いじめを訴えて自殺した、青森県の中学2年生・葛西りまさんについて、「亡くなった葛西りまさんのためにも、「いじめ」をうやむやにしてはいけないと思います」と、ブログで書きました。

青森市中学校2年女子生徒(13)が自殺~いじめが原因か?女子生徒の写った市長賞写真が取り消し!

ところが、その後、下記のようなニュースが入ってきました。

学校側が家族に説明しないまま、自殺でなくなった葛西りまさんの死因を「通学途中の事故」としていたのです。よかれと思ってしたことなんでしょうか?

仮にそうだとしても、学校側は随分と無神経な対応です。

いじめ訴え自殺 学校側、遺族に説明なく「通学途中の事故」と申請
フジテレビ系(FNN) 11/4(金) 21:08配信
2016年8月に、いじめを訴えて自殺した、青森県の中学2年生・葛西りまさんについて、学校側が、遺族に説明なく、通学途中の事故として、給付金を申請していたことがわかった。
葛西りまさんの父・剛さんは「謝罪を求めているわけではなく、何があったのかを求めている」と話した。
文部科学省で会見した父親らによると、学校側は、遺族に十分な説明をしないまま、りまさんの自殺を「通学中の事故」として、日本スポーツ振興センターに、災害共済給付金を申請していた。
この制度では、学校の管理下で、子どもがけがをするなどした場合、保護者が医療費や見舞金を受け取れる。
申請は、事故後2年間有効だが、学校側は、FNNの取材に、「少しでも早く申請した方がいいと思った」としているが、遺族側は不快感を示している。

 

今回の記事にも、「いじめ」に関する学校側の調査については言及がありません。しかし、上記のような対応をする学校が、「いじめ」に対する適切な指導をしていけるんでしょうか。残されたご両親は、いじめ加害者についてどう思っていらっしゃるんでしょうか。

 

〈スポンサーリンク〉