スポンサーリンク

池袋暴走の元院長「何度かブレーキを踏んだが利かなかった。アクセルから足を離したが下がったままだった」 そんな訳無いだろ!【管理人の感想】

画像

池袋暴走の元院長

スポンサーリンク

管理人の感想

悪質だよ!この旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三(87歳)は。

交通事故をわざと起こしていないことはわかります。

ところが、若い母親と幼い女の子をはね殺し、多数の人を怪我をさせたこのジイさん、自

分の運転ミスを認めていないそうです。

ミスを認めていないっていうことは、事故は自分の車が起こしたけど運転していた自分に

は責任がないということを暗に主張していることになるのではないかな。

この元院長「何度かブレーキを踏んだが利かなかった。アクセルから足を離したが下がっ

たままだった」と主張しているけど、そんな訳無いだろ!じいさんよ!

アクセルから足を離して、ブレーキを踏んだら車は必ず止まるに決まっている。(車に異

常がなかったことは既に証明されています)

人の命を奪った重大ミスを認めたくないという心理だろうけど、未だにミスを認めていな

いとは、相当悪質なジイさんだと言わざるを得ない!

もう一度、言うけど、「アクセルから足を離してブレーキを何度も踏んでいるのに、自動

車が加速するわけねーだろ!」

事実はジイさんがブレーキを踏まずにアクセルを踏み込んでいただけのこと。

こんなもん、逮捕して留置場に入れて事情聴取したらいいと思うよ。手間はかかるけど。

死んだ人の命は二度とかえらないので、元院長・飯塚幸三のできることは、遺族の気持ち

が穏やかになるにはどうすべきかをただひたすら考えることしかないと思います。

なのに未だに、アクセルから足を離してブレーキを踏んだけど車が勝手に動いたなんて言

ってるようでは、遺族の怒りが増すばかりでしょう。

何だか、この先、素直に謝らないような気がするな。

池袋暴走の元院長の息子、骨折の80代女性を訪れ謝罪 女性の長男「かなり神妙な面持ち」…「とくダネ!」が取材

20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、東京・東池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が運転する車が赤信号を無視して暴走し、松永真菜さん(31)と、長女の莉子ちゃん(3)が死亡、10人が負傷した事故について特集した。

番組では事故によって左肘を骨折し、現在も入院中の80代女性の長男に取材をした。19日に女性が入院する病院を元院長の息子と代理人が訪れ謝罪をした。

長男は「今回、父が起こした一連の事故に対しまして大変ご迷惑をかけましたというようなお話と、それによってお怪我をされてることに対して一日も早い回復を願いますと」という謝罪の言葉があったと話した。

また、元院長の息子の様子については「かなり神妙な面持ちで対応していたと思います。当然、被害に遭われた被害者への償いもそうですが、きょう来られた息子さんを見ておりますと、やはり自分自身の周りに対するそういった影響もあるということで、非常に表情を見ていても思うところがございました」と明かした。

フリーアナウンサーの小倉智昭氏(71)は「もちろん被害者側が最もお気の毒ですが、加害者の周辺の人たちもどれだけご苦労なさっているのかというのが伝わってきますよね」と印象を語った。5/20(月) 9:26配信 スポーツ報知〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000042-sph-soci

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。