京都・「山陰ジオパーク」が認定取り消しの危機。ジオパークって何?

京都北部の京丹後市から、兵庫県、鳥取県にまたがる山陰海岸が、「山陰海岸ジオパー

ク」に認定されていて、それが認定取り消しの危機にあるそうです。

でもこのニュース、京都府民、兵庫・鳥取県民なら多少の興味を持つんでしょうけど、他

の都道府県の皆さんの興味をどれくらい引くんでしょうか。

こんなことを言うと、認定継続に向けて頑張っている皆さんに申し訳ないけど、率直な感

想としては、「ジオパーク認定取り消し」になったとして、それでどうなの?という感じ

です。

スポンサーリンク

ジオパークって何?

名前は見たことありますが、そもそも「ジオパーク」って何でしょうか。

皆さんはご存知でしたか。

「世界文化遺産」なら、もう少し知っているのですが。

「ジオパーク」に認定されたらどんないいことがあるんでしょうか。

観光客が増えるのでしょうか。

記事を読んでも、そのメリットがよく伝わってきません。

経済的にほとんど役に立たないのであれば、返上してもいいくらいのものではないでしょ

うか。なぜなら、ジオパークに認定されるとそれに関わるスタッフが当然必要となり、そ

の人件費(税金)も必要となります。

ジオパークとは

ジオパーク(英: geopark)とは、地球科学的な価値を持つ遺産(大地の遺産、ジオヘリテイジ、英: geoheritage)を保全し、教育やツーリズムに活用しながら、持続可能な開発を進める地域認定プログラムである。

ジオパークは、地球・大地を意味するジオ(Geo)と公園を意味するパーク(Park)とを組み合わせた言葉である。「ジオ」の意味を地質に限定した「地質公園」という表現を用いる国や地域もあるが、これは誤訳である。日本ではそのままジオパークの語を用いるとともに、意味を説明する際には「大地の公園」と表現している。
〈引用:Wikipedia〉

ジオパークの認定はどこがするの

「ジオパーク」には、(ユネスコ)が認定する「世界ジオパーク」と、日本の場合、日本

ジオパークネットワーク(JGN)が認定している「日本ジオパーク」とがあります。

もちろん、「世界ジオパーク」に認定されている日本の地域は、「日本ジオパーク」でもあります。

値打ちのあるのは、「世界ジオパーク」の方ですね。

地域が「ジオパーク」と名乗るには、ジオパークネットワークに加盟するための審査および認定を受ける必要がある。また、4年に1回、現地審査を含む再認定審査があり、加盟認定が取り消される場合もある。

世界ジオパークネットワーク(英語版)(GGN)の審査を受けて同ネットワークへの加盟を認定されているジオパークを、世界ジオパークと称する。これは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の正式事業である。なお、日本にある世界ジオパークは、すべて日本ジオパーク(後述)でもある。

日本ジオパークは、日本ジオパーク委員会(JGC)の推薦を受けると、世界ジオパークネットワーク(GGN)への加盟申請を行うことができる。日本にある世界ジオパークは、世界・日本それぞれの再審査・再認定を4年に1回受ける。

国や地域のレベルで認定されたジオパークも存在する。日本の場合、日本ジオパークネットワーク(JGN)に加盟している地域を日本ジオパークと称する。詳細は後述する。
〈引用:Wikipedia〉

「山陰海岸ジオパーク」は、ユネスコが認定している「世界ジオパーク」なんですね。

「知らんかったー😅」

現在、認定されているジオパークはどこ?

【世界ジオパーク…日本国内】

洞爺湖有珠山ジオパーク – 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

糸魚川ジオパーク – 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

島原半島ジオパーク – 2009年8月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

山陰海岸ジオパーク – 2010年10月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

室戸ジオパーク – 2011年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

隠岐ジオパーク – 2013年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年10月加盟)

阿蘇ジオパーク – 2014年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2009年加盟)

アポイ岳ジオパーク – 2015年9月加盟(日本ジオパークネットワークには2008年12月加盟)

伊豆半島ジオパーク- 2018年4月加盟(日本ジオパークネットワークには2012年8月加盟)

【世界ジオパーク…外国】

大韓民国
済州島ジオパーク

中華人民共和国
丹霞山ジオパーク
廬山ジオパーク
泰山ジオパーク
嵩山ジオパーク
神農架ジオパーク

ギリシャ
レスボスジオパーク

ハンガリー/スロバキア
ノヴォフラド・ノーグラード・ジオパーク

マレーシア
ランカウイジオパーク

【日本ジオパーク】

日本ジオパーク委員会(JGC)が認定している日本ジオパークは、2016年9月現在、43地

域です。(なお、日本にある世界ジオパークはすべて日本ジオパークとしても認定されて

います)

2008年12月加盟(7地域)

洞爺湖有珠山ジオパーク – 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟

糸魚川ジオパーク – 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟

島原半島ジオパーク – 2009年8月に世界ジオパークネットワークに加盟

アポイ岳ジオパーク – 2015年9月に世界ジオパークネットワークに加盟

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク

山陰海岸ジオパーク – 2010年10月に世界ジオパークネットワークに加盟

室戸ジオパーク – 2011年9月に世界ジオパークネットワークに加盟

2009年10月加盟(4地域)

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク

隠岐ジオパーク – 2013年9月に世界ジオパークネットワークに加盟

阿蘇ジオパーク – 2014年9月に世界ジオパークネットワークに加盟

天草御所浦ジオパーク – 2014年10月に天草ジオパークに合併

2010年9月加盟(3地域)

白滝ジオパーク

伊豆大島ジオパーク

霧島ジオパーク

2011年9月加盟(6地域)

男鹿半島・大潟ジオパーク

磐梯山ジオパーク

茨城県北ジオパーク – 2017年12月22日に認定取消し

下仁田ジオパーク

ジオパーク秩父

白山手取川ジオパーク

2012年9月加盟(5地域)

八峰白神ジオパーク

ゆざわジオパーク

銚子ジオパーク

箱根ジオパーク

伊豆半島ジオパーク

2013年9月加盟(7地域)

三笠ジオパーク

三陸ジオパーク

佐渡ジオパーク

四国西予ジオパーク

おおいた姫島ジオパーク

おおいた豊後大野ジオパーク

桜島・錦江湾ジオパーク

2013年12月加盟(1地域)

とかち鹿追ジオパーク

2014年(平成26年)8月28日加盟(3地域)

立山黒部ジオパーク

南紀熊野ジオパーク

天草ジオパーク – 2014年10月に天草御所浦ジオパークが合併

2014年12月加盟(1地域)

苗場山麓ジオパーク

2015年8月加盟(3地域)

Mine秋吉台ジオパーク

三島村・鬼界カルデラジオパーク

栗駒山麓ジオパーク

2016年9月加盟(4地域)

下北ジオパーク

筑波山地域ジオパーク

浅間山北麓ジオパーク

鳥海山・飛島ジオパーク

2017年12月加盟(1地域)

島根半島・宍道湖中海ジオパーク

ジオパーク認定の経済効果

日本ジオパークはたくさんあるけど、認定の結果、果たして観光客は増えているのでしょ

うか。

はっきりしていることは魅力がないと、楽しくないと観光客は来てくれませんよね。

次は、ジオパークの楽しみ方です。

ジオパークは地球活動が生み出した地形や地質だけでなく、それらと深くかかわりのある人々の暮らしや歴史、食べ物も対象になります。目で見て分かる美しい景色、耳を使って聴く温泉の湧き出る音や鳥達のさえずり、香りで分かるその土地の雰囲気、手を使って知る土や石の感触、舌で味わう地元の美味しい料理。ぜひ、自分の五感をフルに活用し、ジオパークのすばらしさを全身で感じて下さい。目の前に広がる景色や、口にする料理の中に、地球(ジオ)と人々とのかかわりが感じられるストーリーがたくさん隠されています。

また、各地域の協議会に連絡してガイドを頼んでみてください。きっと、今まで気づかなかった大地の営みや自然をさらに深く楽しめるはずです。 〈引用:日本ジオパークネットワーク

私には、ちょっと無理やり感があるのですが😅

こうした楽しみ方をアドバイスされなくても、これまでみんながやっていたことではない

でしょうか。

要はジオパークの地域に旅行して、きれいな自然を満喫し、ご当地の新鮮で美味しい食べ

物を食べて、心の洗濯をしようってことではないでしょうか。

結論

「ジオパーク活動」を皆さんが頑張ってやっているのに、へそ曲がりなことを言ってすみ

ません。m(_ _)m

でも、ジオパークに認定されたことが、即、集客につながらないように思いました。

京丹後市の”立岩”〈引用:京都府ホームページ〉
柱状節理が美しい!
画像

【柱状節理とは】

火山活動で溶岩(玄武岩)が地表に吹き出てくると、急冷されて冷え固まるときに収縮して、一定の方向にひび割れが入ります。それを柱状節理と言います😊

京都府の山陰ジオパークは、ずっと以前から若狭湾国定公園に指定されており、日本三景

の一つ「天橋立」があり、記事にあるような奇岩・立岩(玄武岩の柱状節理が美しい)も

あります。しかし、観光客は減っており、ジオパークは集客につながっていません。

田舎にどのようにして観光客を呼び、経済を活性化するのかということは、ジオパークの

認定とは別のことかも知れません。

もし、山陰ジオパークに認定されたことが、観光客の増加に結びついていて、そのことが

地元の人々に肌で感じられていたら、ジオパーク活動がもっと盛んであるはずです。

山陰ジオパークに「イエローカード」 京都、認定取り消し危機
5/13(日) 20:20配信 京都新聞

京都府京丹後市の経ケ岬から鳥取県にかけて3府県約110キロにわたる山陰海岸ジオパークが、認定取り消しの危機にひんしている。日本ジオパーク委員会は昨秋の再審査で地域間の連携不足などを理由に「条件付き再認定」とした。実質的な「イエローカード」で、関係者らは「今夏の世界審査でも同じなら、認定取り消しもある」と危機感を募らせる。
垂直に伸びた柱状節理が美しい同市丹後町の巨大な一枚岩・立岩。

・・・(中略)

「ジオパーク内のあらゆるレベルでの連携を欠いており、持続的な運営形態になっているとは言いがたい」。昨年9月末に日本ジオパーク委員会が発表した審査結果には厳しい言葉が並ぶ。

各地での活発な取り組みは評価した一方で、各自治体や住民、企業間での活動が連携不足と指摘。「ジオパークを使って地域全体をどうしたいのか。課題を先送りせず早急に解決する必要がある」と改善を求める警告を発した。実際に「茨城県北ジオパーク」は17年に認定取り消しとなっている。

・・・(中略)

京丹後市もガイド育成や鳥取県でのイベント参加などを進めている。同推進協の秋吉秀剛事務局長(60)は「イエローカードは取り組みの質を上げるいいきっかけになった。今後、エリア内を周遊できるよう横のつながりを強め、ニーズに応じた多様なジオツーリズムを展開していきたい」と力を込めた。
昨年末に施行された市観光立市推進条例は「山陰海岸ジオパークなど、世界的な展開ができる持続可能な地域を創造する」とうたう。市や市議らは原点に立ち返り、ジオパークをどう活用し、市民とともに地域を育むのか考える必要があるのではないだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。