたいに無反応でポケモンボールが現れず、

リアルの地図画面にも変わりませんでした。

ですので、この場合、CG画面でポケモンに遭遇しているのですが、

ポケモンボールをヒットさせることができませんでした。

 

なんで?

ポケモンボールの在庫がなくなっていたからでしょうか。

仕方がないので、いったんポケモンGOを終了して、再び

起動すると、CG画面がタップに反応し、先ほど現れていた

ポケモンが同様に現れ、ポケモンをタップするとリアルの地図画面と

ポケモンボールが画面上に現れ、ポケモンにヒットさせることができました。

最初はなかなかヒットしませんでしたが、何度かやるうちにスワイプの

程度がわかってきてヒットする確率が増えてきました。

 

ポケモンが他人の敷地内に出現しました。

府営住宅の敷地内にポケモンが出現。

スマホ画面上でロックオンするには敷地内に入る必要がありました。

熊本城の立ち入り禁止場所にプレイヤーが現れたり、団地の敷地内に

中国人が侵入し、住民とトラブルになったニュースが実感できました。

 

ジムが3か所現れましたが、レベル3でしたので、「利用できず」でした。

 

CPとは? HPとは?

CP(コンバットポイント)とは

CPはポケモンの戦闘能力のことで、CPが上がれば、

ポケモンの戦闘能力が上がります。

トレーナーレベルが上がればCPの高いポケモンに

出会えます。

HP(ヒットポイント)とは

ポケモンの体力のことです。

ジムバトルで相手の攻撃を受けるとHP(体力)が

減っていきます。

HPが0になると気絶してしまうので、「元気のかけら」とい

アイテムで回復させます。

ポケモンを強化するにはCPとHPを上げる必要があります。

ポケモン強化には、「ほしのすな」と「あめ」が必要です。

 

「ほしのすな」はポケモン捕獲時に少しずつたまっていきました。

1回捕獲するたびに100ポイントゲットできるようです。

まだ、経験はありませんが、「たまごの孵化時」にもゲットできて

この場合は大量に手に入るようです。

 

スマホのアニメ画面が、リアルの地図と大方、

合致していたのには驚きました。

 

スマホのアニメ画面は適当に道路等が書いてあるのかと

勝手に思っていましたが、大方、現実の地図と合致していました。

僕にとっては驚き!

おじさんの散歩のツールとしてはgood!

ラジオを聴いたり音楽を聴くより、散歩が退屈ではなかったです。

 

やはり歩きスマホになり、リスクが大きい

ポケモンgoの公式HPには、利用者には利用規約に

同意しないとプレイできないよと、明示してあるので

大丈夫と書いてありました。

とんでもない言い逃れです。

「利用規約に同意します」といったところで、ユーザーが

実際にどんな利用の仕方をするかとは別問題です。

 

今日、3時間ほど利用した結果、間違いなくわかったことは

ポケモンGOは、歩きながらスマホを使うゲームです。

すなわち歩きスマホしながらプレイするゲームだと言って

過言ではありません。

子供さんは特に注意すべきです。

夢中になってはいけません。現在地から少し離れたところに

ポケモンが出現することもありましたが、ほおっておくのが

安全でしょう。

 

家の中で机に向かっていてもポケモンは現れました。

スマホのリアル画面の机の上でポケモンを2匹ゲットしました。

〈スポンサーリンク〉