2017年02月一覧

NO IMAGE

関西学院大学のアホ外国人講師に呆れる~福島県出身女子学生を差別!

『関学大講師「放射能浴び光ると…」 福島出身学生に発言』(朝日新聞デジタル2017年2月21日)を見て講師の発言のアホさ加減に驚きました。 兵庫県西宮市の関西学院大学で、2014年秋、約30人が受ける英語の授業であった話です。 外国人の男性非常勤講師(40代)が授業中、女子学生に質問した際、出身地を尋ね、女子学生が「福島県です」と答えると、その講師は、わざわざ教室の電気を消して、学生た……

NO IMAGE

初心者もわかる。債務超過になると会社は倒産?債務超過の東芝は倒産するの?

債務超過とは 倒産寸前の会社は、その決算書に兆候が表れてきます。 その兆候とは、「債務超過」と呼ばれる状態で、債務超過に陥ると、ほとんどの企業は倒産してしまいます。 それでは、債務超過とはどのような状態なのでしょうか。また、「債務超過」になるとそのまま会社は倒産するのでしょうか。

NO IMAGE

清水富美加が所属事務所へ不信感を抱いた理由。芸能人も心を持った人間です!

『清水富美加 清純派に監督が要求「求められる前にパンティーを脱いで」』というタイトルのスポニチAnnexの記事がありました。 この記事は、昨年、公開中の映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」をヒロインを務める清水富美加(21)のインタビューを交えて紹介するものでした。 もし、このタイトルが本当なら、「パンティを脱いで」のような言い方を男性監督からされた清水富美加は不愉快だったん……

NO IMAGE

局部を切断された弁護士は今何思う?不倫相手の人妻が超怖い!

弁護士のオフィスでアルバイトをしていた人妻と肉体関係にあった弁護士が、2015年8月、その人妻の夫に局部を切断されたという事件。 本日(2月14日)控訴審があり「控訴棄却」の判決が出ました。 犯人の小番(こつがい)一騎被告が、上告するかどうかわかりませんが、事実関係は明確ですし、このまま、一審判決の懲役4年6か月を受け入れるしかないでしょう。 〈関連投稿〉 【妻はどんな人?司法試……

NO IMAGE

「幸福の科学」清水富美加が出家、何か怪しい!芸能人・有名人の他の信者は?

女優・清水富美加がまだ22歳だというのに、いきなりの芸能界引退を表明をしました。 掃いて捨てるほどいる芸能人希望者から見れば、たった22歳でここまで売れておきながら、勝手に辞めてしまう清水富美加には悔しい思いでしょう。 「もったいない」ですね。でもまあ、女優という仕事がもともと不本意な仕事であったとすれば、辞めるのもありですよね。本人の決めることですから。 『清水富美加 突然の引退に……

NO IMAGE

雪で山陰線立往生、我慢するしかない。雪で怒る乗客、中国人か!

『立ち往生の山陰線、怒る乗客 乗り換えバスも到着せず』のニュースで、「怒る乗客」に目が留まりました。雪で大暴れした中国人のニュースを思い出したからです。  大雪で航空機が欠航した新千歳空港で、100人あまりの中国人が抗議し激しく詰め寄るという騒ぎが起きたのは昨年のクリスマスイブでした。  平気で列に割り込み、平気で立ち入り禁止区域に入り、平気でゴミを捨てる中国人ならではの行動です。

NO IMAGE

国有地を格安で安倍総理夫人が校長の学校法人に売却。秘密だった売却額。

産経WEST(2017.2.9)のニュース 『学校法人に売却の国有地、価格の公表を一転「非開示」に 近畿財務局』を見ると、何やら国と民間との不明朗な関係が臭ってきます。 ニュースによると、近畿財務局が国有地を学校法人(大阪市)に売却したのに、その売却金額を国が非開示にしたというのです。

NO IMAGE

松本伊代と早見優、京都嵯峨野で線路立ち入り!書類送検の意義!

松本伊代(51歳)と早見優(50歳)が、今年1月、京都市内のJRの線路に無断で侵入したことについて、京都府警が10日、鉄道営業法違反の疑いで2人を書類送検しました。 「当然でしょ!」 京都府警はしっかりした判断をしてくれました。不起訴処分になるような事案でしょうが、書類送検することに意義があると思います。 〈関連投稿〉 【タレントの松本伊代さん、早見優さん!線路上の写真はNGで……

NO IMAGE

石原慎太郎元知事と東京ガス汚染跡地購入の闇、豊洲住民訴訟の行方は?

東京都が築地市場の移転先として、土壌汚染が問題となっていた東京ガス工場跡地を高価格で購入したことは違法だとして、住民が都に、石原慎太郎元知事に土地購入費の578億円を損害賠償請求するよう求めていた住民訴訟の潮目が少し動きました。 被告の都側はこれまで石原氏に責任はないとする立場でしたが、小池百合子都知事はこのたび、その方針を見直していると、法廷で明らかにしたのです。

NO IMAGE

石原慎太郎元都知事の子供とトーキョーワンダーサイト。親バカ事業か?

東京都議会の豊洲市場移転問題特別委員会は、参考人として石原慎太郎元都知事(84歳)を招致することを全会一致で決めました。 石原元都知事は、実名も含めて何でも言うと語っていますので、浜渦武生元副知事の招致と併せ、東京ガス工場跡地に係り何が出てくるのか興味深いですね。 だいたい、石原元都知事は在任中は好き勝手なことをやっていましたので、豊洲移転問題だけでなく、外のブラックに近いグレー部分も……

NO IMAGE

天下り社員の報酬がひどすぎ!「月2回勤務で年収1千万円」文科省の天下り財団は不要!

文科省だけに、余計に腹が立ちます。 「あんたらが文部行政やってるから、学校現場は超ブラック企業になっていてもほったらかしになっていたんだな。」 それに「嶋貫和男さん、月2回勤務で年収1000万円とは、一体見返りに何を要求されていたんだ?」 天下り官僚は、これまでも各種法人の理事長を2年くらいで渡り歩き、そのたびに何百万円もの報酬を手にしていました。その原資はもとはといえば、税金です。……

NO IMAGE

美女に総額6千万円盗まれた田辺市の金持ち老人の自伝「いい女を抱くためだけに」

『美女に総額6千万円盗まれた和歌山県田辺市の金持ち老人!自伝を出版』で紹介した紀州の金持ち老人の自伝、『紀州のドン・ファン…美女4000人に30億円を貢いだ男』が届きました。 この本、少し前にアマゾンから届いていたのですが、やっと読むことができたので、書評を書いてみます。

NO IMAGE

高樹沙耶被告、第2回公判でも大麻は自分のものではなく森山被告のもの

大麻の「所有」は罰するけれど、「使用」は罰しないというわけのわからない法律の欠陥をついて、高樹被告は大麻使用は認めていました。 「親知らず治療後の体調がすぐれなかったために使用した」などと、取ってつけたような言い訳をしていましたが、・・・

NO IMAGE

韓国はどういう国?今後の付き合い方は?慰安婦像や韓国が対馬から盗んだ仏像

〈クイズです(^^♪…泣き女は日本にもいるの?〉 韓国には「泣き女」がいます。 葬式の時に大泣きをして、死者が生前、いかに人々に愛されてきたかを知らしめる職業です。 昔は依頼の報酬として、コメが使われており、泣き方に応じて、「五合泣き」や「一升泣き」といった名前が付けられていたということです。 おもしろい話ですが、現在でもこうした風習・職業が韓国(中国にも)に残っているとい……

NO IMAGE

筑波大生行方不明!チリ当局がフランス側の容疑者拘束要請を退ける判断(第7報)

〈クイズです(^^♪) …①チリの首都はどこ?、②チリの人口は1700万人ですが南米諸国中、何位?〉 『筑波大生行方不明。やっとチリ人容疑者の拘束・引き渡しを要請(第6報)』で、南米の国・チリの警察がフランス当局の要請にちゃんと答えてくれるのか、若干の不安があってそのことを少し書きました。 すると、その不安どうりのニュースが伝わってきました。

NO IMAGE

未成年の女性を生き埋め殺人!犯人の19歳女性に無期判決(千葉地裁)

平成27年、未成年の女性(当時18歳)を生き埋めにして殺した19歳の少女に対し、 無期懲役の判決(一審)が下りました。 「生き埋め」という犯行の残酷さを考えると、死刑でもおかしくないケースだと思います。 この事件の共犯者、無職・中野翔太被告(21歳)にはすでに、無期懲役の判決が言い渡 されており、東京高裁に控訴しています。

NO IMAGE

コンビニはオーナー店長にもアルバイトにもブラック。儲けるのは本部だけか?

昨年末、コンビニ大手のローソンが、フランチャイズ(FC)方式の店舗運営者との契約 時に設けている年齢制限の上限を、2017年春をめどに撤廃するというニュースがあり ました。 年齢制限がなくなるということは、シニア世代にとって可能性が広がるという意味であり がたいことですし、労働人口は増えますので、国としても歓迎すべきことでしょう。

NO IMAGE

「米国憲法修正第10条」とは何?大統領令は「違憲」。トランプ大統領を提訴

でもトランプ大統領は、国民の半分から支持されており、大統領令は選挙で公約したことを忠実に実行に移しているだけです。トランプ支持者から見れば、有言実行の人で、大変信頼できる人ということになります。その根本思想は「アメリカファースト」です。 政治家や行政官の人たちには、あまり楽観した見方はせずに、「日本ファースト」を根本に頑張ってほしいです。

NO IMAGE

蓮舫さんのテンパッた表情に国民は安心できない?武田鉄矢曰く「残念な女優さん」

30日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表が、稲田朋美防衛相の10年前の考えと現在の考えが不一致だとして、“口撃”しました。 その結果、稲田氏は一部の発言を事実上撤回することになり、女の戦いは蓮舫さんの勝利となりました。でもねえ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク