前回、ブログ記事『「慰安婦日韓合意」で約束の10億円払っても約束を守らない韓国。慰安婦

像撤去せず』で、韓国は「戦争被害詐欺商法」をやっているようなものだと書きましたが、今日

は、ズバリ、「慰安婦詐欺商法」をすぐに止めろと言いたいですね。

 

〈スポンサーリンク〉

 

釜山少女像、新たな火種 「死に体」政権、収拾困難 韓国
朝日新聞デジタル 1/1(日) 7:30配信 (有料記事)
韓国南部・釜山の日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」を設置した大学生や市民団体は31日夜、像の除幕式を行った。日本政府は像が設置された30日以降も重ねて撤去を要請しているが、韓国政府は撤去に反対する世論を意識し、設置を事実上黙認する形になっている。日韓は新たな問題を抱えて2017年を迎えた。

総領事館前で31日夜に開かれた除幕式には約3500人(警察推計)が集まった。少女像にかけられた白い布が下ろされ、参加者が「国民の勝利。少女像を守ろう」と書かれたプラカードを掲げた。「日韓合意の最終的な破棄まで闘おう」「正しい歴史認識を持つべきだ」といった声が上がった。……

 

韓国人は、国家間の約束を反故にして、日本たたきをすることで、自分たちの感情を満足させる

ような考え方はそろそろ改めるべきです。

 

韓国政府も、韓国の法律に基づいて政権を担っているのですから、政府方針に反して勝手な行動

する市民の行動を認めていけないと思います。

 

韓国には、「国民情緒法」という不文律があるそうですが、聞いてあきれます。

「国民情緒法」とは、韓国人の国民情緒(感情)に合うという条件さえ満たせば、行政・立法・

司法は実定法に拘束されない判断・判決を出せるという考え方です。

これでは、「法律はいったい何のためにあるの?」と言いたくなりますが、こんな考え方がある

ので、かえって韓国の精神的バックボーンが揺らぐのだと思いますね。

 

対馬で韓国人が盗んだ仏像を日本に返さないという非常識な判断も、「国民情緒法」に基づいて

いると考えると、 なるほどと思います。

 

慰安婦像を設置するエネルギーをどうぞ、自国の真の民主化に向けてください。

そして、日本人を差別したり、バカにしたりせず、日本との友好関係樹立に向けて努力してくだ

さいね。

また、韓国マスコミは、韓国民衆に迎合した安っぽい「日本たたき」の記事を書くのは、

めてください。

 

約束を守るのは、人として当然のこと。こないだ渡した日本国民の税金、10億円は返し

てくださいね。

〈スポンサーリンク〉