スポンサーリンク

まるで旅行代理店の雰囲気 学生ローンに行列のワケ【管理人の感想】

画像

スポンサーリンク

まるで旅行代理店の雰囲気 学生ローンに行列のワケ

7/13(土) 14:00配信 毎日新聞

6月下旬の東京・高田馬場駅前。最高気温が30度に迫り、ワイシャツが汗ばむ昼過ぎ、「学生ローン専門店 お役に立ちたくて」と書いた派手な看板が目立つ6階建ての雑居ビルに20歳前後の若者が次々と吸い込まれていった。3階にある学生ローンの店舗の前には店に入りきらない学生2人が置かれた丸椅子に座っていた。「ここ1、2年、お客さんが急に増えた」と男性店員。今、学生ローンに行列ができるワケを追った。

両親離婚のケース多く

店に入ると、カウンターの向こうにいる若い女性が間髪を入れずにオレンジジュースを運んできた。ローン会社というより、旅行代理店のような雰囲気。「敷居」を低くする工夫が施されている。店の奥にいた常務の男性(51)によると、同店には現在、社会人になって返済している人も含めて顧客が数万人おり、平均の債務残高は十数万円だという。学生ローンを専門に扱う同店の金利は「大手消費者金融より若干低い」年率17.0%。借金の理由は生活費やパソコン購入などさまざまだという。男性は「お金を借りに来る学生さんは両親が離婚しているケースが多いですね」と話す。

店から出てきた東京都内の大学2年の男性(20)は昨年、父親が会社をリストラされた際に学費を払うため借り入れ上限の10万円を借りたという。「父子家庭の同級生はバイトを二つかけもちしてもお金が足りず、生活費を借りてます。飲み会にも来れず、いつも苦しいと言ってます」と話した。

約30の大学などの学生でつくる団体「FREE」が昨年9月から今年6月にかけてインターネットなどで実施した調査でも、最近の大学生の苦しい実態が見えてくる。集計が終わった6226人の回答のうち、46.1%が生活費を稼ぐアルバイトのために「睡眠時間が削られる」と回答した。中には「1日の食費が300円」、「毎日2時間睡眠でアルバイトと学習をかけもちしていた」といった回答もあったという。

苦しむ就職氷河期世代の子どもたち

学生ローンを借りる学生の急増に象徴される大学生の貧困の背景はなぜか。国立教育政策研究所の浜中義隆総括研究官(48)を訪ねた。浜中さんは「大学の受験戦争が厳しかった1990年ごろは大学進学率が今より2割以上低く、しかたなく高卒で就職した世代の子供が大学生になったから」と分析する。

80年代は国が大学教育の質を上げるため定員を絞り込み、90年には大学進学率が24.6%まで下がっていた。この後、第2次ベビーブーム(71~74年)世代が大学生になることもあって定員が増え、進学率は95年には32.1%に上昇。その傾向は続き、2018年は53.3%で過去最高になった。90年に18歳だった世代は現在47、48歳だが、17年の厚生労働省の調査で、45~49歳の男性は高卒の平均月収が32万9400円で、大学と大学院卒の48万6400円の7割に満たない。浜中氏は「構造的な問題だ」と指摘する。

教育行政学が専門の三輪定宣・千葉大名誉教授(81)は「就職氷河期世代の子供が大学生になり始めたから」とみる。就職氷河期世代はバブル崩壊などで新卒採用が減った93~04年ごろに大学、高校を卒業した世代を指す。働く意欲があっても不安定なフリーターなどの生活を余儀なくされ、職歴がないまま年齢を重ねたため景気回復後も正社員になりにくい人が多いとされる。一方、三輪教授は問題の本質は日本の教育政策にあると指摘する。

OECD加盟国最低の教育予算割合

日本の教育政策の特徴をとらえた数字が「2.9%」だ。18年に発表された経済協力開発機構(OECD)の調査で、日本のGDP(国内総生産)に対する教育予算の割合は加盟34カ国の平均4.2%よりかなり低く、加盟国で最低だ。国公立大学の割合もOECDの同じ調査で加盟国平均の約70%に対し、日本は21.2%で、逆に私立大学の割合は加盟国平均の約31%に対し78.8%もある。

三輪教授によると、OECD加盟国の国公立大学は授業料が無償のケースが多いといい、その差がGDPに教育予算が占める比率にも表れている。三輪教授は日本が教育に税金を投入してこなかった背景について、「日本人は教育熱心だから、自分でお金を出してでも子供を学校に通わせる。その分ほかのところに回して、経済成長した方が国全体としてプラスだという考え方があった」と話す。75年から16年の間に学費の比較的安い国立大学は81校から5校しか増えなかったが、私立大学は305校から倍近い600校に激増した。

16年参院選では各党がこぞって教育無償化と給付型奨学金の導入を掲げ、18年度に返済がいらない公的奨学金が本格導入された。月額で最も低い国公立大の自宅生で2万円で、私立大下宿生の4万円が最高だ。

20年4月からは年収270万円未満の住民税非課税の両親と大学生本人、中学生の4人のモデル世帯を対象に授業料と入学金などの支援も行われる。ただ支援策は低所得者に限定される。

文部科学省は住民税非課税世帯の進学率が現在の4割から全世帯並みの8割まで上がった場合、対象者は全学生の2割の75万人に上るとの見通しを示す。だが、想定通り大学進学者が急増するかは不透明で、三輪教授は「一部に対策を講じただけ」と批判する。授業料が高い私立大学が増えるなどの状況を考慮すると、低所得世帯に限らず、中間所得層など幅広い支援が必要となりそうだ。

21日投開票の参院選でも各党が一斉に教育支援策を打ち出している。自民党は「来年4月から真に経済的支援が必要な子供たちの高等教育無償化」、公明党も同様に給付型奨学金の拡充の実現をアピールする。

立憲民主党は「国公立大学の授業料を半額程度に引き下げ」、国民民主党は「教育の無償化」を公約に掲げる。共産党は「大学・短大・専門学校の授業料をすみやかに半分に値下げし、段階的に無償化を図る」と訴え、日本維新の会は幼稚園から大学までの「教育完全無償化」を主張する。社民党は「大学等の学費を段階的に引き下げ、将来的な無償化」を公約とする。

各党の主張に耳を傾けながら、教育のあり方をじっくり考える機会にしたい。〈https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00010000-maiv-pol




管理人の感想

「学生ローン専門店」が大繁盛しているらしい。

貸金業者は、なかなか目の付けどころがいいね。どこの馬の骨ともわからないスレた大人

を相手にするよりも成人になったばかりの初々しい学生を相手にしている方がよほど貸金

の回収をしやすいはず。

返済が滞ってきた学生には、「取り立ての電話があったら就活に不利じゃない」とか何と

か言って、ちょっとプレッシャーをかけるだけで優先的に貸金を回収できるんじゃないだ

ろうか。

ローンではないけど、実際に京都の悪徳グループが女子大生を騙して高額な借金を負わせ

て、返済のために風俗で働かせていました。学生はこの程度の脅しで、言うがままになっ

てしまうということです。

さて、問題の本質は、日本中の家庭の収入が減っていることだと思う。なのに、昔は大学

進学を経済的、学力的に諦めていた層が、今は経済的に無理をしてでも大学に進学できる

ようになっています。消費者金融が昔より発達していて、今は簡単に親も学生も借金でき

るようになったことも、無理をして大学進学する風潮を助長しているのだと思います。

これでは、大学に入ってからお金に困るに決まってる。

地方出身者が親からの仕送りなしで、都会の大学に進学するなんて、もう無茶苦茶な行為

だと思う。都会の風俗店が新規の女子大生をいくらでも雇えるのも頷けます。時給1000円

でやっていくのは大変ですもの。そんなときに風俗店で一晩で数万円~何十万円も稼げる

となれば、お金に困っている女子大生の心は動くと思います。お金に困るということは個

人の倫理観・道徳観を簡単に超えさせますから。

大学に進学したくても経済的に無理な子は本当に可愛そうだけど、無理をしたら却って不

幸になるリスクも高くなると思います。




ネットの声・考え

boy*****
Fラン大学より商業・工業高校のほうが良い企業に就職できるツテがあります。学校推薦なら筆記1回、面接1~2回で済みますし。

大学に進むにしても、無理に都心に出る必要は無いでしょう。家賃や物価が高いです。同ランクであれば地方大学のほうが学費補助など手厚いと思います。

よほど頭が良く無ければ、無理に借金こさえてまで進学しないほうが良いと思いますが・・・

ay 
現在大学生の子に仕送り0円家庭が増えてると記事で読んだ。
学費、生活費を自分で稼がないといけない、奨学金を借りても不足分も含めバイトで稼ぎ、勉強もしなければならない。
本当に大学に行かなくては自分の希望する職業になれないならいいと思う。
しかし、一部の奨学金を除いては就職して返済しなければならない。
就職してもすぐ仕事を辞め支払いが滞って追い詰められる人も多いらしい。
確かに企業であれば大学と高卒の仕事の内容は全く違う。
お金をかけて学ぶ事は価値があるが、目的、目標もなく単に学歴欲しさの為なら後々の返済も考え慎重に考えた方が身の為だとは思う。

kos***** 
私も学生時代サークルの合宿代や少し足りない学費など散々世話になりまして、3年かけて返済しました。確かに学生時代は金も無かったし新卒時代の安月給で返済はキツかったですが、地元から出てきて大学入って本当に良かったと思ってます。高卒就職を否定するわけではありませんが、人生一回と思ったら多少の無理してでもいい経験だと思いますけどね。まあその分しっかり勉強してキチンとした会社に入るのは大前提ですが

fus*****
教育の無償化は必要
だか、何でもかんでも無償化するのは疑問。
そもそも学ぶ気のない人間まで無償化してまで大学に行かせる意味があるのか?

高校、大学に上がるごとにハードルを上げる必要があるのでは?

高卒レベルにも満たない大学、学部は対象外、高校も公立のみ、一定の成績のみなどの制限を設けるなど

そうでもしないと掛け算も出来ない大学生に意味はあるのか?
それなら職業訓練、職業養成校(専門学校)などに補助金をだす方が効率的だし実効性がある

ken***** 
新入社員になったら奨学金の返済、ローンの返済と追われるなんて夢がない気がします。
特に奨学金の返済ができず破産する人もいる。
そこまで大学をでる必要があるのか?

dem*****
身の丈に合った選択をすべき。
それを越える選択をしようとするなら、選択する前にリスクを知って、判断することが必要。
ただ、夢に向かって勉学に励む学生だけには、勉学に集中できる環境を作るべきだと思います。




mar*****
家計が苦しいのに都内の私大に行く必要ってあるのかな
一部の上位私大以外は「4大卒」のハクは付くけど、就職にそんなに有利なわけじゃない
地方なら国公立も都内ほど偏差値も倍率もないけど、就職時はそれなりに有利
格差はある程度仕方がないのだから、工夫したら良いのにと思う
金持ちの友人や隣人と同じを望むなら覚悟や努力が必要

???
新卒一括採用がなければ、働いてお金貯めてから大学に行くこともできる。
でも今は、20代前半までに大卒というレールに乗っておかないと、
やりたい仕事や企業から門前払いされてしまう。
問題の本質は、多くの大企業が横並びで多様な採用活動をしていないことだ。

mor***** 
国公立大学でも学費が高いのが問題。子供が小さいうちはお金がかかると言っても国立大学ほどかからない。医療費の補助もあるし、高校も無償化が進んでいて、親も若くて働き口もたくさんある。ところが子供が大学に入る頃になると親がパートしようにも年齢的に時給が安いところしかなくて、体力も無くなっているので本当に大変。
政府は国公立大学に補助金を出して、学費をもっと安くしてほしい。
私立大学の場合は真面目に勉強するかどうか審査でもして経済的配慮をすればいいんじゃないかと思う。

ma3*****
返済するのはそれなりに大変ですが、無いものは稼ぐか借りるしかないですもんね。返済の見通しができる範囲であれば借りるのも致し方無いかと思います。奨学金であったとしてもほとんど物は返済が必要です。有効に使ってきちんと返済する。返済は若いうちは負担にもなりますが、それも良い経験になるかと思います。中には踏み倒そうとする輩もいますが、そういう下衆な人間にはならないようにしてください。
本来であれば、こういった負担が少しでも減るように国がなにかしらの政策を行うべきと思いますが、中々期待しづらいですね。

眠りすぎる野良猫 
工業高校から就職した方が、確実に就職できるし、学校によっては大手とのパイプもあるため、大卒でも入れないような企業に総合職で入れる場合もあるらしい。
平均年収で差があるだろうが、「高卒から大手入社」だったら、「大卒で中小入社」と大差は無いと思う。
中学生に先々を考えるのは難しいだろうが、こういったことまで考えて高校を選ぶことも一つの選択肢かもしれない。

ef3***** 
大学の学費負担を減らすんじゃなくて、高い目的意識と学力を持ってる人だけが大学に行くような社会にすればいいと思うけどな。そしたら制度の整備次第で高卒でも就職、昇進しやすくすることもだろうし。
あと奨学金チャラとか言ってる政治家もいるけどそれもなんだかなぁ…
限界まで生活切り詰めて老後の貯金よりも学資保険を優先して子供の学費をためてた家には何もないの?

ナメタケ
無理して大学に行く必要はあるのかな?と思う。一緒にしたら悪いかもしれないけど、私なんて両親がいない環境で祖母一人に育てられたから、そもそも進学の選択肢は無かった。

高校は卒業させてもらったけど、その後は一人で生き抜くしか道はなかった。

若い頃は新聞配達から始まり、バイトや就職をして食いつなぎながら社会を知り、商売を知り、インターネットの勉強なども必死にやった。

今では小さいながら会社を作り、なんとなく周りからは成功してると思われている状況まで這い上がった。

もちろん、大学に進学した人生を送った経験はないので未知の世界だが、大学を出たからといって幸せな人生が送れるとは言えないと思っている。

どんなに苦しい状況からも諦めなければ必ず幸せはつかめると私は信じている。

プライドや世間体の空気に流されず裸一貫の自分を信じて生きて欲しいと思う。




har*****
昔の事を言っても通用しないと思うが、昔は大学進学は親に支払い能力がある人達だけが進学した。それ以外は学費の事を考えて断念したものだ。余程学力がある人は奨学金で。
今の奨学金と呼ばれるものはただのローンだ。卒業しても就職がどうなるのかもわからない現代、安易に借金をして大学進学してもローン返済は難しく、先行き不透明だ。
資金に余裕のない人は別の道を探ってもいいのではないかと思う。

たぬき 
今の学生の親世代が学生だったころも仕送り0円の学生は珍しくなかった。国立大学の授業料免除制度は当時から変わらないし、奨学金は充実の方向にある。低所得層の実質負担は増えていない。むしろ授業料が値上げされたため免除制度を利用できず、奨学金制度も対象外にされている中~高所得層の方が割を食っている。
親世代,祖父母世代では高校の進学指導でも金が無ければ国公立大へ行けと言われ、私立大は贅沢の部類だった。その時代を知っている納税者からみると私立大を選んだ人が金が足りなくなったとしても自業自得だと思うし、それを支援するくらいなら国公立大向けの支援を充実させてあげたい。

ひねくればばぁの戯言 
無駄に増えすぎた私学をどんどん補助金を削り潰せば良い

国公立の教育の予算が年々減っているのに、私学の補助金は、バンバン増えている

そもそもがおかしいでしょ

gri***** 
地方の人間が東京の大学に進学する場合、学費の他にかなりの出費がある。卒業時には、大きな借金をかかえて世に出る。借金の返済からが社会人のスタートだ。学生ローンと名前は良いが、美味しい融資先だ。国立大学をもっと増やして、生徒も集まらないゴミみたいな大学は淘汰するべきだ。より狭き門にして、門をくぐった原石には多くの税金を投入した方が良いと思う。

zar***** 
話は違うが、成績優秀者ではないのに、小室圭には
奨学金をもらえているのだそうだ、もちろん奨学金も
ローンと同じなので、後でかえさなければいけないだろうが・・・

大学進学は、あくまでも個人の自由であり夢でもある。ただ国家をあげて、優秀な人材を育てたいなら、
やはり国費を投じて援助するべき。

それこそ、外国人に学費支援して、
日本人に支援しないほうがおかしいですし。

ただ、無条件・無尽蔵に援助するのではなく、
それこそ、本当に優秀な人材を選んで援助する。

それこそ、奨学金制度が批判されているが、
無理して大学進学したり、そもそも頭が悪かった。
例外はあるでしょうが、資金を循環させて制度を維持しているのに、サラ金と同類呼ばわりするなら最初から借りなきゃいいだろと。

yam*****
国が教育に力を入れていないは今の問題につながるのか?
今も昔も大学にはお金がかかっているのだから、どういう学生がお金が足りなくなっているのかを調べないといけないのにそこが、特別な例のようなアンケート結果だけ聞かされてもと思うけど。

初めに年代ごとに親の収入に占める学費の割合はどうなっているのかで話はだいぶ違うと思う

さらに、国公立なのか私立なのかでも学費は変わるし、実家通いかひとり暮らしかでも違う。

片親であれば自分の通っていた国立なら学費の半額もしくは全額の免除制度があったり、成績に応じて奨学金も無利子が借りれたりもした。

親のリストラとか食費を1日300円に抑えるとか極端のような例は良いから、大学で勉強するためだけで学生ローンが必要な学生はどういう学生なのか本腰入れて調査する必要があると思う。

ver***** 
田舎から、借金してまで上京して通う価値がある大学って限られてると思う。

最低でもマーチ以上なら、大企業に就職できる可能性もそこそこあり、奨学金返済しても十分蓄財もできると思う。

それより下なら地元の大学にもあるだろうし、わざわざ惨めな思いして借金してまで東京に来る必要はないよ。

微妙な大学出たって、微妙な就職先になったらコスパ悪いよ。あと、東京にしかないとか、東京に憧れてるって理由で東京の専門に行くのとかはやめたほうがいい。美容とか美術系とかは、経営者にならない限り年収で300、よくて-400万で終わっちゃうような仕事しかない。東京で家賃と奨学金返済払いながら生活は困窮しますよ。結婚とか子供なんて考えられなくなる。

高卒で公務員や、大手メーカーの高卒正社員枠とかのほうが稼げるよ。

教育費は、そのコストかけてどのくらい稼げる仕事につけそうかをちゃんと考えてかけるべき。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。