生活保護の受給は恥でもないし施しでもない。しかし、国民の税金!

「生活保護制度」は福祉国家の究極の施策で、本当に困ったときはとてもありがたいものです。
 

たとえば、離婚して乳飲み子を抱えたシングルマザーがいたとしましょう。赤ちゃんをおいたまま、勤めに出ることはできないし、頼るべき親族がなければ、働くことができません。こんなときこそ、生活保護制度が威力を発揮します。
 

ところが、「生活保護」についてはいろいろと問題になることが多く、特に「受給者を減らそうとするサイド」がいつもやり玉にあがります。

次のニュースもその一つです。

<生活保護>「受給は恥」思いつめた高齢困窮者の悲劇
毎日新聞 1/14(土) 9:30配信

少ない年金収入なのに、生活保護受給を「恥ずかしいこと」ととらえる高齢者が少なくありません。申請すれば受給できるはずなのに、なぜ頼ろうとしないのでしょうか。そこには制度を「施し」と捉える、悲しいほど真面目な国民性がありました。【NPO法人ほっとプラス代表理事・藤田孝典】

◇「生活保護をもらうなら死んだ方がマシ」

以前ほどひどくないにせよ、申請窓口で生活状況を根掘り葉掘り聞かれる状況は変わりません。

言葉尻りを捉えるようですが、”高齢者が生活保護受給を「恥ずかしいこと」と捉えること゛のどこがいけないのでしょうか。
真面目な高齢者が「生活保護」を「施し」と捉えて、貧しくとも「施しは受けない」という気概で生きていくことに何の不都合があるでしょうか。

 ただし、自分がそういう生き方をしているからといって、生活保護を受給している他人を「恥ずかしい人だ」などと決めつけるのは大きな間違いですので、このことは特に注意的に記しておきます。さらに、差別感を持つなどは、もっての他です。

働くことを大切に思う日本の伝統的な考え方・生き方を「悲しいほど真面目な国民性」などと揶揄する必要はないのではないでしょうか。

 地域住民・行政・学校等のネットワークを活用して、各家庭の実情を把握し、年金だけではもう、生きていけないというような悲惨な状況にある世帯があれば、積極的に「生活保護制度」を受けましょうと説得していけばいいのではないでしょうか。

 憲法第二十五条には、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。

これまで、この条項に基づいて権利獲得のための有名な訴訟が行われ、国民は現在の支給水準を勝ち取ってきました。
 ところで、この生活保護の支給水準は、最近の庶民の所得実態からみると、非常に高額なものです。弁護士や医師のような特別な資格所持者は別として、普通の若いシングルマザーが勤めに出て、生活保護費相当の収入はとても稼げません。そもそも、正規雇用さえないのが最近の状況ですから。

ちなみに、シングルマザーで子供2人(10歳と11歳)の世帯の受給額は、
月額で合計28万8000円。内訳は生活扶助21万6000円、住宅扶助5万4000円、教育扶助1万8000円です。〈出典:朝日新聞〉

これは3年ほど前の資料ですので、現在は改定されているかもしれませんが、大きな違いはないでしょう。
シングルマザーが、月額28万8000円を稼ぐのはとても無理です。こないだ見たテレビでは、シングルマザーの方の月収は17万円ほどでした。もちろん、正規雇用ではありません。

ですので、いったん生活保護を受けると、生活保護需給に安住してそこからなかなか抜け出すことができないという大きな問題があります。

  決して個人の資質が特別に怠け者だからということではなく、働くより生活保護費の方が高額だとなれば、よほどの人でないと、働けるようになっても、生活保護を拒否できないのです。
私もそういう選択を迫られたら、きっと生活保護受給の継続を望むでしょう。つまり、いったん生活保護を受けるとそこからなかなか抜け出せないのです。

したがって、安易に生活保護受給者を増やさないという方針は間違っていないと思います。原則通り、本当に生活保護を必要とする人を見極めることが大切になってくると思います。

そういうことで、「申請すれば受給できるはずだから」と言って、全員が申請して、市役所も「いいですよ。ジャンジャン申請してね。受理するから。」となったら、財政的に日本の社会保障制度は破綻するでしょう。

国家予算の中で、社会保障費がどれだけ多くの割合を占めているか、そして、もうこれ以上膨張させるゆとりがないことは誰の目にも明らかだと思います。
私たち国民は「金のなる木」は持っていないのです。国民が働いて納めた税金でやりくりするしかないのです。

 こういう話になると、昔の左派系の人々は、すぐに戦闘機1機が何百億円だとか言って、そんな無駄なものは全部やめて福祉に回せと言っていました。昔はこんな無責任で単純なことを言っておれば、イイ人でおられたんですが、今の国民からはもう相手にされないと思います。

 世の中、そんなに単純ではないし、外国はイイ人ばかりではありません。
最近のロシヤや中国のあからさまな膨張
主義を見て、さすがにそんなお目出たいことを言う人は少なくなりましたが、戦争の反省から、とにかく反戦の立場さえとっていたら、昔はイイ人でおられたのです。(戦争なんて、ない方がイイに決まっているじゃないですか。)

大学を卒業したばかりのケースワーカーや自治体職員に「家族を頼れないの?」「もうちょっと働けないの?」「なぜこんなに貯金が少ないの?」と聞かれます。理屈は通っていますが、若者の遠慮ない質問は、長く生きた人間の最後のプライドにグサグサと突き刺さります。
親族への扶養照会もあります。生活保護法は、3親等以内の親族が扶養できない場合に保護を認めることになっています。しかし、親族に困窮を知られたくない高齢者はたくさんいます。とりわけ、子供や成人した孫ならなおさらです。

確かに市役所の対応をそのまま、テレビ等で単純に見せられると、「行政はひどい」と思われることがあるでしょう。
市役所の若い職員ももう少し、尊敬の念を持って高齢者に接するべきです。
特養ホーム
でも、若い職員が高齢者に保育園児に接するような態度で接しているのを見たことがあります。自分が入所したら、あのように子ども扱いされるんだと思うと情けなくなります。

でも、市役所の側からみると無理もない面があると思うんですよね。大勢の来訪者が窓口に来たり、自分勝手なことを言ってくることを考えると、市役所の職員が一人一人の来訪者に寄り添って、丁寧に話を聞いていく時間は物理的にないのだと思います。

例えば、成人した子供が困窮する親を扶養する義務については、「(子供の)社会的地位にふさわしい生活を成り立たせた上で、余裕があれば援助する義務」と規定されているに過ぎません。しかし、「扶養照会で子供に困窮がばれるかもしれない」「子供の家庭生活に迷惑をかけるかもしれない」と親が考え、申請をためらわせるハードルにもなっています。

また、困窮当事者には、保護されることを「恥ずかしい」と感じる意識が強くあります。私たちが、「生活保護で当面の危機を回避しましょう」「恥ずかしい制度ではありませんから」と提案しても、「いや、恥ずかしい制度ですよ。生活保護受けるぐらいなら、死んだ方がマシです」とか、「生活保護受けるようになったら人間終わりです」と言う人が多いのです。

この意識は年齢に関係ありません。会社を休職した男性(24)に保護を進めたところ、彼はこう言いました。

「こんな若い僕が、生活保護をもらえるはずがないじゃないですか。本当に受給できるんですか。それ以上に、もらったら申し訳ないじゃないですか」

・・・・

市役所のケースワーカーですら「こんなに困るまでがまんしなくていいですよ」と言うほどの困窮ぶり。男性は「ありがとう」と涙を流しながら申請書類を書きました。でも結局、自殺を図ってしまいました。

アパートに残された遺書には、「この年になってお国の世話になるのは本当に申し訳ない。だから命を断ちます」と書いてありました。ケースワーカーに聞いたところ、保護費を受け取りにくるたびに「ほんとに申し訳ない、申し訳ない」と頭を下げ、謝っていたそうです。

「早く仕事を見つけますから」と謝る男性に、「大丈夫ですから、もう見つけなくていいんです。年金だと思って暮らしてくださいよ」とケースワーカーが言葉をかけても、彼は「いやあ、私は年金を掛けてなくて、本当に自分の落ち度です」と、最後まで自罰的態度を崩しませんでした。

「まさか自分が働けなくなるとは、夢にも思わなかった」

・・・・・(略)

『市役所のケースワーカーですら「こんなに困るまでがまんしなくていいですよ」と言うほどの困窮ぶり。男性は「ありがとう」と涙を流しながら申請書類を書きました。でも結局、自殺を図ってしまいました。』とあります。

自殺を回避するようなアドバイスやサポートはできなかったのでしょうか。

さて、まだまだ論じたいことはあるのですが、大きなテーマですので、次の機会にしたいと思います。

 いずれにせよ、生活保護受給者をなるべく増やさないように、そして需給を打ち切って少しでも働く方向にという政府の方針は、国民の富には限りがあるという現実を踏まえたぎりぎりの選択であって、それを感情的に安易に非難することは少し見当違いのように思いました。

最後に、話が少しそれるかもしれませんが、福祉国家はいいものだとばかり、国家財政を無視して、無責任な大判振る舞いしたギリシャについて。

EUに加盟直後の、まだギリシャ危機を迎えるまでのギリシャはそれはもう、むちゃくちゃな福祉国家でした。公務員は、夕方前には勤務が終わり、長期休暇も多く、とてつもなく高額な給料や年金を支給されていました。
私はそのルポを見たとき、経済力もそんなにないギリシャが何で?と思いましたが、政権が代わって、結局、全部借金だったことがわかりました。
国家が粉飾決算をして、借金をEUや世界中に隠していたのです。
「唖然!」

 今、ギリシャ国民は大きな代償を払っています。
怠け者がサラ金から金を借りまくって、その借金を隠してさらに借金して、破たんするまで贅沢をしていたのと同じです。

それに比べると日本はよほど、ましです。
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。