『「アラハン」という言葉をご存じだろうか。』という書き出しで
始まる記事がありました。

「アラハン」???
さっぱりイメージがわかなかったけど、「アラウンド・ハンドレッド」
のことらしい。アラサーとかアラフォーは聞くけど「アラウンド・ハン
ドレッド(100歳前後の人)」は初めて聞いたよ。

記事の内容は、93歳で関ヶ原の戦いに出陣した武将がいたという話。

いい話じゃないですか。
90歳を超えても、命を懸けた戦場に臨むなど、高齢社会の現代人に
勇気を与える話だと思います。

その武将の名前は、「大島光義」という弓の名手。
(知らなかったあ)

93歳で関ヶ原に参戦! 信長も認めた弓の名手、驚きの生涯 ディリー新潮

「アラハン」という言葉をご存じだろうか。アラフォー、アラフィフと同じように、アラウンド・ハンドレッド(=100歳前後)の人々を指す言葉だ。最近では100歳近くになっても活躍する長寿者も増えている。

だが、血で血を洗う戦国時代に活躍したアラハン武将が実在したことはあまり知られていない。

戦国時代、93歳にして天下分け目の関ヶ原に臨んだ大島光義という弓の名手がいた。信長の家臣として、一部の戦国マニアには知られた人物という。

にわかには信じがたい話だが、近衛龍春による歴史小説『九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義』によると、1508年美濃国生まれの光義は、孤児から身を立て、弓の腕前で還暦すぎてから信長に重用され、秀吉、家康と天下人三代に認められて生涯現役を貫いたという。その弓の技は、『丹羽家譜伝』に「百発百中」とも記され、その働きを讃えた信長によって「雲八」という名前を与えられたらしい。

小説のなかで、弓ひと筋の光義は、あるとき思うところあって還暦すぎて鑓(やり)の修行に邁進する。近衛は言う。「宝蔵院という場所で修行をしたのは創作ですが、光義が鑓の修行をしたのは事実です。『寛政重修諸家譜』に、3年間、鑓で戦い、感状(戦功を称えられた文書)4通を得た、とあります」。老年にさしかかってなお、「新種目」に挑むそのバイタリティあってこそ、後に93歳で天下分け目の合戦に挑むことができたのではないだろうか。鑓のエピソードのほかに、姉川、野田、長篠での戦功、法観寺の八坂の塔に10本の矢を射込んだことなどは、史実に基づくという。光義が84歳のときに、秀次の命を受け、八坂の塔の最上階天井に10本の矢を命中させるエピソードは、小説のなかの名場面のひとつだが、これが史実に基づくとは、驚きである。

生涯現役を貫いて、隠居せず、弓を引くこと80余年。97年の生涯で参戦した合戦は53、得た感状は41枚……。
・・・(以下略)

 

現在、101歳の現役の剣道家(大阪、太田博方 範士)がおられますので、
そのことから察すると、93歳の現役の武将がいたことは信ずるに値します。

ちなみに、101歳の太田先生が60年以上も若い剣士の稽古を受けるので
すから、奇跡的なアラハンだと思います。

彼の武器は弓でしたので、直接、相手と組討をするわけではありません。
したがって、肉体的な衰えはそれほどハンディにはならず、弓さえ弾ければ十分に
戦力として通用したはずです。

関ヶ原の戦いと言えば時代はもう鉄砲の時代ですが、
そうした高齢の武将が出陣するだけで、味方の戦意は高揚したはずです。

現在、101歳の剣道家の先生のご活躍も含め、こうした話からは勇気を
もらいます。

〈スポンサーリンク〉