スポンサーリンク

「空飛ぶ車」って私達に必要なもの?優先すべき研究開発は何かな

今年は「空飛ぶ車」が脚光を浴びるだろうという話を聞きました。

トヨタ自動車も開発を支援しており、官民一体で実用化に向けた研究を加速させるとのこ

と。

「空飛ぶ車」は素人が考えても、安全性やコストなど難しいことが多いと思うんですけ

ど、海外では開発競争が激しくなっており、日本は遅れを取っているらしい。

「空飛ぶ車」2020年代に実現 官民協議会が初会合 年内に工程表策定
2018.8.30  Sankei Biz

政府は29日、「空飛ぶ車」の2020年代の実用化を目指す官民協議会の初会合を開いた。空飛ぶ車の開発をめぐっては、欧州航空機大手エアバス、米配車大手ウーバー・テクノロジーズなど海外の大手企業やベンチャーが先行しており、日本は後れを取っているのが実情だ。協議会は具体的な用途や普及に向けた課題を洗い出し、実現に向けた工程表の年内策定を目指す。日本発で“空の移動革命”を起こす一大プロジェクトが動き出した。

高額な開発コスト

「一般市民がタクシーのように使ったり、企業間の物流手段として使える」「優先すべきは緊急用途だ。地震や洪水が多いアジア地域への輸出もできる」「平時は観光用に使い、災害時に備えてノウハウを蓄積するべきだ」

この日の会合では、空飛ぶ車の活用方法について、民間の出席者から積極的な意見が飛び出した。

空飛ぶ車は一般的に、(1)電動(2)自動(3)垂直離着陸-の3つの要素によって定義づけられている。飛行機とドローンの間に位置づけられるような存在だ。燃料費や操縦者の人件費もかからないため、「空の移動の大衆化が進む」(経済産業省)と期待されている。

ただ、実用化のハードルは高い。初会合でも、「1機当たり100億~300億円」とも言われる開発費の捻出、安全基準や審査のあり方、運用上のルールなど法的な位置付け、駐機場などインフラの整備-とさまざまな課題が指摘された。

とりあえず、記事の大間違いについて言うなら、『燃料費や操縦者の人件費もかからない

ため、「空の移動の大衆化が進む」(経済産業省)と期待されている。』の部分。

まず、燃料費がかからないなんてあり得ないですよね。記者はガソリンをイメージして燃

料と言ってるんだろうけど、「空飛ぶ車」には電気代が必要です。エネルギーなしに機械

は動かない。

それに、操縦者の人件費がかからないというのは車だって当たり前のことですよね。マイ

カーはみんな自分で運転しているのですから。

それにもし、大型のドローンみたいなものが大流行して空を覆うようになったら、空港の

管制官みたいな人が必要になるのでは。

いくらGPSを使って自動運転すると言っても、強い風が吹けばドローンみたいなものは

その瞬間、風に流されて位置情報とずれてくるだろうし。

とまあ、推進派の人にはケチを付けて申し訳ないんだけど、車の駐車スペースでさえ首都

圏は苦労しているのに、駐機場なんか確保できるんでしょうか。いくら折りたたみ機構が

付いていても自動車ほどにはコンパクトにならないよね。だって空気の上に乗っかる乗り

物ですから。

さて、一番の問題点は個人が自動車に乗るように、「空飛ぶ車」が普及した場合、その電

気はどこから調達するのっていうことだと思う。

電気は燃料を燃やして発電機を回転させて、発電しているんですから。

それに、電気はクリーンだけど弱点もあります。

一番大きな問題は、石油(燃料)を電気エネルギーに変換する段階でエネルギーのロスが

あるということ。あと、送電線で送電する段階でまたロスがある。

それに電気は石油のようには貯蔵できないですよね。

石油ならタンクに入れておけば何年でも備蓄できるけど、電気はほうっておけば放電して

いずれなくなってしまう。スマホの電池だって、放って置いたらなくなって充電しなけれ

ばなりません。

こんなわけで、石油(燃料)は生のまま使うほうが、よほど無駄がない。

なので、夢の乗り物だと言って、空飛ぶ車(電気飛行機)を使うより、ガソリンをそのま

ま使う自動車のほうが余程、地球に優しいと思うんですよね。

未来の技術というのは、人間が快適な地球環境でこの先も生き続けられるような技術、子

孫に快適な未来を残せるようなことに寄与できる技術であるべきだと思うんです。

例えば、ごみ問題。東京のごみ処理はいつまで今のやり方で可能なんでしょうか。

例えば、原子力発電。建設して運転するのはいいけれど、ウランやプルトニウムを燃

やした後の灰を処理できないんだもの、一体この先どうするの?

それに機械・設備だから故障しますよね。事故もあるでしょう。

原子炉が壊れた時、どうやって修理するの。壊れた場所に人間が入れないんだもの。

思うがままに、書いてたらまとまりの無い作文になってしまいました。

「何が言いたいの」と自問自答😅

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。