取手中3年女生徒の自殺を市教委・学校が隠蔽!学校がやるべきことは

2年前の取手市の中学3年女子生徒の自殺について、取手市教育委員会が生徒や保護者らに

自殺の事実を伝えない方針を決めていたことが、情報公開請求の結果、分かりました。

<取手中3いじめ>市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明
7/30(日) 7:00配信 毎日新聞

茨城県取手市で2015年11月、市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)が自殺した問題で、同市教委が自殺の直後、生徒や保護者らに自殺と伝えない方針を決めていたことが分かった。両親は死亡の5日後にいじめが原因と疑い調査を求めたが、市教委は自殺と伝えないまま生徒へのアンケートなどを実施。「いじめは無かった」と結論づけていた。

毎日新聞の情報公開請求に市教委が開示した学校の緊急報告書などから判明した。菜保子さんは11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡。学校が同日、市教委に提出した緊急報告書には「自殺を図り救急車で運ばれた」と書かれていた。ところが市教委は同日夜の臨時会合で、生徒らには自殺の事実を伝えない方針を決定。校長も12日の全校集会で「思いがけない突然の死」と説明し、その後の学校の報告書などでも「死亡事故」と表記した。生徒の自殺があった場合に開催する臨時保護者会も開かれず、自殺は対外的に伏せられた。

両親の要望を受けた学校は15年12月、菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施。市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんに触れたが、自殺とは明かしていなかった。

市教委は16年3月、アンケート結果を基に自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決。直後に記者会見を開き、自殺があったと明らかにした。市教委は事実関係を認めた上で「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と回答した。【玉腰美那子】

学校で「生徒の自殺」が発生すると、学校と教育委員会は必ずと言っていいほど、

その自殺を隠そうとします。

児童・生徒の自殺には、ほとんどの場合、「いじめ」が関与しているので、

学校や教育委員会は「いじめの事実」を隠したいのでしょう。

自殺した生徒の保護者は、子供の残した日記やスマホの内容から学校で一体何があったの

か、真実を知りたいと思っているのに、学校や教育委員会は基本的に隠ぺい体質です。

当然、保護者は学校・教育委員会に不信感を抱きます。

下記は、不信感を抱いた保護者に関する5月のニュースです。

 

取手中3自殺 両親が記者会見「いじめ該当なし」に不信
毎日新聞2017年5月29日 23時30分(最終更新 5月29日 23時56分)

市教委に第三者委解散を求める
茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の女子生徒が自宅で自殺したことを巡り、両親が29日、東京都内で記者会見し、市教育委員会が設置した自殺の原因を調査する第三者委員会について「中立性や遺族への配慮を欠く」として市教委に解散を求めたことを明らかにした。両親は、生徒がいじめられていたことを示唆する日記を残しているとして、いじめが自殺の原因と訴えている。

死亡したのは、中島菜保子さん(当時15歳)。両親や代理人弁護士によると、「いじめられたくない」「死にたい」などと書かれた日記が見つかった。スカートのポケットからは「くさや」と書かれたメモが見つかり、両親が一部の同級生から話を聞いたところ、「臭い」との理由で、そう呼ばれていたことも判明したという。両親はこれらを学校に示して調査を求めた。

中学では同12月、全校生徒にアンケートを実施。市教委も同月、3年生全員から聞き取りをしたが、「いじめは確認できなかった」と結論付けた。

これに対し両親が重ねて調査を要望し、市教委は16年3月に第三者委の設置を決めた。だが、いじめ防止対策推進法は、いじめが原因で「子どもの生命や心身への大きな被害」が生じたと疑われるケースを「重大事態」と規定して第三者委を設置するよう定めているにもかかわらず、市教委は「重大事態に該当しない」と議決したうえで設置。今月になってから、重大事態と判断を改めて調査を進めていることを遺族側に伝えたという。

両親は29日、第三者委の解散を求める申し入れ書を市教委に送付。記者会見で母淳子さん(47)は「娘が亡くなって傷付いているのに、さらに傷付けられた。不信感しかない」と目に涙をためた。市教委は「対応を検討する」としている。

中学では同12月、全校生徒にアンケートを実施。市教委も同月、3年生全員から聞き取りをしたが、「いじめは確認できなかった」と結論付けた。

このニュースでは、『2015年12月、中学校側が全校生徒にアンケートを実施し、市教委も

同月、3年生全員から聞き取り調査をして、その結果、「いじめは確認できなかった」と

結論付けた。』と報道されています。

ところが、このアンケートや聞き取り調査を実施する際、生徒や保護者に中島菜保子さんの

自殺について伝えていなかったことが、今回の情報公開請求で分かったのです。

アンケート調査の一番の目的は、中島菜保子さんに対する「いじめ」の有無の確認だった

はずなのに、学校は菜保子さんには触れずに全校アンケートを実施したのです(2015年12月)。

また、市教委は3年生にヒアリングをした際、菜保子さんには一応触れましたが、自殺とは

明かしていなかったのです。

これでは、生徒も菜保子さんの自殺について、コメントのしようがありません。

学校や市教委は両親の要望に基づいて調査を(嫌々?)実施しましたが、最初から「いじめ

しの結論」ありきの調査だったと言わざるをえません。

そして市教委は自殺のあったことを伝えずに実施したアンケート結果を基に、2016年3月、

自殺は「いじめによる重大事態に該当しない」と議決したのです。

その上、この議決直後に記者会見を開き、そこで初めて自殺があったことを明らかに

したのです。

私たちには、ニュース以上の詳しい事情は分かりませんが、それでもこの市教委のやり方・

経過を見ただけで、取手市教委の「不誠実な対応」、「いじめ隠し」が見えてきます。

市教委は「遺族の意向と受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」と

回答していますが、一体どこで、「遺族の意向」を大切にしたのでしょうか。

また「受験を控えた生徒らへの影響を考えた当時の判断は適切だった」とも言っていますが、

学校・市教委は大人の立場を最優先したとしか思えません。

自殺はあってはならない悲しい出来事ですが、起きた以上は、生徒の1人が自殺したという

事実を生徒たちにちゃんと伝えて、生徒も教師も保護者も教育行政も、再発防止に向けた

努力をしていくべきでしょう。

それなのに、どこの市町村でも、まず、隠蔽から始めようとするのは情けないことです。

関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。