豊田真由子議員は、いけませんね~。

人の見ていないのをいいことに、あんな恥ずかしい暴言をして本性をさらけ出したので

すから(そういう人格だったのですから)、それを素直に認めて謝るしかないですよ。

もし学校の子供たちにああいうのがいたら、周囲から一番嫌われるタイプですね。

 

〈スポンサーリンク〉

 

前回、『暴言・豊田真由子議員が記者会見でしおらしい姿。信じられないよ!』を投稿した

あと、豊田真由子議員の別のインタビュー内容が放映されていました。

 

その雑誌記者のインタビューの中で、記者が「このハゲー」「死んだら」「お前なんか生きて

いる価値ないよ」「お前の娘が車に轢かれて頭が・・・」等の発言は人権侵害ではないかと

の指摘に対して、豊田真由子議員は「そういう趣旨で言ったのではない」と頑として譲りま

せんでした。

それでさらに追及しようとした記者を遮って、記者会見は強制終了されてしまいました。

 

では、豊田真由子議員は「このハゲー」「死んだら」「お前なんか生きている価値ないよ」

「お前の娘が車に轢かれて頭が・・・」というような発言をどういう趣旨で行ったんです

かね。

この暴言を発したこと自体が相手の人格を傷つけていることがわからないのかなあ。

まさか、「愛のムチだ」なんて言わないでしょうね。

 

なのに、人権を無視するつもりで言ったのではないと、この期に及んで強弁する豊田真由子

議員の人格は一体どうなっているの?

豊田真由子議員は「申し訳ありませんでした」と、頭を垂れて、謝罪の言葉を述べていま

したが、一体、誰に対して何を謝罪していたのでしょうか。私には彼女の誠意ある謝罪の

気持ちは伝わってきませんでしたね。

他人(ひと)を傷つけるような暴言を平気でまくし立てた自分を悔しいだろうけど素直に

認め、これからは生まれ変わって頑張ると言えば、世間からもう少し受け入れられたかも。

 

今度の衆議院選挙で、彼女はどうなるのかな。

実に興味深いですが、埼玉の選挙民にはちゃんとした判断をしてほしいですね。

〈スポンサーリンク〉