私は昨日のチャリティー番組『日テレ「24時間」』に係り、
「感動ポルノ」という言葉を初めて知りました。

なんだか違和感あるなあ。
ポルノと言えば、ミュージシャンじゃなく、やっぱりあのポルノですよね。

「ポルノグラフィー」の略語である「ポルノ」。
性的興味をそそるような(そそるための)動画や映画や写真や文学等の
ことです。

で、「感動ポルノ」とは、2014年12月に亡くなったコメディアン兼
ジャーナリストのStella Young(ステラ・ヤング)氏の造語だそうです。

〈関連投稿〉
「震災ポルノ」?「感動ポルノ」?こんな意味不明の言葉を使うな!

 

〈スポンサーリンク〉

 

彼女は次のように語っています。
「障害者はあなた方を感動させるためにいるわけではない」
「障害者は「感動ポルノ」として消費される」

なるほど、こういう文脈で使う言葉なんですね。

でも私はあまり適切な造語とは思えません。

「ポルノ」は性欲とか性を商品化したものですよね。
しかも、国によっては、非合法的な存在であったりします。

ですので、「障害者を商品化するな」とか「障害者を食い物にするな」と
言えばいいと思うのですが。

次はStella Young(ステラ・ヤング)氏の講演です。(logmiより)

『障害者は「感動ポルノ」として健常者に消費される–難病を患うコメディアンが語った、”本当の障害”とは』 (出典 logmiより)

私たちが障害者の姿に感動しているのは、心のどこかで彼らを見下しているからかもしれません……。2014年12月に亡くなったコメディアン兼ジャーナリストのStella Young(ステラ・ヤング)氏は、従来の「気の毒な障害者」という枠を破った率直な発言で人気を集めました。健常者の感動を呼ぶために障害者を取り上げる風潮を批判し、障害者問題に対する社会の理解を求めました。(TED2014より)

・・・(略)

実際のところ、私がこうやってステージの上へ車椅子に乗って登場した時、みなさんは私が「感動的な話」をするのだろうと、どこかで期待していたのではないでしょうか。
(会場笑)
でしょ? やっぱり。紳士淑女のみなさん、残念ながらみなさんをがっかりさせなければなりません。私はあなた方を感動させるためにここにいるのではありません。障害に関して、私たちがついてきた嘘をお伝えするためにここにいるのです。

障害者は「感動ポルノ」として消費される

私たちは、障害を悪いものとしてとらえてきました。障害はマイナスである。そして、障害と共に生きることは素晴らしいことであると。

障害は悪いことではないのです。そして、障害があるからといって、あなたが素晴らしい人間だというわけでもありません。

・・・・(略)

こういう画像はたくさんあり、私はそれらを「感動ものポルノ」と呼んでいます。

(会場笑)

「ポルノ」という言葉をわざと使いました。なぜならこれらの写真は、ある特定のグループに属する人々を、ほかのグループの人々の利益のためにモノ扱いしているからです。障害者を、非障害者の利益のために消費の対象にしているわけです。

・・・・(以下略)

 

さて、日テレの「24時間テレビ」の瞬間最高視聴率は35・5%だったとのこと。
そして、放送内容には障碍者の皆さんの出演もありました。

『なぜ、障害者のみなさんを出演者に?』という部分もありますが、
世の中には健常者と障害者がいて当たり前ですので、誰が出演しようと
いいわけですよね。

問題は結局、放送内容に『やらせ的な臭い』『さあ、障害者の皆さんが頑張ってますよ。ここで感動してくださいね』
というような製作者側の『感動させてやれ』的な臭いが強くなってきていることだと思います。

そうした風潮に、Stella Young(ステラ・ヤング)氏が、
的確な警鐘を鳴らしたのだと思います。

彼女は語っています。
『私たちは、障害を悪いものとしてとらえてきました。障害はマイナスである。そして、障害と共に生きることは素晴らしいことであると。障害は悪いことではないのです。そして、障害があるからといって、あなたが素晴らしい人間だというわけでもありません。』

これこそが、自然な形、あり方だと思います。
つまり、障害があろうとなかろうと、普通に生きることができる世の中が求められているということでしょうか。

一方、NHK教育テレビの 「バリバラ」を見ることもあります。
確か、昨日は重度の障碍者の方がコメディアンをやっている
様子が放映されていました。

でも僕には少し無理があるように思えて、笑えませんでした。
(もっとも、演じている様子は、ほんの短い時間でしたので、
演題を全部見ておればおもしろく感じたかもしれません。)

今日はここで記事を閉じます。
障害者に関する諸課題はとても深くて、浅はかな考えを簡単に述べることは
できません。

ところで、この文章の中で、「しょうがいしゃ」を「障碍者」と書いたり
「障害者」と書いています。
どちらでもいいじゃないかと思う人や、気が付かなかったという人も
あるでしょう。
しかし、障害を持った方々や研究者の方々には、こだわりのある人がいます。
なぜなら、「害」という漢字はまさに「害毒」とかをイメージするからです。

「しょうがいしゃ」は「害」を持っているわけでは決してありません。

〈スポンサーリンク〉