スポンサーリンク

池袋事故の87歳男性、検査では「認知機能低下恐れなし」しかし暴走して母子をはね殺す【管理人の感想】

スポンサーリンク

免許更新で「認知機能低下恐れなし」 池袋事故の運転手87歳

東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡、車の運転手(87)を含む男女8人が重軽傷を負った事故で、運転手が平成29年の免許更新時に受けた認知機能検査で、記憶力や判断力に問題はないと判定されていたとみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。ドライブレコーダーの解析などから、ブレーキを踏まずに加速を続け、歩行者らに突っ込んだとみられることも判明。警視庁は加齢などに伴う運動能力の低下が影響し、運転操作を誤った可能性があるとみて調べる。

運転していたのは、東京都板橋区弥生町、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長。捜査関係者によると、事故の約2年前の29年に免許を更新した際、75歳以上が義務付けられている認知機能検査で、問題は確認されなかった。認知機能の低下の恐れがない「第3分類」と判定されたとみられる。事故後の警視庁の調べにも、「持病はない」と話しているという。・・・(後略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000541-san-soci

認知機能検査では合格していたが池袋で暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

東京・池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、事故を起こした男性が暴走中にハンドル操作をほとんどしていなかったことが、捜査関係者への取材で明らかになった。赤信号の交差点を猛スピードで突っ切っており、通行人を回避しようとした様子もなかった。警視庁は、男性が最初の接触事故に動転したことが、暴走の一因になったとみている。

画像

【写真】夜になっても母子を悼む人たちの姿が絶えません

 男性は旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)。同庁によると、飯塚元院長の車は歩道と車道を隔てる金属製の柵に接触した後、約150メートルにわたって暴走。歩行者らを次々にはねた。自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡したほか、飯塚元院長と同乗していた妻を含む8人が重軽傷を負った。

飯塚元院長は入院しており、同庁は回復を待って自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で事情を聴く。

捜査関係者によると、現場付近の防犯カメラの映像などから、車が片側2車線の直線道路を蛇行することなく、猛スピードで走行していたことが判明した。飯塚元院長がパニックを起こしていた可能性があるという。

飯塚元院長は同庁の任意の調べに「アクセルが戻らなくなった」と話しているという。同庁はアクセルやブレーキの踏み具合などを記録するイベント・データ・レコーダー(EDR)を回収し、衝突前後の車の動作、走行速度などを解析して事故の詳細を調べている。

飯塚元院長は東大を卒業後、1953年に通産省に入省。89年に工業技術院長を退官後、大手企業の役員を務めた。〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000053-mai-soci

管理人の感想

またもや、高齢者運転の車が悲惨な死亡事故を起こしました。

青信号の横断歩道にノーブレーキで突っ込み、自転車で渡っていた松永真菜さん(31)と

長女莉子ちゃん(3)をはね殺したうえ、飯塚元院長と同乗していた妻を含む8人が重軽傷

を負いました。

車はホント、とてつもない凶器に変わるんですね。

こんなひどい事故の結果を聞くと殺意はなかったことはわかりますが、事故を起こした加

害者を非難したくもなります。

2年前は「記憶力」や「判断力」に問題なし

2年前の免許更新時の年齢は86歳前後でしょうか。その際、受けた認知機能検査では記憶

力や判断力に問題はないと判定されていたようです。

でも、大脳前頭葉の認知力や判断力が正しくても、その結果、運動神経にどう指令が届

いて実際に手足がどう動くかは別の話です。

※追記(4月21日)

近所の人の話では、事故を起こした飯塚元院長は1年前からは杖をついており、足が不自由

だったということです。足が不自由で外出するのに不便なので、車の運転を再開したとい

うことですが、足の不自由な人がその足でブレーキやアクセルを操作するとは怖すぎで

す。免許更新では足の機能確認は絶対にすべきだと思いますね。

免許更新時には、認知機能検査の他に運動能力検査とかはあるんでしょうか。

シミュレーション画像を見て、とっさにブレーキを踏むとかハンドルを切るとかの検査や

ってるのでしょうか。

運転席から高齢ドライバー(おそらく80代後半以上)が、ドアにつかまり立ちしながら、

ソロリソロリと降りてきて、杖をつきながらヨロヨロとスーパーに入っていく様子を見た

こともあります。きっとこういう高齢ドライバーが何かの拍子に、ハンドルもブレー

キも正常に操作できずに事故を起こしているんでしょうね。

この87歳の高齢ドライバーは、東大出の工業技術院長までした人とのこと。

東大出ということですから若いときは特に暗記力は良かったはずだし、普通に運動神経も

良かったはず。

こんな悲惨な事故を引き起こした原因はやっぱり、高齢になったが故のあらゆる能力の低

下と言わざるを得ないよ。

脳の細胞の劣化は個人差があって、若いときにどんな優秀だった人でも認知症になること

もあるし、他人より劣化が大きい人もあるはず。

この87歳男性は、最初の接触事故でパニクってその後、暴走したようだけど、接触した時

点でブレーキを踏んで停車さえしていたらと思うと、亡くなった母子が気の毒過ぎます

。大切な母親と可愛い子どもを亡くした家族はこの先、どう生きていきゃいいんだ。

高齢者になったら、自分の客観的判断で車の運転を止めようと思っているけど、もうその

時には自分の事がわからなくなっているんですよね。

ああー、歳はとりたくない。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。