先週土曜日、驚くべき事実が小池知事によって公表されました。

豊洲市場問題、幹部に調査指示=「都政の重大局面」―小池都知事
時事通信 9月12日(月)12時29分配信東京都の築地市場(中央区)の移転先に予定されている豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策をめぐり、都が事実と異なる説明をしていた問題で、小池百合子知事は12日午前、副知事ら幹部を集め、施設の安全性確認や一連の経緯の調査に早急に着手するよう指示した。
2008年7月に土壌汚染対策に関する報告書をまとめた専門家会議を再開させる方針も示した。

小池氏は「都庁、都政にとって重大な局面であるということに鑑み、緊張感、責任感を持って当たってもらいたい」と強調。土壌汚染対策にこれまで858億円を投じてきたことを指摘した上で、「都民のお金だ。これだけ対応してきたのに一体何なんだという声も聞かれる」と述べ、これまでの対応を批判した。

豊洲新市場の敷地は東京ガスの工場跡地。有害物質が検出されたため、都は敷地全域で4.5メートルの盛り土を行うとこれまでホームページ(HP)などで説明してきたが、主要施設の下では実施されていなかったことが発覚した。

小池氏は「(間違った情報を)ずっとそのまま訂正することなく載せていたのは、情報公開の観点では大変大きな瑕疵(かし)だった」と指摘。情報公開の見直しに取り組むよう求めた。

 

これまで、豊洲新市場の敷地からは有害物質が検出され、その対策のために
都は敷地全域で4.5メートルの盛り土を行うと説明していたのにその盛り土が
なされていなかったのです。

この件で、一体誰がいい目をしているのでしょうか。
事実と異なる発表をしていたということは、事実が露見すると困るという人、
公表通りの4.5mの盛り土を計画通り施工しなかったということは
その方が得する人がいたということですよね。

あの広い敷地に4.5mの盛り土をするためにはどれくらいの予算が必要
だったのでしょうか。
築地市場移転に関わって一体、その予算はどのように執行されたのでしょうか。

4.5mの盛り土は、有害物質が地表に出てこないようにするための
盛り土であったはず。一体、安全性はどうなっているのか。

それに専門家会議が提言した「4.5mの盛り土」案を一体誰が設計変更したの
でしょうか。
現実に設計変更して、地下を空洞にしているのですから、それでは土壌汚染対策を
提言した「専門家会議」は一体何のために開かれたのかわからないことになってし
まいます。「専門家会議」設置の経費も全くの無駄だっといっても過言ではないでしょう。

これまでの豊洲市場移転問題に加えて、さらに不可解な大問題がでてきました。

やっぱり、小池都知事になったから、こうした事実を表に出すことが出来たんでしょうね。
小池知事には、真実の解明ができるまで、頑張ってほしいですね。頑張れ!

これまで、石原元知事から舛添前知事まで市場の移転を強引に
進めてきたとも聞きます。
もしかして〇〇議会のドンみたいな人も絡んで、利権に群がって
いたとしたら、まるで小説の世界ですね。

今後の展開をしっかりと見ていきたいと思います。

 それから、石原元知事や舛添前知事は、1週間に2日ほどしか、
出勤していなかったと聞くけど本当なの?
特別職とはいえ、そんなことでいいの?

もし、「1週間に2日ほど」が事実としたら、知事の勤務は
どのように規定されているのかな?

〈スポンサーリンク〉