スポンサーリンク

ポリビニルアルコール(PVA)とは何?市販「液体のり」の成分、白血病治療の救世主に?【管理人の感想】

画像 科学技術
スポンサーリンク

画像

 

スポンサーリンク

市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆

白血病の治療で重要な細胞を大量に培養することに、東京大と米スタンフォード大などのチームがマウスで成功した。これまでは高価な培養液でもほとんど増やせなかったのが、市販の液体のりの成分で培養できたという。白血病などの画期的な治療法につながる可能性があり、専門家は「まさにコロンブスの卵だ」と驚いている。

白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、0・5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。このため、白血病の治療はドナーの骨髄や臍帯血(さいたいけつ)の移植に頼る場面が多かった。

東京大の山崎聡特任准教授らは、培養液の成分などをしらみつぶしに検討。その一つであるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。

PVAは洗濯のりや液体のりの主成分。山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。共著者で理化学研究所で細胞バンクを手がける中村幸夫室長は「結果を疑うほど驚いた。研究者はみんな目からウロコではないか」と話した。

大量培養できれば、臍帯血移植に使う造血幹細胞の不足が解消できたり、骨髄移植のためのドナーの負担を軽くできたりする可能性がある。別の幹細胞も培養できそうだといい、山崎さんは「再生医療や基礎研究に大きく貢献できるかも知れない」と話す。

 

管理人の感想

まず、最初に、アルコールと名前がついていますが、飲むことのできる酒のアルコールと

は違いますよ。飲めるのはエチルアルコール(エタノール)だけ。

 

一般に、炭化水素基(C-Hー)に、-OH基が結合している有機化合物をアルコール

と総称しています。

ですので、CHーOHはメチルアルコール(メタノール)と言って、アルコールという

名前がついていますが、飲んだら猛毒で視神経をやられます。ただけっこう身近なアルコ

ールで、アルコールランプの燃料です。

 

ポリビニルアルコール(PVA)とは

専門家でなくてもちょっと驚くニュースです。

白血病の治療には白血球や赤血球に変わることのできる造血幹細胞という細胞がたくさん

必要で、そのために造血幹細胞を培養して(細胞分裂させて)増やしているとのこと。

ところが造血幹細胞を培養するための培養液が高価なうえに、培養しても造血幹細胞があ

まり増えないらしい。

培養液0.5L(リットル)が数万円もするとのこと。確かにこれでは大変です。

 

ところが、市販の液体のり主成分のポリビニルアルコール(PVA)の中で造血幹細胞培

を培養したら、何と高価な専用培養液の数百倍も造血幹細胞が増えたのです。

これ、経費は安くなるし多量に作れるし、いいことずくめ。

ポリビニルアルコール(PVA)というのは、高分子化合物の仲間で、下記のような構造

式をしています。

理論上は、単量体(モノマー)のビニルアルコールを数千以上、重合させるとポリビニル

アルコールになります。

ただ、このビニルアルコールは不安定なので、直接ビニルアルコールを重合させることは

できません。(下図のような構造のビニルアルコールが存在できないということ)

 

画像

ですので、実際は安定な酢酸ビニルをモノマーとして使い、酢酸ビニルを付加重合してポ

リ酢酸ビニルを作ります。

できたポリ酢酸ビニルを水酸化ナトリウム水溶液(NaOH)で加水分解(けん化)すれ

ば、ポリビニルアルコールが作れます。

これが、液体のり主成分です。

 

ビニルアルコールが存在できない理由…「ケト-エノール互変異性」のため

どういうことかと言うと、「ケト-エノール互変異性」のため、ほとんどが「アセトアルデヒド」になっており、ビニルアルコールのような分子がほとんど存在しないということです。

ケトはケトン(アルデヒドも含む)のこと。C-C=O

エノールは、二重結合を意味するエンとアルコールを意味するオールの合成語で、二重結合の横にOHがある構造のこと。C=C-OH

C-C=OとC=C-OHは、異性体の関係ですが、これらにお互いに変化しやすく、速度が速いため、どちらの異性体も共存します。これを「互変異性」といいます。

ビニルアルコールとアセトアルデヒドの互変異性は対等の関係ではなく、C=O結合に対してC=C結合が不安定のため、アセトアルデヒド側に大きく偏ってしまい、単体として「ビニルアルコール」を取り扱えません。

 

ポリビニルアルコールには、水酸基(ーOH)が多数ついていますから、水との親和性が

強く水によく溶けますし、ということは水をよく吸います。

なので、ポリビニルアルコールを細孔から押し出して糸状にし、それを水に溶けないよう

するためにホルマリンで処理して不溶性にすれば(アセタール化と言います)、吸湿性の

ある実用的な繊維が作れます。これ商品名ではビニロンと言います。

 

今回は市販の安価な液体のりが高価な培養液より、性能が良いというということで、真実

のようです。

 

それで思い出すのが、「スタップ細胞」です。こっちは体細胞を酸につけて細い管を通す

ようなストレスを与えてやると、ES細胞ができるというびっくりな話だったけど、大嘘

だったんですよね。

自分の希望する結果と現実との区別ができなくなったんでしょう。

コメント