『悪意ある「商標出願」多発、特許庁が注意呼びか

け…「民進党」など出願のケースも』という見だしが、

ヤフーニュースに出ていました。

“悪意ある「商標出願」多発”とは、誰が誰に対して悪意を持ち、

どんな被害がでているの?・・・よくわかりません。

それで、当該の記事を読んでみました。

悪意ある「商標出願」多発、特許庁が注意呼びかけ…「民進党」など出願のケースも
弁護士ドットコム2016年5月17日(火)20時22分配信特許庁ホームページより
特許庁は5月17日、悪意ある商標出願の被害者に向けて、商標登録を諦めないよう、呼びかけるメッセージを発表した。「ほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願」で、一定期間後に出願が却下されているという。商標登録をめぐっては、名称が決まる前に「民進党」の名前が、大阪府の企業によって先に商標出願されるなど、第三者が名称を先取りして出願する例がたびたび話題になっていた。しかし、特許庁によると、これらのほとんどは手続き上問題があり、仮に手続きが適正だったとしても、その後の審査ではねられてしまうという。弁護士ドットコムニュースが特許庁に取材したところ、「同様の出願の例は、しばらく前から多数報告されていました。具体的な事例は申し上げられませんが、実際に商標登録を断念したという事例があったり、問い合わせが寄せられたりすることがありました。商標出願の仕組みを知らない方も多いと思うので、特に中小企業や個人の方に向けて、呼びかけをすることにしました」

特許庁では、こうした手続き上の問題がある場合、一定期間待ったうえで、出願の「却下処分」を行っている。また、手続きに問題がなくても、「実体審査」を行い、適切かどうかの調査もしている。

そのため、特許庁は「このような出願が他人からなされていたとしても、ご自身の商標登録を断念する等の対応をされることのないようご注意ください」と呼びかけている。

つまり、真面目に本気で商標登録したい人がいるときに、それを邪魔するために

その人より早く、商標出願をして本当に登録したい人を断念させるということか。

邪魔するための(悪意ある)商標登録は、ほとんどが手続き上、

瑕疵があるということだから確かに邪魔する事だけが目的かもしれないですね。

ここで「悪意ある」ということは、本気で登録したい人がいるのを

知っていて、邪魔するためにあえて出願するということか。

それにしても、わざわざ、いやがらせするために、登録する気もない

商標を手間暇かけて出願するなど、ちょっと信じられないですね。

邪魔する以外にどんなメリットがあるんでしょうか。

特許庁は「自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)

という注意喚起をおこなっています。

〈スポンサーリンク〉