今度の韓国の事件で、国連の潘基文事務総長が「一人の国民として深く誇りを傷つけられた」と

語ったということですが、韓国人の窃盗団が日本から盗んだ仏像を韓国が返さないことや、日本

が約束通り、10億円もの援助金を韓国に支払ったのに、いまだに日本大使館前の慰安婦像を撤

去しないことなどはどのようにお考えなんでしょうか。

 

〈スポンサーリンク〉

 

韓国の混迷「深く傷ついた」=日本人記者と退任前会見-国連総長
 【ニューヨーク時事】国連の潘基文事務総長は28日、年末の退任を前に日本人記者団と会見し、韓国の朴槿恵大統領が親友の国政介入事件で窮地に立たされ、国政が混乱していることについて、「非常に多くの国民の怒りと不満を目にし、一人の国民として深く誇りを傷つけられた」と、強い失望感を表明した。(2016/11/29-08:28)

 

朴槿恵大統領は、「今起きている問題は、私としては、国家のための公的な事業だと信じて推進

してきた。その過程でいかなる個人的利益も得ていない」と弁明しましたが、彼女のそばにいた

「お友達とその一族」が、思いっきり個人的利益を追及していたのですから、大統領の弁明は全

く当を得ていません。

また、「周辺をきちんと管理できなかったことは、結局は、私の大きな過ちだ」と責任を認めて

いますが、それが、大統領としてはあってはならないことです。

 

「事件の経緯は近く詳しく話す」と述べていますが、大統領が話すべき「今でしょ!」

 

任期満了前に辞任=韓国大統領が表明―野党、弾劾手続き継続
時事通信 11/29(火) 14:41配信

【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は29日、親友の崔順実被告による国政介入事件を受けた3回目の国民向け談話を発表し、混乱について改めて謝罪した上で「任期短縮を含め進退問題を国会の決定に委ねる」と述べ、任期満了を待たずに辞任する考えを表明した。

任期満了前の大統領辞任は1987年の民主化宣言後初めてとなる。

 2012年12月の大統領選で当選し、13年2月に就任した朴氏は、18年2月の任期満了前に大統領府を去る可能性が高まった。大統領は「与野党が論議し、国政の混乱と空白を最小限にして、安定的に政権を移譲できる方策を用意してくれれば、その日程と法手続きに沿って大統領職から退く」と語った。ただ、具体的な時期は明示しなかった。

・・・・・・・(略)

 

今回の「崔順実被告による国政介入事件」でわかったことは、韓国社会が非常に不平等な社会

で、一般市民は生活全般において一部の金持ち階級に牛耳られ、蔑まれ差別されているのではな

いかということです。

2年前も大韓航空の副社長「ナッツ姫」のナッツリターン事件がありました。

いい大人が、しかも副社長ともあろうものが、あんなことをするでしょうか!

この「ナッツリターン事件」や今回の「大統領のお友達、崔順実被告による国政介入事件」が

なんで起こったかというと、結局、韓国社会の抱えている根底が一緒だと思うんですね。

たまたま、「馬鹿なナッツ姫」や「馬鹿な崔順実被告やその一族」が偶然そこにいて、公私の区

別がつかななってやったことではないと思います。

 

もしかしたら、彼女らの横暴を許した側、国民にもチャンスがあれば、自分も権力をふるう側に

回っていい目をしたいという構造的な欲求があったから、こんな結果を招いたのかもしれませ

ん。

今回の国民の運動が、韓国社会の本当の民主化につながればいいと思いますね。

〈スポンサーリンク〉