スポンサーリンク

書店3店、万引防止に顔認識システム 共同運用へ調整、渋谷で実験【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

書店3店、万引抑止に顔認識技術 共同運用へ調整、渋谷で実験

東京・渋谷駅周辺の大型書店3店が、防犯カメラと人工知能(AI)による顔認識技術を使い万引を抑止するシステムの共同運用で最終調整していることが4日、分かった。読書離れやインターネット通販の台頭による経営の苦境に万引被害が拍車を掛けており、対策を強化する。実証実験から始め、NPO法人の全国万引犯罪防止機構(東京)と協力して段階的に全国に広げたい考えだ。

小売業界で防犯や顧客分析への顔認識技術の利用が増えているが、系列の異なる店舗が共同でシステムを運用するのは異例。関係者によると、参加するのは全国チェーン大手と東京の私鉄系書店、渋谷が地元の大手書店。5/4(土) 15:57配信 共同通信〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000071-kyodonews-bus_all

ネットの反応

ldf
万引きで閉店せざるを得ない店が有りますからね。窃盗罪も実刑にすればいいかも知れませんね。


rpm
万引きって言う、呼び方を辞めて、いいかげんに窃盗と呼ぶべき。
現行犯でなくても、防犯ビデオで逮捕できるようにして欲しい。コンビニや100均は本当に深刻な問題。レジが混んでる時を狙ってくる。ただ、店長やオーナーさんもわかっていても見逃している部分もある。警察を呼ぶとそれだけで、半日は現場検証や事情聴取で従業員の時間がとられてしまう。ただでさえ、人手が足りないのに、急遽ヘルプを探すのも大変。事情聴取応対している従業員にも仕事なので、お給料は払わないといけない。
数百円から数千円の万引きだが、通報することによる店の人件費の負担は、盗まれた額より多い。殆どの店は盗まれた商品代だけ返してもらい、人件費の部分は請求しない。


あれを強引に寄っちゃダメだぁ~
本屋は書籍の流通形態の特殊性もあって1冊万引きされたらその分の利益を取り返すのが大変だし、ブックオフとかで簡単に盗んだ品を換金できるから万引きのターゲットになりやすいということもあって万引きは他の業界より切実な問題。
昔、某ドラックストアチェーンが言ってたような「万引き被害も宣伝経費の一部」なんてことにはならない。


RON
私のよく行くスーパーは高齢者で痴ほう症の方が万引きで困っているそうです。 悪気がないのはわかるけれど万引きGメン(警備会社)もタダじゃないしご家族を呼んだらかわいそうなくらいに謝るし警察に言っても消極的に「お店と当人とで話しあってみては」と言われるそうです。 昔もこういうことってあったのかもしれませんが今はお店に行くと「万引きは犯罪です」のポスターがあちらこちらに貼ってあるからよほど多いんだろうなってのはわかります。 ご家族も働かないと生活できないしおじいさんおばあさんの面倒を見る余裕がないのかもしれません。 万引きで閉店もあるそうなのですがこれといった解決策がないのではないでしょうか?  顔認識システムも画期的ではありますが個人情報の共有=課ならz漏れる国ですからさらなる悪しき状況も起きるかもしれません。 段々困った国に落ちていくようで不安になりますね。


dsa
すでにイオンとか大手スーパーはメーカーと組んでシステムを運用しているよね。
店舗での万引き犯やトラブルメーカーは顔と容姿と動作認証でシステムに登録されるから、全国どこの店舗にあらわれても入店時にアラームが鳴って、すぐに警備と店舗スタッフにマークされる。

これを各スーパー、小売店、コンビニ、警察で共有したら確実に万引きは減りますよ。


pis
万引きではなく窃盗と言いましょう!
立派な犯罪です。

そして、店舗や系列や地域などを超えて情報共有は良い事だと思います。
しかし、誤認情報やハッキング、個人情報の取り扱いの難しさがあります。
この点も留意して運用して欲しいです


aru
万引き防止に役立つ…ってのはいいことだと思う。

だけど非常に怖いシステムでもあるよ、コレ。
もしも自分の顔データが誤登録されてたら、どうしたらいいんだ?
思いっきり冤罪の温床にもなりうるよね。

このシステムで扱う顔データの正確性や正当性をどう担保するのか。
また、非常にセンシティブなデータだが、情報漏れ対策などをどうするのか。

良い点ばかりではなく、問題点にも目を向けて、公明正大なシステムとして洗練していってほしいと思う。


ju
これ怖いのは誤登録と恣意的な登録。
民間組織が管理してるのが怖いところ。
警察みたいな省庁でもデータの不正閲覧や改ざんがあるくらいだから、民間人がどこまで人権を守って運用できるか。
実際に誤登録された人の経験談からして人権の問題になるシステムであることも忘れてはいけない。
運用方法に関しては早めに法規制をした方がいい。


sk2
軽犯罪を大罪にするというのも手だが、一時の気の迷いってのも誰もがとは言わないがある。私は未経験だけどね。でも、初犯で無ければ、きちんと窃盗として処罰は必要。それが原因で潰れる店だって有るんだから。ましてや金が有るのにやってしまったら多額の罰金とかね。食うに困ってやった子供と違い、ストレス発散目的でやったなんて輩は大罪とか。判断難しいだろうけど、落書きとか煽り運転とか、もっと法整備をして欲しいね。


ngc
個人信用情報機関への登録は個人の同意がなければできませんが、顔認識はその人の意思に関わらず登録されてしまいます。
犯罪抑止から見れば凄く有効な手段ですが、有無を言わさず個人のプライバシーがなくなるのには抵抗があります。
使う側の良心にゆだねる現状では不安がありますので、一般市民が不安なく生活できるような法整備を望みます。

管理人の感想

本屋さんにおける万引き防止の顔認識技術はすでに、全国で100店舗を展開をしている丸

善ジュンク堂で実施されています。ジュンク堂で万引きをした客はデータベースに登録さ

れて、以後、全国のどこの店舗に入ってもチェックされます。

今回のニュースはその顔認識システムを別会社である3社が共同して運用することになった

というもの。ただし、今の所、実証実験に入ったということです。

確かに、実験はしないよりした方がいいとは思うんですけど、これだけ万引き被害が書店

で問題になっているのですから、希望する書店は一発導入で良いと思うんですけど。

顔認識技術はすでにいろいろな場所で運用済みなんですから。

例えば、法務省入国管理局は、羽田空港の入国審査に顔認証技術を2年前から導入していま

す。

全国から顔認識システムに加入する書店が増えれば、コストも下がるだろうし、いいこと

ばっかりだと思うんですけどねえ。

万引きをしないお客さんからの反発や顔認識システムに対する社会的な反響を確かめたい

ということでしょうか。

僕は本屋さんだけでなくスーパーマーケットなんかも一緒になって顔認識システムを運用

したらよいと思うんですけど。

なぜなら、本屋さんで万引きするような人は、おそらくスーパーでも万引きしている可能

性が高いと思うんですよね。

顔認識システムの誤動作やデータベースへの誤登録も心配ですが、そもそも顔認識システ

ムの担当者に悪意があれば、故意で善良な市民を万引き犯人として登録してしまいますよ

ね。つまり、どんなに精巧なシステムを作ってもシステム内部に悪人がいると、誤った運

用は防ぎようがないと思うわけ。

ですので、間違った運用があったときの異議申し立て制度とか損害賠償とかの規則をしっ

かり作っておいたらいいと思うけど、実証実験でいろんな不都合が出てくるのでしょう

か?😅

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。