仮想通貨についてはこれまで、ビットコインという名前や、ゲームのアイテム
の交換に使ったりするもの、仮想通貨発行会社が破綻したりして話題になった
こと等を知っている程度でした。
みなさんは、すでに御利用でしょうか。よくご存じの方はこの記事をスルーし
てくださいね。

さて、スーパー等で買い物をすると当該店のポイントがつき、商品券と交換できた
り、その店の商品を買ったりすることができますが、そのポイントにもう少し
流通性を持たせたものが、仮想通貨かなと勝手に考えていたのですが・・・。

ところが、昨日のニュースに三菱東京UFJが来年の秋に仮想通貨を発行する予定
とありました。大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めてとのこと
です。
まず、思ったのは「えー、大手銀行が発行するのは何故?」

これまで、ゲーム関係とか法律すれすれのところで一攫千金を狙う連中が
集まる世界、ぐらいにしか考えていなかったので、大手銀行が仮想通貨を
発行するメリットはどんなところにあるのか知りたくなりました。

三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋
朝日新聞デジタル 6月10日(金)3時7分配信三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋
MUFGコインの特徴
三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う。利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されている。空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという。「Suica」(スイカ)など、前払い式の電子マネーと似ているが、利用者同士がネットを通じて「送金」できる点などが異なる。同行は、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めており、2018年春から順次、配備する予定。実現すれば、同行に口座を持たずとも、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになる。

さらに、さまざまな店舗と提携して支払いにコインを使えるようにする。ポイント制を導入する構想もあり、将来的には、コインを中心とする「商圏」の構築につなげたい考えだ。朝日新聞社

「 MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う。」とあります。
なるほど、使い方はわかりましたが、1コイン=1円に交換するなら、わざわざそんな
手間をかけずにそのまま口座のお金を使えばいいんじゃないかな。預金口座から出金すると
仮想コインより手数料が高くなるのかな。法律はどうなっているんでしょうか。

〈スポンサーリンク〉

 

今日のなるほど

そもそも、仮想通貨とは

定義
ウィキペディアの「仮想通貨」によると、“仮想通貨とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと”と定義されています。
「国家による価値の保証を持たない通貨」とは、ずいぶん不安定な存在です。
では、仮想通貨はいつ出てきたのか。
歴史

仮想通貨の概念自体はアメリカで1995年には上院で言及されており、1999年には一部の仮想通貨は存在していた。しかしその発達は電子マネーやソーシャルゲームとともにあり、仮想通貨という表現も2009年ごろにできたものである。(ウィキペディア)

仮想通貨と現金はどう違うか
信頼性や流通性は現金に比べ、低いです。何と言っても信頼性が圧倒的に低いですね。
最近、フランス人のビットコイン取引所の経営者が逮捕されました。

ビットコイン取引所CEOを逮捕 口座残高水増し容疑
2015年8月1日11時10分
仮想通貨ビットコインの取引所マウント・ゴックス(東京、破産手続き中)から大量のコインや預かり金がなくなったとされる事件で、警視庁は1日、社内口座を管理するシステムを不正に操作したなどとして、同社の最高経営責任者(CEO)でフランス国籍のマルク・カルプレス容疑者(30)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕し、発表した。
・・・・・・・
警視庁によると、カルプレス容疑者は2013年2月中旬、社内システムを数回不正に操作して、自身の社内口座に100万米ドル(約1億2400万円)の入金があったと偽り、口座の残高を水増しした疑いがある。
・・・・・・・以下略

最後に、ビットコインとは何?誰が発行しているの?
知恵蔵2015のビットコインの解説には、“2009年5月、サトシ・ナカモトと名乗る人物が
論文でその原理を発表”と興味深い記事が載っています。サトシ・ナカモトな
る人は謎の人物らしいです。

インターネット上で流通している電子マネー。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。・・・・・・(中略)
通貨の発行は、ユーザーが高度な演算問題を解く「mining(採掘)」という作業などを通して行われる。ただし、その演算処理は発行量が増えるに従って複雑になり、また2100万BTC以上は創出できないように設計されている。
・・・・・・・以下略
(大迫秀樹  フリー編集者 / 2013年)

どうやら最大の利点は、米ドルや円など現実通貨との交換をウェブ上の「取引所」を
通して行うので、金融機関を通さずに決済でき、諸経費や手数料などが発生しないという
ことらしい。
では、ビットコインの発行は実際はどうするのでしょうか?
“通貨の発行は、ユーザーが高度な演算問題を解く「mining(採掘)」という作業などを
通して行われる。”と書いてありますがこれだけでは何のことかわかりません。

ビットコインの採掘(マイニング)とは
ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。
この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。
・・・・・・・・・(中略)
この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。
通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

では、最初に誰が作ったのでしょうか。

誰がビットコインをつくったのか
ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。
BitBiteCoin.com篠原 裕幸

ここまで、勉強して一応「なるほど」でした。
しかし、まだわからないことがあります。
それは、発掘作業(マイニング)をしたときにだけ、新規発行されるとありますが、
一番最初にソフトウェアを開発した人たちや、理論構築したサトシ・ナカモトなる
人はビットコインを当初、どれだけ発行してどれだけ自己所有しているのでしょうかね。
(当事者は言うわけないでしょうが)

〈スポンサーリンク〉