ファンキー加藤のW不倫が報じられ、先ほど「ファンキー加藤」さんの
記者会見がありました。
TVでの様子を見た感想。
まず、「ファンキー加藤はもてそうな人だな」
同時に、柴田英嗣さんの元奥さんは、「よほどきれいで魅力的な人だったんだ」。

ファンキー加藤には奥さんがおり、不倫相手の女性にも夫の柴田英嗣がいたので
W不倫。
その夫はなんと「お笑いコンビ・アンタッチャブル」の柴田英嗣。
現在は、この不倫がきっかけで、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立していると
いうことです。
離婚の4ヶ月後には柴田の元妻の妊娠がわかったということですが、
・・・・・どうしたらいいんでしょうか。

次は、ヤフーニュースから。

ファンキー加藤、自分から柴田元妻誘った「女性として魅力を感じた」
オリコン 6月7日(火)11時14分配信
 きょう7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)でお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻と“W不倫”関係にあると報じられた歌手のファンキー加藤(37)が同日、都内スタジオで行ったレコーディング後に報道陣の囲み取材に対応。不倫について謝罪し、相手の女性について「僕から声をかけました」と自身から不倫を持ちかけたことを明かした。
 同誌によると、加藤は後輩主催の飲み会で柴田の元妻と知り合い、不倫関係に発展。その後、不倫がきっかけとなり、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立。その4ヶ月後の9月には元妻の妊娠が発覚したという。
 加藤は誌面内容ついて全面的に認めながらも、女性が柴田の妻であったことは「知らなかった」と釈明。ただ「女性として魅力を感じたのは事実」とし、「僕から声をかけたので、責任の多くは僕にあります」と自身の非を認めた。

 結婚して子どもがいる身ながら、自分から女性に声をかけたことについて「奥さんを裏切った不倫ですよね?」とレポーターに追求されると、加藤は一瞬口ごもり、「今となっては軽率な行為だったと思います」と謝罪の言葉を述べた。

こんな魅力的な奥さんをまさに言葉通り寝取られた柴田英嗣さんははらわたの
煮えかえる思いだったのではないかな。双方に対して。
ただこんな場合、男は奥さんの方に対してより多くの怒りを向けるのではないで
しょうか。

これだけだと、奥さんは魅力的な人だとは想像できますけど、「お人柄はどうなん」と
いうことになります。

さて、そこで柴田英嗣さんについて、ORICON STYLEの記事から。

2014-01-29 20:24 6
アンタ柴田「病気の後に浮気した」 活動休止の真相明かす
 2010年1月から1年間にわたり芸能活動を休止していたお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、29日放送のTBS系バラエティー番組『世界のコワ~イ女たち 最恐トリプルアクセル 金メダル女は誰だSP』(後7:00~)に出演し、無期限活動休止の理由が「病気の後に浮気していた」ことだったと告白した。
 柴田は、活動休止の真相を聞かれ「最初は本当に病気の体調不良で休んだ」としつつも、「病気で休んでる間に浮気した」と告白。「最初に病気って言った後に、浮気が出てきたから、病気で押し切ろうってなった」と舞台裏を赤裸々に明かし、「黙っててすみませんでした」と頭を下げて謝罪した。また、相方の山崎弘也に説明した際には「お前なんなんだって言われた」と明かした。
 さらに、番組内で単なる浮気じゃないことを追求されると「それは、ほんとに駄目なやつ。“本当に駄目”って言ってるのも、駄目なやつです」としどろもどろで釈明。最後は「本当に皆さんにご迷惑をかけたってことは謝りたい」と平謝りだった。
 柴田は、2010年1月に突然芸能活動を休止。病気や死亡説、女性関係などが話題に挙がり、翌年1月の復帰後に“女性問題”であったことを一部で認めていたが、はっきり語られてはいなかった。

なんだ、最初は柴田英嗣の方が浮気してたんだ。
これで、奥さんの信頼をかなり失っていたんじゃないかな。
今日の午後のワイド番組でもファンキー加藤と柴田英嗣へのインタビューが
あったけど、ファンキー加藤の方がだいぶいい男だね。

柴田はファンキー加藤とは友人だったので、なにやら小説の中の出来事のよう。
本音では怒ったり、悲しんだりしたらしいけど、今日の柴田のTVインタビューを
みて、もっと怒れよと思ったね。
今は、離婚していて、整理がついているとはいえ、妻を寝取った相手だよ。
インタビューで「加藤チャン、カトチャン」と呼んでいたけど、情けないような
悲しいような気持ち。

夫婦2組いて、柴田も浮気、柴田の奥さんも浮気、ファンキー加藤も浮気、
結局、ファンキー加藤の奥さんが一番、つらい思いをしているのかな。

今日のインタビューの中で、レポーターがファンキー加藤に「ファンを裏切った
行為をどう思うか」などと聞いていたが、裏切られたなんて大方のファンは思っ
てないよ。きっと。

〈スポンサーリンク〉