「手洗い付き男子トイレ」というタイトルだけ見ると、「うん、いいんじゃ
ない」と思ったが、普及していないといいます。
よくよく考えると普及しないわけもわからないではありませんね。

「革命的」と話題の手洗い付き男子トイレ 普及には意外な壁も
SNS上で、ある男子トイレが「革命的だ」と話題になっている。小便器と手洗い場が一体化した男子トイレ、その名も「手洗器一体型小便器」。先月、Twitterにその男子トイレの写真が投稿されると、「画期的」「ありそうでなかった発明」と、絶賛の嵐が巻き起こった。しかし開発者に取材すると、「革命的なトイレ」の普及には、意外な壁があることも分かってきた。
2012年に実用化していた
「手洗器一体型小便器」は、西日本高速道路(NEXCO西日本、大阪市)とTOTO(北九州市)による共同開発によって2012年11月に実用化された商品。手洗い水を便器の洗浄に再利用する節水機能が評価され、2013年に開催された「第10回エコプロダクツ大賞」では、エコサービス部門の優秀賞を受賞している。
「手洗器一体型小便器」は、西日本高速道路(NEXCO西日本、大阪市)とTOTO(北九州市)による共同開発によって2012年11月に実用化された商品。手洗い水を便器の洗浄に再利用する節水機能が評価され、2013年に開催された「第10回エコプロダクツ大賞」では、エコサービス部門の優秀賞を受賞している。
なぜ、このトイレを開発したのか。NEXCO西日本の広報担当者は「開発担当者がトイレに入ったとき、『男性用小便器でも、洋式トイレのような仕組みで手洗い場と一体化させることができないか?』と考えたことがきっかけ」だったと話す。「革命的」と話題の手洗い付き男子トイレ 普及には意外な壁も
・・・・・・・・・・・
・・・・・・(以下略)(根本聡一郎/THE EAST TIMES)

この画期的な男子トイレはNEXCO西日本によると、全国にまだ4カ所しかないそうです。

なぜ、普及していないか。やっぱり、排泄する場所からは早く離れたいということが
あるんでしょうね。
自分だけが用を足してそこで手洗いをするのはいいけど、手洗いしているときに、
お隣に見ず知らずの人が用を足しに来るし、隣同士がかなり近いですからね。
用を足したらやっぱりそこから離れて別の清潔な場で手洗いをしたいという気持ちは
わかります。
それに手洗いの位置が高いですから、少し使いにくいでしょう。

〈スポンサーリンク〉