梅毒というと、昔は素性のわからない人と性交渉を持った時に一番心配することでした。

今はもっと恐ろしいエイズが出てきたので、梅毒のことはあまりマスコミでも取り上げられなく

なっています。

ずっと以前、梅毒に感染している19歳の男子の上半身を見たことがありますが、背中一面に茶

色のかさぶたができており、梅毒の典型的な症状でした。

きっと、中学卒業後、早いうちに感染したのでしょう。

この子はその後、どうなったのでしょうか。

 

〈スポンサーリンク〉

 

梅毒患者 今年4000人超、5年で5倍に急増
TBS系(JNN) 12/6(火) 13:36配信
性感染症の梅毒に感染した患者が今年、4000人を超え、この5年で5倍に急増したことがわかりました。

「梅毒」は「梅毒トレポネーマ」という細菌に主に性的接触によって感染し、「しこり」や「ただれ」などの症状が出るほか、妊婦の場合、流産や死産のおそれがあります。

国立感染症研究所によりますと、先月27日までに報告された今年の患者の数は4077人で、2011年の827人から5年でおよそ5倍に急増したことがわかりました。都道府県別では東京が最も多く、次いで、大阪、神奈川となっています。

厚生労働省は「コンドームを適切に使用して、症状が出たら早期に治療してほしい」と呼びかけています。

 

エイズはエイズウィルスが原因ですので完治は難しいですが、梅毒は細菌の「梅毒スピロヘー

タ」が原因ですので、特効薬があり適切な治療で完治します。

特効薬は抗生物質の「ペニシリン」です。

ペニシリンができてからは梅毒は完治可能な病気になりましたが、それが開発されるまでは、と

ても恐ろしい性病で江戸時代の「遊郭」でも恐れられていました。

 

ところで、私が学生の頃は梅毒は「梅毒スピロヘータ」が原因だと教科書レベルでも

書いてあったのですが、今は「梅毒トレポネーマ」と言うんですね。

では「梅毒スピロヘータ」と「梅毒トレポネーマ」とはどう違うの。

「梅毒トレポネーマ」は「スピロヘータ科」の細菌です。

ということで、昔は「トレポネーマ」より上の分類名を使っていたのですね。

 

では、スピロヘータとはどんな細菌でしょうか。

スピロヘータ〈出典:Wikipedia〉

スピロヘータ(またはスピロケータ、spirochaetaまたはspirochetes)とは、らせん状の形態をしたグラム陰性の真正細菌の一グループである。

学名の由来は「コイル状の髪」を意味するギリシア語をラテン語に音写したもので、ラテン語の厳密な発音では「スピーロカエタ」である。

他の典型的な細菌とは異なり、菌体の最外側にエンベロープと呼ばれる被膜構造を持ち、それが細胞体と鞭毛を覆っている。細胞壁が薄くて比較的柔軟であり、鞭毛の働きによって、菌体をくねらせたりコルク抜きのように回転しながら活発に運動する。

自然環境のいたるところに見られる常在菌の一種でもある。一部のスピロヘータはヒトに対して病原性を持つものがあり、梅毒、回帰熱、ライム病などの病原体がこれに該当する。またシロアリや木材食性のゴキブリの消化管に生息するスピロヘータは、腸内細菌として宿主が摂った難分解性の食物から栄養素を摂取したり、エネルギーを産生する役割にかかわっている可能性が指摘されている。

 

自然環境のいたるところに見られる常在菌ということですので、これは意外。

その内、一部のスピロヘータがヒトに対して病原性を持ち、梅毒、回帰熱、ライム病などを引き

起こすのです。

 

また、スピロヘータの一種「梅毒トレポネーマ」は、けっこう弱い細菌で、熱に弱いです。

また前述した抗生物質で死滅させることもできます。

ということで、万が一、梅毒に感染してもちゃんと治療できるので安心です。

しかし、治療が遅れて「梅毒トレポネーマ」が脳に侵入すると、脳障害を起こし死に至ることも

あるので、身に覚えのある人は早めの検査をしてくださいね。

 

さて、この梅毒の患者がニュースによると、今年、4000人を超えて、この5年で5倍に急増したというのです。

「エー、何で」

 

私の勝手な想像ですが、私の若いころに比べると、売春をする業界の敷居が非常に

低くなったと思うんですね。 

マスコミでも、風俗嬢とか言って普通に取材して記事にしているし、取材される女の子も

平気で顔出しして取材に応じています。

昔は、インターネットがなかったので、売買春をするにはそれなりの店舗や組織が必要だったと

思うのですが、今はそうした性的サービスがネット社会にあふれており、店舗や組織が無くて

も、SNS等を使って個人間の性的サービスの取り引きが簡単にできます。

女子高生や女子中学生が時々、そうした売買春で補導されることからも、昔に比べて簡単に性交

渉が行われていることが推測されます。

だから、梅毒患者が急激に増えているんじゃないのかな。

〈スポンサーリンク〉