18日午後、部活動中に行方不明になっていた奈良県立十津川高校の生徒が、19日未明、無事に保護されました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

行方不明になった時の状況は、下記のニュースのとおりです。

剣道部のランニング中、最後尾の生徒が行方不明に 奈良県立十津川高

産経新聞 12/18(日) 22:26配信

18日午後1時15分ごろ、奈良県十津川村の県立十津川高校から、剣道部の部活動でランニングをしていた同校2年の男子生徒(16)が学校に戻ってこないと、県警五條署に連絡があった。同署員や学校関係者、村職員らが捜索している。

同署によると、生徒は18日午前9時ごろ、剣道部顧問の教諭(33)と部員の計4人で学校を出発、約10キロのランニングコースで最後尾を走っていた途中で姿が見えなくなった。午前11時ごろ、生徒以外の3人は学校に戻ったが、生徒は戻らなかったという。

 

で、19日(月)未明に発見されたときのニュースが、下記の通り。

道に迷ったか、ランニング中に不明の高校生保護
2016年12月19日 13時48分  Copyright © The Yomiuri Shimbun

奈良県十津川村の山中で18日、剣道部の練習でランニング中に行方不明になっていた県立十津川高校2年の男子生徒(16)は19日未明、無事保護された。

本来のコースから約2キロ南東の村道を歩いているところを、捜索中の警察官が発見した。県警五條署によると、生徒は病院に搬送されたが、目立ったけがはないといい、同署はランニング中に道に迷ったとみている。

合わせ読んでも、状況がよくわからないです。

高校2年の男子生徒が、普段、使っているはずのランニングコースから外れて、

道に迷うということも、ちょっと考えられないですよね。

本来のコースから約2キロ南東にある村道を歩いているところを

捜索中の警官に発見されたということですが、昨夜、一晩どうしていたのかな。

まあ、いずれにしても、無事、見つかって良かったです。

ご家族は昨夜、心配で寝られなかったと思いますが、今日は安堵されていることでしょう。

さて、ここで奈良県十津川村について。

以前、車で行ったことがありますが、ずいぶん山深い小さな村です。

しかし、古くから朝廷とのつながりが深く、幕末においては勤王の志士を輩出した

歴史と伝統の村です。

幕末になると、上平主税などを筆頭に勤皇の志士となるものも多く、また千名を超える兵動員力を期待され、過激派公家の思惑などから薩摩、長州、土佐等と並んで宮廷警護を命ぜられた。

天誅組の変の際には多くの郷士が参加していたが、装備の古さや天誅組側の戦略の無さなどから劣勢であり、朝廷より「天誅組は朝廷軍ではない」との正式判断が出されたため離脱。その後、大総督官直属の朝廷御親兵として越後から会津の倒幕戦争に赴き帰還。維新後は全員士族となった。

だが、前述の上平など一部過激派は新政府の近代化政策に反発して横井小楠暗殺事件などを起こしている。〈出典:Wikipedia「十津川郷士〉

 また、

山間の農耕に適さぬ地形のため、古来免租の地域としてその時々の権力者の支配を受けずに半ば独立した村落共同体として存在し続けた。免租の特権を保証してくれる実力者側に常に出兵し、古くは壬申の乱以来幕末までこの政策は変わらなかったが、明治維新後に免租特権が廃止された。

また、建武の新政の際には楠木正勝がここを拠点とし、以来尊王の姿勢を明治維新まで貫いた。周囲とは隔絶した地域だったため、独特の文化・気風があり、十津川郷士を輩出した。〈出典:Wikipedia 十津川村〉

 

次にニュースになった奈良県立十津川高校について。

十津川高校の前身は、「文武館」という学校です。

この「文武館」は江戸時代末の元治元年(1864年)6月(新暦)、

孝明天皇の内勅により創立された学校で大変由緒ある学校です。

天皇の内勅(内密のみことのり)により創立された高校なんて、

ほかにはないのではないかな。

 

上の十津川村の歴史に見ると、古くから文武を奨励した村のようです。

その文武両道の精神は、現在の十津川高校にも引き継がれて、

剣道部も盛んだったということです。

 

十津川高校HPを見ると、剣道部の顧問さんが、「剣正しからざれば、心正しからず 心正しか

らざれば、剣また正しからず」と一刀流の言葉を書いています。

これは、私も生徒を指導する時に大切にしている言葉なんです。

 

昨年の剣道部員数はわずか3人ですので、部活動を頑張るには少し残念な人数です。

今年の全校生徒数がわずか103名の小規模校ですから、止むを得ません。

小規模校の共通の悩みですね。

さて、今回のニュースに話を戻すと、顧問・生徒の4人でランニングしていたと

いうことですので、部員はこれで全員だったのかもしれません。

 

顧問の先生、大切な生徒が無事見つかって、本当に良かったですね。

頑張ってください。

〈スポンサーリンク〉