スポンサーリンク

Uber Japan 「ダメージがあった食事は、受け取り拒否が可能。事態を深刻に捉えている」

画像

〈出典:Wikipedia〉

1: はやはや君(東京都) [US]

sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
「受け取り拒否した商品をマンションの共同スペースに投げ捨てられた」――
Uber Eatsの配達員と注文者の間でのこんなトラブルがTwitter上で話題になっている。
運営元のUber Japanは「このような事態に対し深刻に捉えております」とITmedia NEWSの取材に対しコメントした。

トラブルに遭った石野純也さんは、10月5日午後にUber Eatsで商品の配達を注文。
しかし、配達員は予定時刻から約30分遅れて到着し、商品もスープがこぼれるなど、崩れた状態だったという。
受け取りを拒否したところ、配達員が商品をマンションの共有部分に投げ捨てていったと説明するツイートが、
2万リツイートされるなど話題になった。石野さんが商品の投げ捨てについてUber Eatsのサポートセンターに連絡すると、
「(配達員は)個人事業主だから(Uber Japanは)関与できない、勝手に警察に連絡しろ」と言われたという。

Uber Japanが提供するサービスであるにもかかわらず、「配達員が個人事業主だからトラブルには関与しない」という主張は同社の真意なのか。
ITmedia NEWSは同社に対しいくつか質問を送り、回答を得た。

「受け取り拒否」は可能

── Uber Eatsで「受け取り拒否」は可能か

Uber ダメージがあったお食事などについては、受け取り拒否が可能です。

「事態を深刻に捉えている」

── 今回の件について「関与しない」というのはUber Japanの見解で間違いないか

Uber 日本においてビジネスモデルが新しいという実情はありますが、Uberは市場とお客さまに責任を持って運営をしています。
サービスのクオリティを維持するために、悪質だと客観的に判断される行為については配達パートナーへの警告など必要な措置を取っています。

Uber Uberは、すべての方に安全で快適にUber Eatsのサービスをご利用いただきたいと考えており、
このような(今回の)事態に対し深刻に捉えております。
今後もすべてのパートナーおよびお客さまがUber Eatsのサービスを安全で快適にご利用いただけるよう、コミットしていきます。

「受取拒否は可能」 Uber Eats配達トラブル、運営元は「深刻に受け止めている」と見解
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/07/news119.html

2: はやはや君(東京都) [US]

「評価システムで悪意ある行動などを阻止できると考えている」

── 配達員と顧客のトラブルについて防ぐための仕組みはないのか

Uber Uber Eatsは、すべての方に安全で快適にサービスをご利用いただくための明確なコミュニティガイドラインを持っており、
マナーへのご理解とご協力をお願いしています。

Uber また、アプリにおけるフィードバックや評価機能により、
パートナーおよびお客さまの悪意ある行動などを阻止することができると考えています。

── 配達員評価システムはこのようなトラブルを防止できるのか

Uber 楽しく美味しいお食事体験を求めているユーザー(ご注文者)の皆様にも、レストラン パートナーの皆様にも、
配達パートナーの皆様にも、配達が完了する毎にUber Eatsの体験の評価をお願いしています。
誠実なフィードバックによって、Uber Eats を利用されるすべての皆様のより良い行動を喚起し、
皆様にとって安全で快適な環境を作り出すことを目的としています。

Uber Japanは今回のトラブルについて「事態を深刻に捉えている」とした上で、配達員と注文者の間のトラブルについては、
「配達員の行動が悪質だと客観的に判断できる場合は、配達員に警告するなどの措置をとるのが正しい対応」だと話した。

トラブルを未然に防ぐ措置として、同社は配達員に対する評価システムを挙げた。
しかしネット上では、「配達員は自動で割り振られ、注文者から指定できないため、トラブル防止に効果がないのでは」という意見も出ている。

Uber Eatsをめぐっては、配達員に対する制度作りが遅れていることも明らかになっている。
9月30日には、個人事業主扱いで労災保険の適用がない配達員に対し、
事故に遭った際に見舞金を支払う「障害保険制度」を発表。
10月3日には配達員の有志が、労働組合に相当する「ウーバーイーツユニオン」を立ち上げたばかりだ。

トラブルや配達員の扱い、サポートの対応などの面で、
Uber Japanが展開する「シェアリングエコノミー」というビジネスモデルの成熟にはまだ時間がかかりそうだ。

5ちゃんねる〈https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570446644/

スポンサーリンク

5チャンネルのレス

11: なえポックル(光) [IN]
>>1
答えになってないよな
はぐらかしたつもりだろうが余計に不信感が強まったわ

44: ミドリちゃん(長野県) [CH]
>>1
結局のところ配達員と顧客の問題で本社は関知しないとしか言ってないのでは?

46: とびっこ(ジパング) [US]
>>1
結局は関与をしないということか。こういう無責任な会社を利用すると言うことは自己責任と言うことになるな。

3: あおだまくん(岡山県) [US]
歯型がついてるのがあったよ(´・ω・`)
それから二度と利用してない

4: あまっこ(東京都) [BR]
マジかよ構成の渡辺くん最低だな

5: あいピー(東京都) [FR]
Uberだけで生活出来るの?
一回幾ら貰えるんだろう

6: カールおじさん(ジパング) [US]
保証はしないけど
うやむやにするお!
ってこと?

7: アソビン(大阪府) [CA]
汁物が多い日本の食文化に
そもそも合わんのじゃないの?

14: ぶんちゃん(茸) [ニダ]
>>7
ポット風の入れ物に入れればいいのにな




8: ファーファ(茨城県) [DE]
イメージ悪すぎ

9: 回転むてん丸(ジパング) [US]
拒否れないのにアプリでスープを運ぶ指示が出た時の絶望感は異常
フタをしっかり締めてない店だと最悪

18: みらいくん(神奈川県) [KR]
>>9
水筒に移し替えたら契約違反なんだよね、おそらく

24: 回転むてん丸(ジパング) [US]
>>18
それは流石にやりたくない
入れ替えた時点で責任が出てきちゃう

10: ホックン(茸) [ニダ]
もうやめちゃえよ

12: きこりん(庭) [BE]
個人事業主だから本部から警告しか出来ない。この状態だと品質向上も難しいね。

13: ヒーヒーおばあちゃん(ジパング) [US]
配達不可だと判断したら配達員の受け取り拒否も可能にすれば

15: お自動さんファミリー(東京都) [CN]
潰せ

16: ミルバード(東京都) [US]
ウボァー




17: すいそくん(ジパング) [US]
何もしません
第三者ですとしかいってないな
他人事

19: ティグ(長野県) [DE]
初動間違えたな
マックの緑肉の時みたいだ

20: おたすけ血っ太(東京都) [DE]
大阪王将の出前は全然汁こぼれてないお

21: おたすけケン太(空) [JP]
家バレてそんなことできる?

22: モアイ(静岡県) [ニダ]
いなりが入ってないやん!

23: てん太くん(神奈川県) [ニダ]
これ画像上げた人を叩いてるアホがいる時点で負けてるんだよなあ乳母が

25: すいそくん(ジパング) [US]

スープこぼれたってどの程度だよ

食べるのに危険性があるほどなのか?
30分遅れたことが返品の対象にされたら仕事にならないだろ

ピザだってそのシステムやめてる

39: クウタン(山口県) [JP]
>>25
何時になるか分かりませって書くべきだろ
拒否っ食べ物ぶちまけてる時点でサービス業してはダメな奴だわ




26: 天女(神奈川県) [JP]
出前版白タク

27: すいそくん(東京都) [US]
変なプライド持ってるバイト雇うなよwww
汚い恰好のやついっぱい見かけるぞ

28: 環状くん(大阪府) [US]
そらそうよ

29: 回転むてん丸(ジパング) [US]
配達員からするとクソな店を拒否出来るシステムが欲しい
対応クソな店でも拒否できない
正確に言うと、拒否できるけど繰り返すと垢停止になる

30: 元気マン(愛知県) [US]

完全に存在自体が社会悪

このビジネスは禁止にしろ

31: ジャン・ピエール・コッコ(埼玉県) [JP]
Uber使ってるなら頼まない

32: ピンキーモンキー(茸) [CA]
フライドポテトとかだといくつか失敬してもばれないよね

33: プイ(東京都) [JP]
拒否った場合の代金はウーバーがかぶるの?
重要なことなのにHPには載ってないんだよな




45: クウタン(山口県) [JP]
>>33
拒否ってもいいです金は貰いますだったら嫌だなあ
田舎者の俺には関係ないけど

49: 回転むてん丸(ジパング) [US]
>>33
返金される
今回のは共用部分に捨てたのを問題視してる

34: ニック(大阪府) [ニダ]
雨の日にラーメン頼みまくろうぜ

35: おたすけケン太(空) [JP]
まるで派遣会社みたいやな

36: ベイちゃん(福岡県) [US]
クソど田舎で近辺にレストランはおろか食堂すらない俺は勝ち組。

37: パワーキッズ(佐賀県) [EU]
こんなのやるよりピザ屋の配達やれよ
必ず時給はもらえるし事故っても面倒みてくれるし
年数経てばデカい顔出来るし

43: ぽえみ(ジパング) [JP]
>>37
この前テレビでみたのは
リーマンが副業でやってた




38: マックライオン(ジパング) [US]
結局何が言いたいの?
お金返してくれるの?くれないの?

40: 京急くん(大阪府) [KR]

簡単に言えば、最初は客を舐めきって無視しようとしたけど
SNSで予想以上に炎上して慌てて言い訳かましてる最中ですってことだろ

もうやめちまえや

41: モッくん(群馬県) [ニダ]
セブンイレブンといい面倒な責任回避(押し付け)で儲けようってビジネスモデルはそのうち

42: フクタン(大阪府) [GB]
スープとかは器にラップしたらこぼれないと思うんだが
それはアカンのか?

47: あんらくん(茸) [SA]
IT MediaとUberのやり取りが噛み合ってなくて笑う

48: がすたん(奈良県) [US]
君のアパートに隣の飯が君の玄関に前に捨てられてたどうするよ

50: ウリボー(家) [TW]
ソフトバンク終わった



管理人の感想

まず、ウーバー(Uber)とは

2009年3月に設立された会社で、設立者はTravis Kalanick(トラビス・カラニック)

Garrett CampUber(ギャレット・キャンプ)です。

Uberは、アメリカ合衆国の企業・ウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車

ウェブサイトおよび配車アプリです。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開

している。

ウーバーイーツ(Uber Eats) とは

アメリカ、カリフォルニア州で2014年8月に設立され、設立者はウーバーと同じく、

トラビス・カラニックギャレット・キャンプです。つまり、ウーバーのグループ会

社ですね。

Uber Eats (ウーバーイーツ)は、サンフランシスコに拠点を置く、オンラインフー

ドデリバリーサービスです。モバイルアプリケーションに対応している飲食店に出前

を注文できます。

なお、配達はウーバーイーツに個人登録した個人が行っており、個人事業主扱いなん

ですね。今回の騒動でわかりました。

料理は車やバイクや徒歩で配達される。注文時、配送料と料理の代金を合わせた総支払額が提示される。また、注文後に配達状況を追跡することができる。2018年8月にUber Eatsは一律$4.99だった配送料を距離に応じて変動する値段に変更していて、2ドルから8ドルの範囲になっている。

都市によっては、配達者登録することによって自分の二輪車や自動車もしくは徒歩で配達することができる。配達者は配達回数や飲食店と配達先との距離に応じて報酬を受け取ることができる。ほとんどの都市では、配達者登録ができるのは19歳以上である。Uberドライバーも配達者登録が可能である。〈引用:Wikipedia〉

ところで、今回の騒動は配達員の質の低すぎが原因。

予定時刻を30分遅れたことは100歩譲るとしても、スープがこぼれるなど、配達料理

がくずれた状態というのは利用者には容認できないことだと思います。受取拒否され

てもしようがない。その結果、配達員の給料にどれだけマイナス影響が出るかはわか

りませんが、だからといってその料理をマンションの共用部分にぶちまけるなどもっ

てのほか。やっと配達したのにクレームを付けられた配達員の気持ちもわかるけど、

だからといって料理を他人のマンションにぶちまけるかって話です。

そんな事をするぐらいの人間ですから、配達料理についても乱暴な扱いをして配達を

していたのではないかな、と思われてもしようがない。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。