飲酒・喫煙の中学生!タバコ販売拒否に逆切れ、消火器噴射して逮捕!

スポンサーリンク

中学生の、あまりに傍若無人なふるまいに腹が立ってこの記事を書きました。

沖縄の多くの人が基地問題を真面目に考えているとき、こんなバカ中学生が出てくるとは残念で

す。

今も、沖縄の成人式のバカ行動とかもやっているんでしょうか。

沖縄の人たちは基地問題であのように固く団結するので、そうした大人の力でこうしたバカ少年

を教育・指導してほしいです。

こんな不良中学生は、地域社会でも飛びっきりの迷惑者になっているはず。「間違いない」

まだ中学生の年齢でこれだけのことをやらかすのですから、ほおっておくと、碌でもない大人に

なる可能性が高いと思います。

学校も、この中学生の不良グループに真正面から向き合って指導すべきです。

こういう大事件を起こしたときは、それまでに、小さな不良行為や違法行為を何度も繰り返している場合がほとんどです。

そして、その不良行為を学校や家庭・地域社会が「見て見ぬふり」とまでは言いませんが、指導

しきれていない場合がほとんどです。

義務教育ということで、あいまいにしていた部分があったかもしれません。

沖縄の皆さんが機動隊に立ち向かっている姿を見て、同じ気迫でこの不良グループに立ち向かっ

てもらったら、この不良グループを改心させる可能性があると思いました。

飲酒の中学生、たばこ販売断られ消火器を噴射 沖縄のコンビニ
沖縄タイムス 12/27(火) 8:45配信
 たばこの販売を断られたことに憤慨し、消火器をコンビニ店内に噴射したとして、那覇署は26日、沖縄県浦添市の男子中学生(15)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。少年は25日夜から那覇市内で飲酒しており、一緒に酒を飲んだ14~15歳の男子中学生4人も補導した。

 那覇署によると、男子中学生は26日午前4時すぎ、那覇市久茂地のコンビニでたばこの販売を断られたため、店内に設置された消火器を噴射し、同店の業務を妨害した疑い。男子中学生は25日午後11時ごろから那覇市内で飲酒していたと話しており、酒類の入手先なども調べる。

バイク少年「クリスマス暴走」も
 また、26日未明はうるま署と沖縄署がいずれも16歳の少年をバイクの無免許運転で現行犯逮捕した。うるま署が逮捕した少年は「クリスマス暴走」に参加したとみられ、白バイの追跡から逃走した後に転倒し、右手小指を骨折した。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。