経済一覧

NO IMAGE

福島原発の莫大な「事故処理費用・廃炉費用」は一体いくら?この先、原子力発電をどうするか?

これら、事故処理関連費用と廃炉費用を含めると、総合計11兆円。ところが、この巨額の11兆円でも足りないことがわかり、電事連が試算するとさらに8.1兆円が必要になるというのです。ということは総合計で19.1兆円の負担。 これの、どこが安上がり?

NO IMAGE

自己投資していますか?でも、ご注意!無駄な自己投資のトップ3

たとえば、「旅行」などはリフレッシュのために効果はあるでしょうが、私は単なるレジャー、もしくは「自分へのご褒美」的なものと思いますね。旅行をして自己投資したという感じではないです。「自己投資」といえば、やっぱりキャリアアップの可能性を持っている「資格取得」だと思うんですが。次は、ファイナンシャル・プランナー(FP)の女性10人に、・・・・

NO IMAGE

豊洲市場でさらに困ったことが!環境基準を超えるベンゼンとヒ素を検出!~環境基準の法的拘束力は?

豊洲市場問題でさらに困ったことがありました。こないだの地下水分析結果が環境基準値以下か、ボーダーギリギリの測定値だったことから、私は今後、それ以上の数値が出ないだろう、出なければいいなあという希望的観測をしていました。  ところが、昨日の報道で都のモニタリング調査の結果、環境基準を超えるベンゼンとヒ素を検出した・・・・・

NO IMAGE

女子大生風俗嬢、経営者の言葉「どんな偏差値の高い大学の学生もいるよ」~リアルな話!

女性にはわからないでしょうが、男は「女子大生風俗嬢」と聞くだけでそそられます。男ってホント、「バカな生き物」です。 でも、みなさん、誤解しないでください。そそられた結果、性犯罪や迷惑行為に手を染めるということでは決してありませんから。(ただし、一部の悪い奴らをのぞいてはね。) 「殺したいほど憎い」と思っても、大方の人は人を殺したりはしませんし、・・・

NO IMAGE

豊洲市場の「たまり水」は地下水。環境基準を満たしていても、豊洲市場にゴーサインは出せないの?

さて、これまでの地下空間の水質検査では、環境基準を超える有害物質は出ませんでした。 問題点は、今のところ、シアン化合物が検出されたことだけでした。これも何棟かある建物のすべての地下空間の水質検査をしてみないとはっきりしたことはわかりませんが、・・・・・・

NO IMAGE

大学生向け奨学金について~返せない人が増えている。何が問題か?

5年ほど前、NHKが「クローズアップ現代」で、『奨学金が返せない ~若者たちの夢をどう支えるか~』という放送をしました。この番組のテーマは、「若者の可能性を広げるはずの奨学金が、夢を奪いかねない現状をどう打破できるか、その方策を探る。」というもので、現在、奨学金が大きな問題を抱えているというのです。・・・・

NO IMAGE

NHK受信料、やっぱり違和感あり。~NHKだけ受信できないテレビを設置したら?

NHKも含め、いずれも法人には変わりないのに、なぜNHKという法人だけに受信料を払わなければならないのでしょうか。 もちろん、放送法第64条第1項において、「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と規定されていることが根拠になっているのはわかりますし、裁判においてもおおむねNHK側の主張が認められているのも承知しています。 僕はこの放送法第64条第1項自体が、法的に合理性を欠くように思うのですが、・・・・

NO IMAGE

公的施設の命名権(ネーミングライツ)売却はYES、NO?市民にとって良いのはどっち?

今朝、京都新聞に、「施設命名権(ネーミングライツ」の売却対象となる施設を一定、制限していく方向だという記事が載っていました。この「施設命名権(ネーミングライツ」の売却は全国の自治体に広がっているといいます。 国も自治体も借金漬けの時代ですので・・・・・

NO IMAGE

日銀の追加金融緩和。上場投資信託(ETF)とは何?投資信託とは何?買い入れるとどうなるの?

日銀は29日、金融政策決定会合において、追加金融緩和を賛成多数で決めました。緩和は1月のマイナス金利政策の導入以来、6カ月ぶりです。主な政策は株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の買い入れを現在の年3.3兆円から6兆円に増額するということです。さて、ここで「投資信託」とは、「ETF」とは何でしょうか。

NO IMAGE

GPIFの2015年度運用損益正式発表、5兆3098億円の赤字、これまでの運用実績は?

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は本日、2015年度の運用損益が5兆3098億円の赤字に転落したと発表しました。公的年金の自主運用を始めてから、赤字幅が4番目の大きさだということです。問題は、自主運用を始めてからのトータルの損益です。自主運用は、2001年度(年金資金運用基金が、厚生年金および国民年金の積立金の自主運用を行う)から始めまし

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク