スポンサーリンク

巨大マグロの初ゼリで史上最高値の3億3360万円。漁師さん、おめでとう!

今朝の豊洲市場の初ゼリで、青森県大間産の巨大クロマグロ(278kg)が史上最高値の

3億3360万で競り落されました。

魚1匹が、3億3000万円とはびっくりだわ。(゚○゚)!

これまでの最高値は、2013年に付けた1億5540万円なんで、その2倍の値段。

「すしざんまい」の木村清社長さん、今朝もテレビでインタビューされていましたが、

宣伝効果が大きいんでしょうね。

ところで、その最高値のマグロを獲った漁師さんには、セリ値のうち、どれくらいが支払

われるんでしょうか。

今朝のテレビニュースで3億3000万円と聞いた時、まあ、多くてセリ値の7割くらい

かな、なんて思ったんですが、記事『豊洲でマグロ初競り 史上最高の3億3360万円 日

本経済新聞』を見ると、意外に多くて「輸送費や卸会社の手数料など経費を差し引いた

後の8~9割が漁師の収入」になるそうです。

クロマグロを釣り上げた船の漁師さん、きっと、宝くじに当たったような気分だな。

ところで、農家でも漁師さんでも、人の命に不可欠な食料を生産しているのに収入が少な

すぎますよね。一方、仮想通貨なんかをネット上で右から左に動かすだけで、莫大な金を

手に入れる人や会社がある。

「介護職」や「保育士」など、人間の命にとって大切な仕事ほど低賃金に追いやられてい

るのは何でですかね。現代は江戸時代でないことはわかっているけど。

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。