スポンサーリンク

サーフィン中?男性死亡 平塚の海岸、波浪警報発令〈感想…自然をナメてはいけません〉

画像

スポンサーリンク

サーフィン中?男性死亡 平塚の海岸、波浪警報発令

8日正午ごろ、神奈川県平塚市高浜台の海岸で、「サーフィンをしている人が溺れている」と、男性会社員(24)が近くの人を通じて119番通報した。男性が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

平塚署が男性の身元などを調べている。署によると、サーフボードが海岸に流れ着いたことを不審に思った男性会社員が、約100メートル先の海面に浮いている男性を発見した。

当時は台風15号接近の影響で平塚市内に波浪警報が発令されていた。
9/8(日) 20:40配信 カナロコ by 神奈川新聞
〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000015-kana-l14〉

ネットの声・考え

fle***** 
いつも思うけど….台風や大雨の予報が出ている中、海に行く人の気が知れない。

山や海のレジャーが趣味なら、他の人以上に天気には敏感なはずでは?と思います。

tas***** 
世の中には自己判断が最優先され、他者のアドバイスや意見をスルーする人が一定数いますね。今回の事故も台風の影響で普段より大きな波を期待してのサーフィンで残念な結果となりました。成長する過程で危険を感じる能力が育まれなかったのかなぁ。

tk4***** 
救助する側は命懸け。
非常識な人に振り回されて可哀想です。

kun***** 
こういうニュースを見るたびに思うが、波浪警報が出ているのに行って、救助に行く人の命を危険にさらしている事実があります。冬では、入山規制があるのに無視して、スキーなどをして遭難したから助けてって。はっきり言って冷たいようですが、自業自得だと思います。

tsn***** 
こういうニュースがいくらあっても自分は大丈夫と思ってる方が行ってるんだと思います。
命がけで助けるレスキューの方や家族などまわりのことも考えて行動してほしいです。

nor***** 
愚かな。でもそれも運命だったのだろう。自然は最強。遊ぶなら真剣に。

jmp***** 
本望でしょうね




mat***** 
登山は天候が悪くなった方が良いとはならないが、サーフィンは天候が荒れた方が波が大きくなって楽しいのかもしれませんが、波浪注意報が出てる場合は法律で罰則をつけるべき。

自称野球評論家 
強い風で発生した波は本当に抵抗できない。波の間隔も早いし、パワーがめちゃくちゃある。それでも容赦なく襲いかかるから、サーファーは海に入らない選択肢を常に持たなければならない。

テリマカシ 
よく言われるのは山男は悪天候時絶対に無理をしない。なぜなら、遭難時に救助隊を頼むと全財産を潰すような出費となるから。

その点、海のレジャーの場合はサーファーにしろ、釣り師にしろ、脇が甘い。何かあっても海上保安庁が無料で助けてくれるから。

税金の無駄遣いを避けるためにも、海難にあった船員や漁師の場合はともかく、レジャー客の場合は必要経費を徴収すべきだと思う。

tos*****
波浪警報が出ていても、いい波が来ると思いサーフィンする賢い奴。
仏さんには申し分ないけど、自業自得。
20年以上前にも同じ事をした賢い奴らがいた。
その時は幸い生きて帰れたが、サーフィンをした理由が「いい波が来ると思った。」と、幼稚なコメントだった。
救助する側も命がかかっているのだから、迷惑をかけるような事は謹んでもらいたい。

a_a***** 
命よりも一瞬の楽しみを選んだ結果。
三途の海でのサーフィンは命を捨ててまで取り組むほど魅力的だったのか。
山ほど事例のあることに、なぜ自分は大丈夫だと思ったのか理解に苦しむ。

joe*****
救助の人が無事なら良かった。こういうのは事故じゃないから、山と同じで、費用請求できなければ、救助不要でもいいと思います。救助員の育成にも費用がかかっています。自己責任として、無駄な費用は使う必要はないと思います。




サラリ一万太郎 
私もサーフィンをしていて海で危険な思いをしたことがあります。

海でまで2時間近くのところに住んでいて、学校やアルバイトの都合から、海に行ける日が限られており、危険を承知しながら大きなうねり大きな波の魅力に勝てず入祭しておりました。

サーフィンが上達してからは当然にそのような危険な状態の海に入る事はなく、初心者ならではの浅はかな行動でした。

自分にどんなに体力や技量があったところで、自然の力に敵うわけもなく、海の状態と自分の欲求を天秤にかけて適切な判断が出来ないのも自分の未熟さです。

せっかく海に来て入らずに帰るという判断は難しい事ですが、事故を起こすリスクを考えて行動して欲しいと、いまの自分はそう思います。

亡くなってしまった方が、もしかしたら上級者の方だとしたら私がコメントするのはおこがましい事ではありますが、海を悲しい場所にしないようにして欲しいと思います。

hay***** 
最後は好きなことして好きな場所で亡くなったなら本望だろう。

nao***** 
さぞ波が荒くて興奮したでしょう!
大好きな海のなかで亡くなるのだから、本人は幸せなのでは?

不謹慎だとは思いますが、正直な気持ちです。

aoy***** 
死んでも良いと思って波乗ってるよね?
自ら死にに行くやつは助けなくても良いと思う。死んでも自業自得
判断のつかない小学生とかは別てますが…
波乗りたい気持ちも分かるが、死にに行く覚悟もあるというのが前提だと思う。

aoi***** 
自然を相手にするスポーツ、趣味はいかなる時もリスクがあります。
危険回避するアンテナ、能力が未熟だったのでしょう

青年が亡くなった事はとても残念でなりませんが、捜索、救助する隊員が無事であったのは幸いです

発見が遅れたり、後日捜索となっていたならば許せる範囲でギリギリまで捜索は続けられていたと思います。

昨日から頻繁に天候が急変する台風だとTV天気予報では伝えていました
捜索隊も命がけです

あくまで予報は予測でしかなくどのタイミングで猛威を奮うかなんてわかる訳がありません

まだ台風は遠くにあるから少しなら大丈夫だろうとエントリーしてしまったのでしょうね

もしかすると他にもエントリーしているサーファーが居たかもわかりません

同じ考えの人が居るなら自分も大丈夫だろうと過信しがちです

台風関連の繰り返される事故のニュースが減ること、無くなることを願ってます。

Kai 
近所に台風の日のサーフィンで亡くなった人がいます。数年前のことです。普段、サーフィンをしてることすら知らないくらいのおっとりした人でしたのでビックリしました。仕事前の早朝にサーフィンに出かけたとのことでした。
こういったニュースが流れる度に思いだしますが、同じような事故が無くならないのは残念でなりません。
夏の海難事故、水難事故は付き物で、海の近くに住んでいると毎年のように人が亡くなります。
簡単に避けられた事故や避けるのが難しい事故もあります。
普段、川や海で遊ぶことが少ない方は大げさなほどの注意が必要です。事故は起こるものだという前提で対応するしかないです。
最近の事故では、熱中症(おそらく)で溺れてしまった方が居ました。水の中だからといっても水分補給は必須です。
事故にあった方のご冥福を祈ります。また海の事故、川の事故が無くなることを心から祈ります。




管理人の感想

お気の毒ですが、命を落としたすべての責任は波浪警報が発令されているのに海に入

ったサーファーにあります。

ハワイで見るような大波は、太平洋の孤島のハワイだからこそ発生する大波であっ

て、日本ではお目にかかれません。ましてや日本海の波は小さいものしか発生しませ

んよね。

そんな日本の波が大きくなるのはまさに台風の時。

でも台風の大波は、晴天時に貿易風?偏西風?によって発生するハワイの大波とは違

って波の下の海水が渦を巻いていて、飲み込まれると身体がキリキリ舞いになって非

常に危険。波が大きけりゃ、いいというものではありません。

波浪警報をナメてはいけません。

家族を悲しませてはいけません。

止める勇気を持つのが、自然を相手にする真のアスリートだと思います。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。