東京23区別「平均年収ランキング」~こんなに違うんですね。

東京23区別の「平均年収ランキング」を不勉強ですが、初めて見ました。こんなにも違うんですね。

東京23区「平均年収ランキング」圧倒的1位は902万円の……

*ランキングは、2013年度の各区の課税対象所得を納税義務者数で割り計算(ZUU online)

東京23区在住者 平均年収ランキング
1位:港区(902万円)
2位:千代田区(784万円)
3位:渋谷区(703万円)
4位:中央区(556万円)
5位:文京区(544万円)
6位:目黒区(537万円)
7位:世田谷区(506万円)
8位:新宿区(477万円)
9位:杉並区(436万円)
10位:品川区(427万円)
11位:豊島区(412万円)
12位:大田区(395万円)
13位:練馬区(395万円)
14位:江東区(389万円)
15位:中野区(387万円)
16位:台東区(385万円)
17位:墨田区(350万円)
18位:板橋区(350万円)
19位:江戸川区(346万円)
20位:荒川区(345万円)
21位:北区(344万円)
22位:葛飾区(333万円)
23位:足立区(324万円)

トップの港区、902万円に比べ、最下位(23位)の足立区は324万円で、578万円も違います。およそ3倍ほども違うのには驚きました。

港区は、関西でもよく聞かれる場所(六本木や赤坂、品川、お台場など)を含んでいるので、大手の情報通信企業などが多数あり、給与水準も高いということですね。六本木ヒルズなど、私には豊かさの象徴のように聞こえます。

(ZUU online)
年収第1位は、言わずと知れた港区。その額はなんと902万円。会社員の平均年収が400万円台前半といわれているだけに、その金額がいかに多いかが分かる。六本木や赤坂、品川やお台場までを区域におさめており、大手の情報通信企業など羽振りの良い会社が集まっている。それらの企業に勤める裕福な層が「麻布」「白金」「青山」といったエリアに住んでいるとみられる。
古くからの町並みも残していた品川から田町にかけてのベイエリアにもここ数年で多くの高層マンションが建設されている。家賃50万円を超える物件も普通で、高収入の人しか住めないような物件が多くあることからもこの順位は必然といえるだろう。

ただ、足立区の平均年収324万円をはじめ、17位墨田区(350万円)、18位板橋区(350万円)、19位江戸川区(346万円)、20位荒川区(345万円)、21位北区(344万円)、22位葛飾区(333万円)など、7つもの区が、都道府県最下位の 沖縄県 より低いことは意外でした。

なぜなら、沖縄県の失業率が高いことや沖縄経済を活性化しなければということがよく問題提起される中で、東京23区の中にも沖縄と同程度の区があったからです。

出典:年収style
厚生労働省の平成27年(2015年)「賃金構造基本統計調査」を参考にした平均年収ランキングです。

1位 東京都 623.5万円
2位 神奈川県 544.2万円
3位 愛知県 540.6万円
4位 大阪府 528.0万円
5位 千葉県 487.7万円
6位 京都府 487.3万円
7位 茨城県 486.2万円
8位 兵庫県 485.7万円
9位 三重県 479.5万円
10位 埼玉県 476.8万円
11位 滋賀県 476.6万円
12位 栃木県 468.4万円
13位 静岡県 465.4万円
14位 広島県 457.0万円
15位 奈良県 455.9万円
16位 群馬県 455.3万円
17位 岡山県 453.5万円
18位 山梨県 453.3万円
19位 長野県 445.8万円
20位 宮城県 445.2万円
21位 徳島県 443.2万円
22位 和歌山県 438.2万円
23位 岐阜県 437.6万円
24位 石川県 436.3万円
25位 富山県 435.0万円
26位 福岡県 433.4万円
27位 山口県 432.9万円
28位 香川県 430.1万円
29位 福井県 427.1万円
30位 北海道 410.2万円
31位 福島県 410.1万円
32位 熊本県 404.6万円
33位 愛媛県 403.7万円
34位 新潟県 402.6万円
35位 島根県 399.0万円
36位 高知県 395.3万円
37位 大分県 394.8万円
38位 鹿児島県 393.4万円
39位 長崎県 391.2万円
40位 佐賀県 382.7万円
41位 山形県 375.9万円
42位 岩手県 370.6万円
42位 宮崎県 370.6万円
44位 鳥取県 369.0万円
45位 秋田県 362.8万円
46位 青森県 358.6万円
47位 沖縄県 355.6万円

上位の都府県については、なるほどなという感じですね。みんなが行ってみたいと思うような大都市や観光地を含んでいますよね。

一方、ランキングの低い都道府県は一言で言えば、地方・田舎というイメージ。「地方創生」が盛んに政府からも発信されています。広い土地があり、美しい自然も残る地方で、本当に産業を発達させる手立てはないのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。