このニュースをみて、まだこんなことをやっている警察官がいるんだなと、呆れました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

だいたい、懇親会でいい大人が、若い女の子を仰向けにして足で持ち上げたりしませんよね!(プロレス技:吊り天井固め)
〈下図〉

獣神サンダー・ライガーが断言、女性警官への「ロメロスペシャル」は「完全にセクハラ」

〈出典〉スポーツ報知  「吊り天井固め」(別名・ロメロスペシャル)

 

プロレスラーの「獣神サンダー・ライガー」さんが言わずとも、これを見ただけで100%セクハラだと思います。
滋賀県警の監察官室には、「厳正に対処」してほしいと思います。

学生時代の体育会系の悪ノリをそのまま、やってしまったのでしょうか。

20代の若い女性警官が、同僚の前でこんなことをされて、一緒に喜んでいたのでしょうか。そんなわけないですよね。
たとえ、女性警官がいやだと思っても、先輩警官を前にして「ノー」と言えない状況であったことは、容易に推察できます。まさにセクハラそのものです。

男性職員の中で、制止する者がいなかったのでしょうか。いなったんでしょうね。みんなで面白がって、写真まで撮って共有していたのですから。

懇親会でこんなバカ騒ぎをする連中に、市民の安全を任せているのかと思うと、本当に情けなくなります。

滋賀県警に申し上げたい。「もっとちゃんとした人を採用してください。腰に拳銃を提げる人たちですから。」

今日は、警察にまだこんな奴がいるのかと、腹立って投稿した次第。
私の知る警察官の皆さんは、一緒に酒を飲んでもこんなことは決してしません。

なお、懇親会には、25人が参加しており、警部以上の幹部はいなかったということです。
プロレス技をかけた男性署員は、男性が23人もいたのに何で2人しかいない女性署員を選んだのでしょうか。
セクハラ疑惑、濃厚です。

獣神サンダー・ライガーが断言、女性警官への「ロメロスペシャル」は「完全にセクハラ」
スポーツ報知 1/28(土) 6:05配信

獣神サンダー・ライガーが断言、女性警官への「ロメロスペシャル」は「完全にセクハラ」
「吊り天井固め」(別名・ロメロスペシャル)
滋賀県警長浜署昨年懇親会で 滋賀県警長浜署の男性署員が昨年11月、懇親会で20代の女性署員2人にプロレス技を掛け、その様子を撮影した写真を参加者の間で共有していたことが27日、分かった。セクハラの可能性があり、県警監察官室は調査を進めている。

監察官室によると昨年11月22日夜、長浜市内の飲食店で同署の地域課25人が参加する懇親会が開かれた際、男性署員が余興の一環で参加者にプロレス技を次々と掛けた。女性2人も含まれ、スカートをはいていた1人は「吊り天井固め」(別名・ロメロスペシャル)を掛けられたという。

「吊り天井固め」は後ろから手をつかみ、あおむけになって上に持ち上げる技。掛け手に絡められた足は開いた状態になるが、参加者の一部がその様子を含む懇親会の写真を携帯電話で撮影しており、複数の署員が共有していたことが、外部からの指摘で明らかになった。

写真は署員以外の外部には漏れておらず、女性署員の下着などは写っていなかった。また、女性署員が嫌がるところに無理やり技を掛けたなどの事実は確認されていないが、監察官室では「当時の状況を調べており、厳正に対処したい」としている。

獣神サンダー・ライガー(吊り天井固めを得意技とするプロレスラー)「素人が力の加減を分からずに掛けるのは、非常に危険です。掛けられる側が肩を脱臼したり、足首をけがしたりする恐れがあります。相手が女性であれば、なおさらです。スカートであれば“モロ見え”になってしまいますし、手も固められて隠すことができず、完全にセクハラでしょう。くれぐれも、面白半分で掛けないでください」

〈スポンサーリンク〉