スポンサーリンク

大川小訴訟 事前防災の不備認定、市・県に賠償命令の遺族側勝訴確定 最高裁

画像

スポンサーリンク

大川小訴訟 事前防災の不備認定、市・県に賠償命令の遺族側勝訴確定 最高裁

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が市と県に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は市と県の上告を退ける決定をした。震災前の学校の防災対策が不十分だった過失を認め、市と県に約14億3600万円の支払いを命じた2審仙台高裁判決が確定した。

一連の津波訴訟で、行政側の事前防災の不備を認定した判決が確定したのは初めて。児童や生徒を災害から守るための国や自治体の対策に一定の影響を与えそうだ。決定は10日付。5裁判官全員一致の結論。

大川小では児童108人のうち70人が死亡、4人が行方不明となった。遺族は学校の管理責任を問い、平成26年3月に提訴。訴訟では、予見可能性の有無のほか、津波襲来の直前まで約50分間、児童を校庭に待機させた判断の適否などが主な争点だった。

28年10月の1審仙台地裁判決は、市の広報車が高台への避難を呼び掛けた時点で裏山に児童を避難させるべきだったと指摘。市と県に約14億2600万円の賠償を命じた。地震発生後、児童を適切に避難させなかったとして過失責任の所在を現場の教職員に求めた。

これに対し、昨年4月の高裁判決は、大川小が津波の浸水予想区域に含まれなくても、川が近くにあり津波襲来の危険性は「予見可能だった」と指摘。学校は危機管理マニュアルに避難場所や経路を定めず、市教育委員会も是正させなかったとして事前の準備が不十分だった組織的過失を認定し、賠償額を1000万増額した。10/11(金) 12:36配信産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000537-san-soci




ネットの声・考え

tak***** 
遺族が裁判所に入る時に

「先生の指示に従ったばっかりに…」

みたいなことが書かれた横断幕を持って入っていく遺族たちが居た。

自分の子達が亡くなった事は確かに可哀想だけど、先生たちだって犠牲になっている。

先生たちの遺族にしてみれば、自分の子や親が犯罪者呼ばわりされて良い気持ちはしないだろうに。

pre***** 
お子さんを亡くされた親御さんは本当に気の毒だと思うけど、先生も亡くなってるので何とも言えないですね。
避難誘導をした先生達も、生徒の最善を考えて行動したはず・・・。ただ災害が予想をはるかに超えていて予測不可能だったから結果が伴わなかった。
誰が悪いとかこうすれば良かったとか、それは全て結果論。

llz***** 
これが正解って答えも難しいけど、
これだけ過去の教訓や想定を超える
自然災害があると…
今後の不安が残る判例なのかな。

tei*****
ご遺族の気持ちは良く解るがちょっと厳しい結果かな。

帰宅させる云々との意見もあったが、土地柄によって共働きの家庭が多い地域ではどうするのか?
送り届けると言っても全校生徒で10人を超えたら不可能でしょうし。

未曾有の大災害に直面した場合、マニュアルが役に立つのは余裕が有る時だけ!

裁判官に聞きたいが、ならどうするべきやったのか?
その判断は全てに通用するのか?

学校は今後この司法判断を基準に大震災が有ったら学校が丘の上に位置してても即下校と言う判断を下さざるを得なくなるやろうね。

nn2020339 
賛否両論ありますが、無くなった先生も、命を奪おうとしたわけではない。その点からは、賠償金は棄却されるべき。それとは別に、過去の三陸沖地震で、ここまで津波が来たから、ここから下流に建ててはいけないと先人が残してくれた石碑。
そこまで逃げられるか?が問題で、そこの高さまで誘導できない下流に学校を建てた責任として、県や市に賠償命令が課せられるのは理解できる。
引率された先生の責任ではないことは、明確にすべきと思う。喉元過ぎれば熱さを忘れるで、先人が残してくれたことを忘れてはならない。

l53***** 
この件で亡くなった方は70名。
この訴訟を起こした原告は20名。参加しなかった遺族は50名。
この50名の遺族は今なにを思う。
加害者側とも言え、被害者とも言えるI教頭は今あの世で何を思う。
Iの奥様、ご子息は今何を思う。
パチンコ大好き団長Kは入ってくるお金を何に使う。何を思う。
単純計算で一人千円の税金をこの遺族20名に提供する宮城県民は
今何を思う。
理屈上、この件で亡くなった石巻市民4千名の遺族もこの20名の遺族のために一人千円の税金が投入されるのをどう思う。
亡くなった3980名には落ち度があり、原告の20名は落ち度がなかったのか。・・・司法に問いたい。

cra***** 
お子さんを亡くされた親御さんの気持ちは痛いほどわかります。でも、現場にいた先生たちも必死に考えたし、子どもたちを助けようと最後まで必死だったと思います。それが悪い結果になってしまった。でもその教師たちを責めることが正しいのでしょうか。あの災害を想定していた人はほとんどいないと思います。同じ被害者同士をせめて悲しすぎます。訴えた親御さんも現場にいたら冷静に対処することは難しかったでしょう。お互いに二度と同じ被害者が出ないように対策をたてる社会になって欲しいです。




sut*****
まあ色々な捉え方があると思うけど、今後二度とこういうことが起こらないことを祈るばかりですね

lov***** 
イメージとしては厳しいとは思うけど、この件は「避難場所や経路がマニュアルに定められてなかった」のが大きいと思う。
そもそも定められてないなら「想定内であっても被災したような状態だった」と言えてしまえる訳で。
少なくとも被害想定は公表されてるからそこまでの想定は学校でも会社でもちゃんとしておくのが義務だと明確に裁判所が言ったのは意味がある。
今の台風は予見や対策が出来るけど、地震はある日突然、事前にどれだけ取り決めて意識付けを出来るかは非常時に大きいと思う。

sie***** 
財源は自らが支払う税金だろう。
これもどうかと思うが、何より今後全ての自治体や企業は不測の事態に備えて
規則やシステムを整備することがマストとなり
より身動きの取れない構造になりそうなのがネックだ。

トシヲ
一方東電は無罪だった

pura****
「~かもしれない」は避難や防災を促し、「~だろう」は油断を招く。
マニュアルは外部に作ってもらってもあまり意味がなく、自分達で作る方が圧倒的に効果がある。なぜならマニュアルを作る際には「かもしれない」を考えられるから。
逆に単にマニュアルを与えられた場合、マニュアルにはこう書いてあるけど、きっと「~だろう」という考えに陥りやすい。
各学校に防災の専門家を派遣して学校ごとに場合別の対災害マニュアルを土地勘があるはずの教師と共に作りあげるのが最も効果的だと思う。教師の防災やリスクマネジメントに対する意識も向上させられるしね。
また、素晴らしいマニュアルが出来上がったとしても、定期的にマニュアルを見直す作業というのも大事なこと。これらは児童と共に考えてもいい。


引率した先生も最善を尽くし、そしてその多くが亡くなっています。個人の当日の行動について責任を問うのは心情的に酷かなという気持ちは確かにあります。しかしながら問題は、災害発生時にスムーズに最善策が取れるようなマニュアルや訓練が不足していた点です。今回の判決は、学校や会社が、最悪の事態を想定した行動計画を事前に策定し、周知徹底しておく必要があることを司法認定した重要な判決だと思います。当日とっさにできることは限られていますが、事前準備は十分にできます。今回の台風もそうですが今まで「想定外」だった災害が想定内になりつつあるように思うので、今後は想定範囲を広げた対策をとっていかなければならないのではないでしょうか。

mcz***** 
多くの亡くなられた方々の、御冥福を、お祈り致します。
しかし、この件に関しては、教員だけで無くて、父兄、住民の方の、防災に対する不備があったから、被害が大きくなったわけですから、教員だけの責任にするのは、どうなのかと思う。
大昔にも、大津波が来てますし、堤防が何故、高くなってるか、考えたらわかるはずです。そこに住んだ方の自己責任も大きいと思います。
人に責任を、押し付ける様な人に、募金、ボランティアをしたのかと思うと、色々と考える方々も多いのでは…。




hid*****
未曾有の自然災害に対して何を、と提訴の当時は思いました。
しかし、いま自分が子どもを持つ身になって、
その場の判断の違い(正誤ではなくて)がわが子の生死を分けたのだと想像した時、
矛先はここに向かうしかなかったのかなとも思いました。
これは司法の判断というだけであって、正解はないのでしょう。

台風上陸という、同じく自然の脅威を前に恐々とする今の時期にこの判決が出たことは象徴的に思えます。
国が危機を訴え、国民は経済活動より身の安全を第一に考えて動いていることを実感します。
一瞬の判断を求められた地震とは同列には論じられませんが、災害危機に対する動きは震災当時より確実に前進していると思います。
死が無駄ではなかった、という表現は好ましくないですが、多くの命が失われた事実が教訓として活きているとは言えるのではないでしょうか。

net*****
この訴訟の原告団の弁護士は地裁判決の際にあたかも引率した教職員個人に大きな責任があると大々的に宣伝するような報告の仕方をしていたのでものすごく強い違和感と憤りを感じた。

今でもできることならこの弁護士たちに「死人に口無しであることをいいことに教職員の名誉を傷つけ彼らとその家族を貶めたこと」に対して懲戒して欲しいという気持ちに変わりはない。
将来、弁護士に仕事を頼むことがあってもこの訴訟の原告になった弁護士だけには頼みたくないし、頼んだあとその事実が発覚したらすぐ解任するだろう。

te******
<学校は危機管理マニュアルに避難場所や経路を定めず、市教育委員会も是正させなかった。組織として、事前の準備が不十分だった組織的過失を認め、賠償額を1千万増やした。

例えマニュアルを整備していたとしてもそれが最善な結果になるかどうかはその時の状況で変わると思うが、今回はその整備を怠った結果、教員含め児童を50分程度校庭に留めた。
監督する市や県に賠償が出る部分については納得できる。

マニュアルが整備されそれを実行したのにも関わらずこのようなことが起きた場合はまた違う判例になると思う。

nab*****
概要として教師の指示に従ったために避けられたはずの犠牲をこうむった。そのため学校防災対策としての過失責任を認定されたというが、それでは当日あの状況で何も指示をすることなく、結果そのままみすみす災害犠牲をこうむったとしてもそれはそれで同様に賠償起訴されていたであろうことは想像に難くない。
あの未曽有の大災害の状況で、明確にこれが正しかった、あれは間違っていたといえるような判断が果たして誰に下せるのだろうか?
この判決を機に学校防災のあり方が問われるというが、それ以前に下手なことをすれば責任を問われると教師が認識し、本来は臨機応変であるべき災害時の指示や判断が委縮しマニュアル化画一化されてしまうのではなかろうか

anu*****
「津波の霊達」を読んでみることをおすすめします。

学校管理下で亡くなった子供は大川小学校だけ。そしてその管理や判断が間違いを犯していたのは確かだし、正常性バイアスであったことも確か。

今後のためにも賠償判決はあるべきと思います。

確かに先生も亡くなっているからわざととか悪意があったなどとは思わない。だが、この日本で災害への備えは万全を期すべき。

このときの責任者の方は前にいた学校では避難計画に不備があることに気づき、改訂している。以前いたその学校では児童は避難計画に基づいて行動して助かっている。改訂がなければ全滅していたらしい。

悲しい事件だが、これを糧にしなくてはならない。我々が日本のこの土地に住んでいる以上。

mp5*****
県の浸水マップ(ハザードマップ)には当学校は該当していなかった。学校が避難所になっていた。市の防災マニュアルには、高台に登るとしかなかった。裏山は急勾配で先生の人数だけでは生徒全員を安全に避難させれるかわからなかった。

自分的には、先生は悪くないと思う。想定外か想定内かというと想定外。だけど、想定外のことを考えて避難マニュアルを市や県は責任を持って各学校に作成すべきだと思う。そういう判決だと思いたいし、今後二度と同じ悲劇が起きないように教訓となる判決にしてもらいたい。

なんか先生達も犠牲になっているのに、先生たちのせいで死んだみたいな感じだと遺族が救われないわ。先生たちも子どもたちを見殺しにするために50分間も校庭で議論していたわけでもないし。自分がその場面で全員を救う判断ができていたかと思うとyesとは言えない。




管理人の感想

大川小では児童108人のうち70人が死亡、4人が行方不明となっています。想像

を越えた大災害で、どえらいことです。

親も諦めきれないし、亡くなった先生方もあの世で判断を誤ったことを悔やんでいる

と思います。「裏山に登れば子どもたちを救えたのに」と。

そうです。

学校のすぐ裏は津波に十分対応できる山だったのです。裏山に登りさえすれば確実に

全員が助かっていたのです。裏山の傾斜なんぞ、喧伝されているような急峻なもので

はありません。小学生でも十分に登れます。

全校児童が108人ということは、1学年平均18人です。1年生と2年生合わせてもわず

か36人。安全のため、教師が低学年に直接手を貸して山道を登っても、たいした時間

はかかりません。それに何もせずに児童を50分間も待機させていたのですから。

現場の先生方は、真面目で一生懸命だったと思います。しかし結果として判断を誤っ

たのです。

想像を越えた大津波でしたので、予期するのは無理だったと思います。しかし、一番

安全な小高い山がすぐ裏にあったのに、そこに避難できなかったことについては責任

を取るしかないと思います。

例えるなら、話が古いかも知れませんが、武士が何も弁解せずに責任をとって切腹す

るようなものかも知れません。

子どもたちと、亡くなった先生方のご冥福を祈らずにはおられません。そして先生方

のご遺族は最高裁がこうした判決を下しましたが、何も恥ずべきことはないと思いま

す。津波が押し寄せた時、先生方は必死に子どもたちをかばったはずですから。

それにしても、残念無念です。

教師や大人の誰かが「一番高い裏山に登ったらいいじゃないか。裏山に登るべきだ」

と強くみんなをリードさえしておれば、こんなにも悲惨な結果にならなかったのです

から。

訴訟を提起されたご遺族はよく頑張ったと思います。訴えたからこそこうした最高裁

の判決を獲得できたのですから。

今後はノーサイドで、大川小の関係者の皆さまに心穏やかなる日々が訪れることを願

って止みません。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。