スポンサーリンク

【管理人の感想】知事・市長の給料が低い自治体ランキングを見て…夕張市最低。大阪市のカジノは大丈夫か

画像

スポンサーリンク

管理人の感想

最も給料の低い市長は夕張市の市長。これ、想像どおりでした。

夕張市が破産して、財政再建中だものしようがないよね。

遠い北海道のことで知らなかったけど、財政破綻のドキュメンタリー番組でよく紹介され

ていた市長・鈴木直道さんは、この4月の統一地方選挙で北海道知事選に全国最年少38歳

で当選されたとのこと。

この鈴木直道氏は2011年、夕張市長に当選したときもやっぱり全国最年少市長(30歳)だ

ったということで、頑張り屋でかつ、やり手の人なんでしょうね。

こういう市長さんの給料は普通にしてあげていいと思うんですけど、借金を抱えている自

治体でみんなが節約生活を強いられているのに、トップだけが普通の給料をもらうわけに

はいかないよね。

夕張市の財政破綻のドキュメンタリー番組を見て思ったんだけど、バブル期にしっかりと

検討もせず、箱物をどんどん作った当時の市役所の責任者やその夕張市の予算に寄りかか

っていった建設業者たちの結果責任はどうなるのって話。

市役所にちゃんと弁償させるべきだと思うけど、そんな法律はないんですよね。

バカな代表者を選挙で選ぶと、こういうことになるんだということは、この夕張市の現状

を見て僕たちは学ばねばならないと思います。

それで思い浮かぶのは大阪のIR計画。

IRなんて言ってごまかしているけど、その経済的効果のほとんどは、博打場のカジノで

す。

予言しておきたい。

絶対に自治体の方は失敗しますからね。

経済的なことでは、やれこんだけ税収が増えたとか言うでしょうが、住民の生活が良くな

ったかどうかがポイント。

カジノにハマる人が絶対に出てきて、大きな教育問題が出てくると思います。

「カジノ栄えて、大阪市民は貧窮す」という状況ですね。

カジノで動く金なんて、下流産業への波及効果は全くありません。

カジノで巻き上げた金は、全部、カジノ資本の本国に持っていかれるだけだから。

せいぜい、時間給のアルバイト雇用が生まれる程度でしょう。

日本各地に林立するパチンコ屋を見ればわかります。

毎日、莫大なお金を貧乏人がパチンコ屋に吸い上げられているのに、そのお金は地元の商

店街に全く回ってきません。

せいぜい、パチンコ屋の時間給店員の雇用が生まれているだけです。正社員なんて店長だ

けでしょうから。

そんなパチンコ屋がなければ、そこに落とすお金が地域の商店街に回っていく可能性が大

きいのです。

カジノも一緒なんだよね。仕組みは。

大阪市長も知事も、真面目にやってるんでしょうが、カジノ誘致の姿勢だけは理解できま

せん。

夕張市長の給料が全国で最低という話から、カジノに話が飛んじゃったけど、自治体が疲

弊するという点ではつながってますから。😓

大阪のカジノ誘致もできるものなら今から、結果責任まで法案に明記しておいてほしい

な。

知事・市長の給料が低い自治体ランキング

6月10日に配信した「『知事・市長の給料が高い自治体』全国トップ500」に引き続き、今回はその逆となる「市長村長の給料が低い500自治体ランキング」をお届けする。

知事・市長の給料が低い自治体11位以下

東洋経済では、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2018年度版)に基づき、地方自治体の首長(都道府県知事・市町村長)の月額給与ランキングを作成。同調査で首長の給与月額が開示されていた1788自治体の中から、下位500自治体を抽出した。

なお、総務省が公表する最新データの調査時点は2018年4月現在であること、ランキング表で示す月額給与に各種手当は含まれないことに留意されたい。

■1位は財政再建中の夕張市

1位は北海道の夕張市の25万9000円。同市は2007年に353億円の財政赤字を抱え事実上破綻。以降、財政再建の取り組みが行われている。2019年4月の夕張市長選で新人の元市議、厚谷司氏(53歳、夕張市出身)が当選した。

前夕張市長の鈴木直道氏は2011年、30歳のときに当時の全国最年少市長として就任し、2選を果たした。鈴木氏は2019年4月の統一地方選挙で北海道知事選に全国最年少38歳で当選。この6月には、夕張市長時と同じく、北海道財政改革の一環として道知事の給料を3割削減し、全国最低水準にする検討をしていることを公表した。

ワースト500自治体ランキングには都道府県知事はランクインしなかった。2018年度に最も低かったのは東京都の72万8000円。現職の小池百合子都知事は「身を切る改革」の一環として、2016年9月に提出した条例を成立させ、知事報酬を半額に削減している。北海道知事は103万5000円なので、約3割カットを検討していることとなる。

1788自治体の首長の月額給与の平均は80万5800円。1位の夕張市長は平均の3分の1程度の給与水準となった。6/12(水) 4:50配信 東洋経済オンライン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190612-00285624-toyo-bus_all

関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。