スポンサーリンク

台東区長、ホームレス拒否で謝罪 台風避難所、「対応が不十分」〈感想…方法も言い方も他にあった〉

画像

〈東京都台東区の服部征夫区長=2016年7月〉

台東区長、ホームレス拒否で謝罪 台風避難所、「対応が不十分」

10/15(火) 18:29配信共同通信
東京都台東区の服部征夫区長は15日、区が台風19号で自主避難所に避難しようとした路上生活者(ホームレス)の利用を断ったことに「対応が不十分で避難できなかった方がおられたことについて、大変申し訳ありませんでした」との謝罪コメントを出した。

台東区によると、台風が首都圏に近づいていた12日午前、区立忍岡小学校に相次いで避難しようとした男性3人に、職員が住所や名前を確認したところ、1人は北海道と答え、ほかの2人は「住所がない」と答えたため「区民が対象で、それ以外の人は受け入れない」として利用を断った。

服部区長は「今回の事例を真摯に受け止める」としている。

スポンサーリンク

ネットの声・考え

自由民取党 
ホームレスさんは、働く事には執着していませんが、生きる事には執着しています。
普通国や自治体が準備している施設に入るのが行政としての手順だと思うのですが、それを拒否している方も多いはず。
なんか、都合の良い時だけ助けてくれってのもどうかと…

veg***** 
なぜ謝罪するかな?

対応が難しい事案ではあるけど、担当者の対応は間違ってないと思う。
区長が謝罪すれば、担当者の対応が間違っていたことになる。

それじゃ担当者がかわいそうだよ。

nob****
人道的には、公的な避難所はあらゆる人間を受け入れるべきというのが最適なロジックかもしれないが、やはり、税金を払うこともなく、他人や国の土地に不法に居座っているという現実を鑑みると諸手を挙げて賛成することはできない。

自ら好んで自由気ままな生活をしているホームレスも少なくないというし、衛生面の問題はどうするのか。

衛生面といえば、じゃあペット連れも受け入れるのかという問題もある。

やはり、公的な施設ではある程度の「区別」はなされるべきと考えるし、むしろ、普段からホームレス生活を肯定している支援団体などが面倒をみれば良いと思う。

gks***** 
事情はわかるし、人権もわかるが、避難した隣にホームレスがいるのは、正直やだ。
ホームレスだけの避難先やフロアを用意して、区別してほしい。

kuz***** 
謝罪する必要はない。彼らは区民ではないのだから区は区の業務を優先してやるべき。必要があるというなら国がやれば良い事。首相の発言も他人事で非常に無責任だと思う。

li
申し訳ないけど、納税という義務を放棄し自らアウトロー生活をしている人達が権利だけ主張しているのはどうなの?
ホームレスになる事情はいろいろあるだろうけど、自立や保護を受けようと思えばそれなりに支援の手はあるのにしないことを選んでいるのは本人たちだし。
慈善団体もそうした人にただ食事やふろを提供するからそこから抜け出せなくなるわけで、だったら非常時になぜちゃんと面倒見ないのかと。

命の重さに変わりはなくとも、区別はすべき。
ほかの方も書いているがにおいだけが問題じゃないし、一度受け入れた後に本来の対象となる住民が増えてきたら出ていくのか、という問題も出る。

災害の規模としても東日本の被災地みたいな状態だったら、ホームレスでも仕方ないと思うけど、今回はそこまでではないし、都心は浸水被害が出た地域以外、雨風は確かに強かったがそこまででもなかったしね。

tts***** 
そもそもこの問題、ボランティア活動をしていた方が受け入れ拒否を指摘したことから始まりましたが、
この方、12日からホームレスの方へ避難場所を案内していたそうです。

行政に避難場所を確認したわけでもなく、一番近いからと。
情報も収集せず、事前に行政に相談したわけでもない。
つまり、勝手に無責任な判断で行かせたわけです。
指定の避難場所は、近い場所とは限りません。
近いからと避難すれば、それこそ混乱の元です。

この団体は12日の朝からボランティアをしていたそうですが、それであれば行政に避難場所や受け入れ先を相談する時間は、十分にあったはずです。

避難所が空いている、関係ありません。
避難勧告や指示は続々に広がる可能性があるわけで、それを予測したキャパです。

行政の対応にも問題はあったと思いますが、
いいかげんな情報で混乱させたボランティア側も、問題だと思います。




yu0***** 
何が正しいのかわからないけれど、何でもかんでもネットニュースになって、それが民衆の正義感によって叩かれる風潮は良くないと思う。

記者はきっと[ホームレスの人権は?]と問いたくネット記事に挙げて問題定義をしたのだろう。
そして、正義感のある人道派の人は台東区を叩くだろう。

けれど、果たしてこれでいいのか?

実際の台東区民の納税者の方々からすれば、衛生面や安全面、その他諸々からホームレスの受け入れを好まない人もいるはず。(きっと言葉にはしないだけで、その様に思う方が多いと思う。)
記者や正義感をかざす方々は台東区民の立場になったとき、実際自分が当事者だったらどう感じるのだろか?

表現の自由も保証されているし何を発信しても自由だ。
一方、何でもかんでもネットに晒して、それが叩かれる世の中は、少々やりづらさも生じると思う。
本件はそれを考える事例だったと思う。

mak***** 
難しい事案ではありますが謝罪する必要はないと思います。
避難所は人が密集し感染症にも注意する必要があるなかで、やはりホームレスの方はどうなのか?と思う部分もあります。
また身元がはっきりしなければ他の方のコメントにもありましたが、どんな事情がある方かもわからず盗難等があったときに問題になります。避難所には皆さん最低限の貴重品を持って避難されてる方も多いので、今回の担当者の方の対応は非難するに値しないと思います。
ただ人命を守るという意味では差別があってはならないと思うので行政は今後の課題として要検討ですね。
因みに今回の台東区のホームレスの方は2人で来られてアルコールも入っていたとの情報もありますね。

aas****
一度自分の自治体の避難所運営マニュアルを読んで見るといい。
どこも同じだと思うけど中長期の避難所運営となると、運営主体は災害発生後に立ち上げとなる。
何故なら避難所を管理運営するのは行政ではなく避難者自身となるからだ。行政がすることは運営主体と連絡を取り合って支援物資などを供給するのみ。
初動はもちろん行政が管理する。でもそこで誰かれ構わず受け入れるたと、それはのちのち避難者の負担となる。

そういうことを知らずに議論していくと、いざ事が起こった際に重荷を背負うのは私達となりかねない。
自分が運営側になったと仮定して、避難者から「あの人が隣にいるのは耐えられない」「そのままにするなら私が出ていく 」とクレームの嵐。あてもなく去るものの背中を見送るか、路上生活者を追放するか、あなたは判断を下せるか?


SR*** 

個人的には、他の区のようにホームレスの人専用の避難所を設けておけば良かったのではと思います。
ご自身で路上で暮らす事を選択したから行政サービスを受けにくい点は自己責任ではありますが、命は平等。
命については死刑囚以外、区役所の人がそういった対応するのはかわいそうだと思います。
ちなみに関係ないですが、写真の採用に悪意しか感じませんね。

k92***** 
差別と区別はしっかりと使い分けるべきではないかと思います。
コメントには納税していないからとの意見も多数ありますが、意思の違いはあれど、収入が少なくて実際には非課税になる人も大勢いるから、単に納税の有無で論じるのは論点が違っちゃうのでよろしくないかと思います。
論点としては、道路とか公園は寝泊りをしてはいけないところなので、地域からの苦情に基づいて区役所も定期的に指導はしているはずだし、生活保護の受給や自立支援も働きかけていると思います。にもかかわらず、路上や公園に不法に滞在しているわけで、こういう時だけ行政を頼るのは如何なものかと思います。そういう意味で、①日頃からルールを守っているかどうか、②衛生面で周囲に危険が及ばないかどうか、③集団生活ができるかどうか、だと思います。
それらのことを踏まえると、受け入れを拒否した区役所の対応は正解だと思います。
謝罪する必要ありません。

hch***** 
ホームレスには自分の意志でなった人と、やむをえずなった人とがいると思う。自分の意志でなった人にはやっかいな人がいる。また支援団体もやっかいな団体と、純粋の団体があると思う。行政がこのやっかいな人たちとどう向かうか大変だ。1人の為に、避難所にいる人を何十人もいやな思いをさせるのは問題。その内の何人かは避難場所を出てしまうと思う。1人を受け入れたことにより、何人もの人を危険な場に追いやるのは緊急時にはやってはいけないこと。その為にはこホームレスを受け入れる場を用意するしかない。クレームをつける団体があるなら、その団体が受け入れる施設を用意すべき。

hir****
そこで安易に謝罪をしてしまうと、全てを認めてしまうことにならないか?
ホームレスの方が悪だとは言わないけど、一般の方と同じところで生活するとなるとハレーションを起こすのは明らか。
これは最初から分かってることなのだから、一先ずの危険を最低限回避できる簡素なシェルターのような場所を別に用意した方がよいでしょう。
また、そういう方を支援する団体の方にも一定のご負担を頂くべきでしょう。

****** 
正論で叩くのは誰にでもできる。
そういうもので、記事に注目を集めようとするのは、一番やめてほしいし、そういう記事が、日本を今のように悪くした遠因のように感じたりもする。

というのは、こういう問題を正論で叩くだけで、解決するなら、とっくに解決していると思うから。

なぜ、区が、その論法をとらざるを得なかったのか、その背景を探るのが一番重要だと思う。そうでないと、本当の問題解決にならない。

ホームレスの方の事情をとりあげ、ホームレス支援の団体から意見をとりあげ、他方、また区の立場も取り上げて、問題の核心を報道していくべきだと思う。




tok*****
当時、どれくらいの方々が非難所を訪れていたのかはよく分からないが、報道番組では『命が第一なので避難指示が出る前でも自分の身を守る為に迅速に行動しましょう!』と訴えていたが、確かに伝えようとしている意味はよくわかる
しかしながら実際は我先にと避難所では受け入れの人数をオーバーして受け入れができない所がたくさんあった

今回ではホームレスの人が避難所の受け入れを拒否されたとの事だが、人道的な目からすれば「けしからん!」となる意見が多いのではないかと思う
しかしながら現実にホームレスの人を受け入れた場合、思うように風呂にも入れず、体から発する独特の匂いに避難してきた大勢の人に果たして耐える事が出来るだろうか?
仕事先に通勤していた頃に何度かホームレスの人が乗っていた場面に遭遇した事が何度かあってその匂いに閉口してしまった苦い思いがある
だから区長は謝る必要は無かったのではないか?

koa***** 
ずっと台東区在住ですが、約20年程前、上野公園や隅田川沿いはホームレスのブルーシートに占拠されていました。

最近は公園も川辺も整備して、だいぶ区民も使えるようになりましたが、我が物顔で住んでいる彼らに嫌悪感でいっぱいでした。でも、行政の方やボランティアの方は、社会復帰の支援をしたり、炊き出ししたり、ちゃんと対応されていると思います。他の所よりホームレスをかなり受け入れている方だと思ってました。

台東区は外国人も観光客も多く、先日のような災害の緊急事態には、やはり優先度がついてしまうと思います。

非難される方は実際に現状を見てから非難してください。彼らをすべて受け入れてしまったら、台東区の住民は避難所に入り切れないのではないでしょうか?
23区で一番小さく、水害も相当な覚悟をして当日を迎えました。できれば国や支援団体さんがホームレスの方達用に大きな避難所を用意して欲しいぐらいです。

rit*****
法律の世界で言われる「クリーンハンドの原則」から考えると、不法に公園のベンチなどを占拠している人が、都合のいい時だけ区別しないでというのは、ちょっと違うかなと思う。
やはり、ちゃんと納税してる人が優先されるべきだし、仕方のない理由で納税できなくても区民と認められてる人も対応すべき。
そういう人を作り出してる社会が悪いという人もいるが、そうじゃない人はそれなりの努力をして、今の生活をしているわけで。
あと、衛生管理上の問題もあると思う。担当者の対応が間違ってたと区長が謝罪するのは、担当者があまりにもかわいそう。
そんなに批判するなら、自分の家に招き入れればいい。それはイヤというのは、それ自体が区別することを容認していると思う。

tyi***** 
ホームレスでも、常日頃から身なりを最低限清潔にしないと、いざと言う時に公共の物を利用するならば最低限のマナーを守って頂かないと他人に迷惑をかけるのは、わかっていると思います。
今や100円均一でも洗濯洗剤やボディソープやシャンプー等は簡単に手に入ります。
不潔のまま公共の施設への受け入れとなると衛生的に問題があると思います。
この災害を機会にホームレスの方にも衛生に気をつけてもらう事を今一度考えて欲しいと思います。
自分だけではなく他人もいるだと言う事を自覚してして頂きたいですね。

kae***** 
事実関係はよくわからないが、仮にこの避難所が数多いる区民向けに優先的に開設されたものであったとしたら、そういう判断をして拒否したここと、そして例えば違う避難所に向かってほしい旨を伝えたことを明らかにすべき。
どういう理由でそういう判断をしたのか、それで受け入れられる体制だったのかを明確にした上で、その判断が間違っていたのかどうか、を真摯に議論すべきではないか。
政府も事実関係を確認した上でと言っている。単に謝ればいいという問題ではないし、人命尊重との観点からどうすべきだったのか、その判断を検討すべきだ。これからも災害は続く。より良い対応に向け議論すべきで、お花畑では良くないと思う。

asa***** 
最初にホームレスのシェルターに誘導しなかったのはなんでなんだろうな。そこも合わせて報道してほしい。事情がよくわからない。

dao*****
難しい問題だと思います。どちらの言い分もわからなくはなく、衛生面、納税、匂い、というのも理解できます。

アウトローは一定数、存在します。どんな世の中になっても。アウトローといっても、過去に納税してきた人々も多いでしょう。現在は払っていないといっても、それで受け入れ拒否というのは現実的に難しいでしょう。

こういった人々を無くすことはとても難しい問題で、衛生面で考えるのであれば、今後は一定数、避難場所に消毒できる物資、着替えを備蓄しておく事も現実的な選択肢ではないでしょうか。

どのみち一般の方でも下水が漏れた場合に、それに触れた衣服では問題がありますので。

今後もどのようにすれば問題が少なくなるかを考える必要があるので積み上げていけばと思います。

fen***** 
個人的な意見ですが、今回の件では区の職員の対応を支持します。
「権利」を主張できるのは、「義務」を果たした、もしくは果たそうとする意志がある人だけだ、と私は思っています。
勿論、人道的な立場から言えば、ホームレスの人も受け入れるべきだ、というのが正論でしょう。しかし、今回のような緊急を要する事態で「権利」を主張されても、「義務」を果たしている一般市民と同等には扱えないのではないかと考えます。それは「差別」ではなく、「区別」だと思います。残酷な意見かもしれませんが…。
ある記事では、対応に困った区の職員が上と相談して、受け入れ拒否を決めた、とあります。この対応に不満を唱える意見がありましたが、ではその場で職員が(上との相談なしに)独断で拒否したほうがよかったのでしょうか。待たされてイライラするのはわかりますが、行政が避難所の人たちの権利を優先するのはやむを得ない判断だと思います。




管理人の感想

★納税義務を果たしていないくせに権利を主張するな→避難所に入る資格なし。命のかかった緊急時に言っていいの。

★臭いので嫌だ、不潔だから嫌だ→避難所に入る資格なし。命のかかった緊急時に言っていいの。

★ホームレスなっているのはその人自身の責任だ→自分や自分の家族は絶対にホームレスなんかにはならないと思っている。でも人生、何が起こるかわからないよ。

★ホームレスが全員押し寄せたら、台東区民が避難所に入れない→ホームレスが全員押し寄せることもないし、台東区民が全員、避難所に来ることもない。

そもそも、その小学校の体育館自体、エリア内の区民全員を収容できるわけありません。私の町の避難場所の体育館でもそうです。全員が押し寄せたらパンクです。

★命の重さに変わりはないが区別はすべき。→命の重さに軽重があると言ってます。死んでいい命と助かるべき命と。

僕も不潔で臭い人が側にきたら本当に嫌です。ホームレスを見ると避けて通りたいで

す。それが自然な人の心情だと思います。

でも、上記の★印を考えると、未曾有の大災害をもたらすと言われていた緊急時の避

難所にあって、ホームレスに「あんたは入れないよ」と追い返す正当な論理を見いだ

せないんですよね、僕は。

ですので、台東区役所を糾弾するというのではありません。

命を守らなければならない緊急時にあって、もっと柔軟な対応、方法があったのでは

ないでしょうか。たとえ、ホームレスがどんな人生を抱えていたとしても。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。