こないだから、話題になっていた千葉市のいわく付き物件。

高級住宅街(通称“チバリーヒルズ”)の近所で、問題がなければ優良物件のはず。

ところが、殺人事件の現場になった物件のため、競売における

最低売却価格はわずか756万円。

普通なら4000万円は下らないという物件。はたして落札者が

出るのかと注視していたのですが、なんと1111万1100円で

落札されたということです。

詳細は下記の記事を見てみましょう。

“殺人事件が起きた豪邸”1111万で落札
日本テレビ系(NNN) 5月17日(火)19時6分配信
千葉市が“殺人事件が起きた物件”として公売にかけた10LDKの豪邸が17日、1111万1100円で落札された。どんな物件なのだろうか。
■千葉市内の閑静な住宅街。ある豪邸が破格の値段で売りに出され、話題を呼んでいた。
■売りに出していたのは千葉市。物件の敷地面積は300平方メートル超、間取りはバルコニーなどがついた10LDK。
■高額だと思われる物件だが、官公庁オークションで売りに出されていた価格は756万円。相場の4分の1ほどの価格だという。
■実はこの邸宅、2014年1月に、1階の廊下で住人の男性が胸から血を流して死亡しているのが見つかった場所。“殺人事件が起きた物件”と告知されて売られている。
■室内のハンガーラックにはかけられたままの洋服、風呂場にはシャンプーなどが置かれたまま。人が住んでいた形跡がまざまざと残る。
■専門家「殺人あるいは自殺などのいわゆる事故があった場合には、不動産取引のときに必ず告知をしなくてはいけないということにはなっています。ただ、一般的な不動産の広告の時はここまで告知する事はまずない」
■物件のある場所は千葉県のJR「土気駅」の南側。通称“チバリーヒルズ”と呼ばれる高級住宅地の目と鼻の先。
■千葉市役所によると、電話ではこれまでに1日平均5件の問い合わせがあり、この物件に興味を示す人がいたという。
■そして、17日の午後1時、締め切りをむかえたオークション。落札価格は1111万1100円だった。
■市役所によると24日の期日までに入札者が入金しなかった場合、公売を続けるかどうかは未定だという。

競争入札に何人が参加されたかはわかりませんが、売却価格

全額が納付され、所有権移転登記も無事に済んだあと、

落札された方はどのように利用されるのでしょうか。

やっぱり、個人としての利用は気持ちが悪いですよね。

とすると落札したのは個人ではなく、やっぱり会社組織でしょうか。

今後どうなっていくのでしょう。

ただ、人が亡くなった場所だから不吉だということになると、

京都辺りは160年ほどさかのぼるといっぱいそういう場所が、

あるはずです。

蛤御門の戦いの時など、鷹司邸あたりで久坂玄瑞をはじめ、

大勢が戦死したんですよね。

鳥羽・伏見方面でも、鳥羽伏見の戦いで大勢が亡くなりました。

160年経てばもう、大丈夫ということ?

今回の物件、これからどのように利用されるのか、

見てみたい気がします。

〈スポンサーリンク〉