スポンサーリンク

85歳以上のドライバーは全国に60万人!高齢者運転の事故を防ぐには【管理人の感想】

先週金曜日、東京・池袋で起きた87歳ドライバーの交通事故は他人事ではないですよね。

長生きすれば誰でも高齢者になるもの。

1年ほど前のニュースですが、85歳以上のドライバーは全国に60万人もいるそうです。

スポンサーリンク

85歳以上のドライバーは全国に60万人!高齢者運転の事故は他人事ではない

画像

〈90歳が運転する車が暴走 4人をはね1人死亡(神奈川・茅ヶ崎市 5月28日)〉

85歳以上の事故件数は、75歳未満の4倍!

1年間で418件。

これは昨1年間に起きた75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故の件数。
まさに1日に1件以上起きていることになり、全ての死亡事故に占める割合は12.9%にのぼる。

警察庁が、ドライバーの年齢層別に分けて死亡事故件数の平均を調べた結果、免許保有者10万人当たりで75歳未満が3.7件だったのに対し、75ー79歳は5.7件、80ー84歳は9.2件、85歳以上に至っては14.6件と、75歳未満の4倍近くにも達している。

高齢ドライバーによる事故が社会問題となっているのは、データからも裏付けられている。

85歳以上の免許保有者は約60万人も・・・

昨年末の時点で運転免許を持っている人は8225万5195人。
このうち、65歳以上は1818万3894人で全体の22.1%を占め、免許を持つ人の5人に1人以上が65歳以上ということになる。

75歳以上では539万5312人(全体の6.6%)が保有していて、そのうち85歳以上は59万164人(全体の0.7%)を占める。

認知症検査を強化・・・必死の取り組み

相次ぐ高齢ドライバーによる事故をどう防ぐか?
そのひとつが「認知症対策」だ。

警察庁の昨年の統計でも、死亡事故を起こした高齢ドライバーの49%が「認知症の恐れがある」、もしくは「認知機能低下の恐れがある」に該当するという特徴が出ている。
こうした背景から、道路交通法が改正され、昨年3月施行された。

75歳以上は免許更新の際の認知機能の検査で、認知症の恐れがある「第一分類」と判断された場合、医者の診断を受けることを義務化。
もし認知症と診断されると、各自治体の公安委員会による最終的な判断で運転免許が取り消される。

つまり、認知症に対して〝広い網〟を張ることで、事故を防ごうという取り組みなのだ。

自主返納すると公共交通機関割引も

ふたつ目は「免許の自主返納」。

警察では、運転に不安を抱えるなどの高齢ドライバーに対し、免許の自主返納を呼び掛けている。
返納することで、バスやタクシーなどの公共交通機関を利用する際、割引を受けられるなど、様々な支援も充実してきた。

自主的に返納する人は右肩上がりに増え続け、75歳以上で返納した人は昨年1年間で25万3937人となり、制度導入以降、最多となった。

免許返納・事故減少は「地域全体の課題」

たしかに、免許を返して車を運転する高齢者が減れば事故は減少するかもしれない。
一方で、地域によってはマイカーは暮らしに欠かせない移動手段で「手放せない」という人も多くいるのが現状だ。

「高齢ドライバー問題」は個人・家族だけの話ではなく、地域全体で考えていく課題と言えそうだ。(2018年5月30日 FNN)〈https://www.fnn.jp/posts/00317320HDK

管理人の感想

この記事を読むと、85歳以上の死亡事故率が他の世代に比べて格段に大きいですね。

死亡事故件数の平均を免許保有者10万人当たりで調べると、75歳未満が3.7件だったのに

対し、85歳以上は14.6件と、75歳未満の4倍近くにも達しています。

しかもこの85歳以上の免許保有者が60万人もいることを考えると、実際の死亡事故件数は

全国で87.6件(14.6件✕6=87.6件)にもなります。

もし、85歳以上の高齢者が全員、免許を返納したらこの死亡事故の被害者は0人というこ

とになりますよね。

人の命に軽重はないけれど、いつ亡くなってもおかしくない90歳前後の高齢者が無茶な運

転をして、子供や働き盛りの若い人を轢き殺す事故を見ると正直、割り切れない思いがし

ます。

死亡事故率の高い85歳以上の高齢者は原則、運転免許を禁止にしたらどうでしょう。それ

でも乗りたいという人には、今よりも詳しい検査をして75歳未満の世代と同等の能力(認

知能力・運動能力など)を確認できた人にだけ運転免許を許可するのです。つまり現在の

原則OKの状態から原則禁止にするのです。

年令による差別だと言われるかな。

でも車の運転は技能のいるものですし、ちょっとでも間違えると凶器にもなることを考え

れると、原則運転禁止を考えてみる価値があるかも。

一方で、車に乗れない高齢者の生活を守る必要があるので、各市町村で車に乗れない高齢

者の生活を支える具体的な施策はいるよね。

特に田舎では。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。