スポンサーリンク

火が中2生徒に燃え移る…学校で野外学習の“ファイアトーチ”練習中に腕ヤケド 学校側「罰当たった」〈感想…それはない〉

画像

スポンサーリンク

火が中2生徒に燃え移る…学校で野外学習の“ファイアトーチ”練習中に腕ヤケド 学校側「罰当たった」

名古屋市の守山東中学校で、野外学習で披露するトーチの練習中、中学2年の男子生徒が腕にヤケドをしていたことが分かりました。学校はこの事故を教育委員会に報告していませんでした。

7月26日に撮影された映像。校庭でファイアトーチの練習をしています。すると…。

「ついた!ついた!手についた!危ない危ない!」

生徒の服にトーチの火が…。

(リポート)
「こちらの運動場でトーチの練習をしていた男子生徒の服に、トーチの火が燃え移ったということです」

動画が撮影されたのは名古屋市の守山東中学校。

関係者によると、7月26日午後4時ごろから、中学2年の生徒10数人が参加して、『ファイアトーチ』の練習が行われていました。

ファイアトーチは名古屋市内の多くの市立中学校で、2年生の時に豊田市稲武町で行われる野外学習の際に披露されます。

夏休み中のこの日は生徒10数人が教師の付き添いのもと練習していましたが、その練習中に男子生徒(13)の服にトーチの火が燃え移ったということです。

右腕の部分が燃え破れてしまった上着…。事故の当日、男子生徒が着ていた服です。男子生徒は右腕にヤケドをし、今も病院に通っています。

しかし、学校側から保護者に対し、信じられない発言が…。

<録音された学校側の発言>
「『ちょっと練習した日数が少なくて罰が当たっちゃったかもしれんね。次からはミスなくやれるときは頑張っていこうね』という形で『罰』と言った気もするんですけど。(Q.言ったということですね?)はい」

「罰が当たった」…ケガをした生徒に対して、あまりにも配慮を欠いた発言です。

また、守山東中学校は市の教育委員会に報告をしないまま今月3日からの野外学習を実施。トーチの演技も予定通り行い、男子生徒は見学していたといいます。

この対応について学校は…。

守山東中学校 浅井校長:
「こちらの配慮不足だったと思います。もう少し早く連絡しなきゃいけなかったんですけど、ケガの程度も最初はそこまでとは思っていなくて(市教委には)連絡はしなかった」

市教委も、保護者からの連絡で事態を把握したといい、関係者によりますと、男子生徒の保護者は「学校の対応には誠意が感じられない」と話しているということです。

説明を求める保護者に学校側が言った言葉…。

<録音された学校側の発言>
「学校は隠ぺいはしません、というのは信じていただきたい」
8/9(金) 19:19配信 東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00023782-tokaiv-soci




ネットの声・考え

kkkj7+^<+**** 
どうみても大怪我だろ


eto***** 
ファイアトーチ自体やる必要がわからないです。リスク高すぎますね。大怪我をした生徒さんの傷が大きいし、深いです。怪我をした生徒さんの親御さんに対する対応も不適切。学校ってそういうところなのですかね、、、不信感つのります。


jpfg10***** 
中学の時に稲武は行ったが、ファイアトーチはやった記憶がない。
キャンプファイアーはやった記憶がある。
学校によって違うのだろうか。
こんな大やけどをする危険性があるならやる必要ないのでは?


ycg***** 
隠蔽はしませんって、誰が信じるか!

こんな大怪我、重大事故って見て分かるよね?


ppn***** 
先生の言うことを聞かずに、生徒単独でやったことなら罰当たりかもですが、先生がついていながらの事故なら報告しなきゃだめでしょ。火傷を甘く見ちゃいけないよ。
きれいに完治するといいね。


#### 
キャンプファイアはしたことあるけど、こんなことをする地域があるのですね。なんの意味があるのか?
危険としかいえない。
今時LEDライトとか安全なものもあるので、そういうことを考えていくとよいと思う。
学校の対応はあり得ない。





gog***** 
子供に こんなあぶない 火遊びさせたくないです。ライトでするとか 安全を考えてほしいです。

くるくる回して飛んで 体に当たったら 大変です。野焼きで 服に火がついて亡くなった方を知っています。服の素材によっては 数秒で 火が広がります。まわりにいた人は 助けられなくて病んでます。
死人が出る前に 禁止にしてあげてください。

私からみたら 虐待です。


jt*****
あんなに大勢で火を振り回してるのに、見た感じバケツが1つ置いてあるだけで周りに大人もいない。燃え移る可能性なんて容易に想像できると思うが、そんなことは起こらないだろうと甘く考えてたんだろうなぁ。たくさんの生徒を相手にしてると感覚が麻痺してくるのかもしれないけど、親にしてみればどの子も唯一無二の存在なんだってことを忘れないでほしいね。


f***** 
火を扱うんだから当然消防署の指導もうけているはず、完全なる事故で報告しないなんてありえない。大きい小さいは関係ない。
対応は保身ありきで生徒のことを第一に考えたものでは全くない。


gat***** 
どう見ても皮膚移植くらいのレベルの火傷では?小学生の頃友達がふざけて私の首の裏に火のついた花火を当てた為火傷をし、自分では見えなかったため親に確認してもらった所ちょっとした騒ぎになるくらいの状態で痛みで1ヶ月くらいまともに首が動かせなくなった事がありました。この生徒の火傷だと相当痛みがあるのではないかと。例え治ったとしてもひどい痕が残ると思われます。


gom***** 
自分の子には絶対にさせたくない。
子供にやらせるようなことなの?
10数人って事は希望者のみ?
それでもこれは予測できる事故。
何度もやってる慣れた大人ならともかく
服装とか耐火ジェルを塗るとか、もっと対策してからするべき。
今までも事故がなかったのか不思議。


str***** 
これ下手すると皮膚移植レベルじゃないの?
てか何でこんな危険なことやらしてるの?


bra***** 
いや、何にも分からない素人が見ても大火傷だと思うけど…火傷は日が経って広がるわけではないですよね、先生。言い訳でしかない…





set***** 
学校側は今後火消しに追われるのでしょう。今更釈明しても受け止めてもらえるのかは疑問ですが。初期対応がしっかりしていれば…。
気になるのは、火が付いた後の先生たちの消火や火傷個所を冷やすなどの措置がすぐになされたかということです。画面には水が入っているだろうバケツが1つは写っていましたが、腕に火のついた生徒は誰かが寄ってくるわけでもなく、自分で画面から(ポジションから)外れただけのように見えます。
「ついた、ついた」と言っていますが、ここで練習を止めていない時点で、危機対応に不備があったと感じました。生徒たちの着衣もまさか化繊なんてことはないでしょうね。他の中学でもこのような状況で練習しているのでしょうか。
市教委には、ファイアートーチの実施状況や、事故やけがの有無、指導マニュアルの適否などを至急点検してほしいと思います。


inu***** 
中学でこんなハイリスクな行事あることにびっくりした。
見た感じかなり酷い火傷でかわいそう。
綺麗に治るといいのですが。

それにしても、もしどうしてもこれをやると言うのならば
燃えにくい服を着用するとか、消火器を構えた先生が複数スタンバイ
するとか、何かしら安全対策をしないと駄目ですね。
等間隔で並んでいるけど、例えば隣の子の火の玉がぶっ飛んでくる
可能性だってあるのではないでしょうか。
中学でやるには厳しいような…


kay***** 
痛そう(T_T)
配慮なさすぎだし、そもそも危険すぎでは?


vir***** 
火傷の傷を見てビックリした
服が燃えてあんな怪我をしているのに罰が当たったとか教師は神様か何か?
どうもこの学校の教師は自分の立場を勘違いしてると思う


タケナカ参謀 
私は名古屋市内の学童保育所に勤めている者です。トーチトワリングはキャンプに向けて現在進行形で行なっていますが、それなりに練習を積み上げています。勿論そうしなければ危険だからです。

事故動画を見る限りでは、確かに練習不足のように感じますが、指導者側が火の特性をしっかり伝え、また練習不足と感じているならその子そばに付いてフォローするなりの対策をしていればここまでの事故にはならなかったような気がします。或いは全体での点火練習であっても、個別では点火を見送る必要があったかもしれません。私ならそうします。

また、点火をしての練習及び本番では、必ず近くに消火用のバケツを置いてスタンバイします。そして、子どもたちには点火したら絶対に先端を下げたままにしないように重ねて指導します。(火が棒伝いに上ってくるため)

指導者側が可能な対策がもっとあったのではないかと思えてなりません。事故後の対応も不適切。


yum***** 
子供に変な事させるんですね。
こんな事する意味がわかりません。
組体操もそうだけど、今の時代、下手をすれば大怪我をするような事をさせなくても他の手段で学習させれば良い。
他の手段が思いつかないのは大人の怠慢。




管理人の感想

そもそも論ですけど、愛知県では普段の生活には全く縁のないファイアトーチなんかを

何でやらせているんでしょうか。それって教育上、必要なアクティビティなんでしょう

か。今の子達はマッチの火を着けたこともないのに、燃えたトーチを両手に持って振り回

すなんて、リスクが大きいことぐらい分かりそうなもの。

「所変われば品変わる」というけど、他府県のものから見ると、

「何でそんなことやらせてるの?意味あるの?」って感じです。だいたい高校だって、キ

ャンプファイヤーの焚き火は、消防上、問題があるということでとっくの昔に廃止になっ

ています。(もちろん、生徒指導上の課題もあったと思うけど)

チームワークを醸成させたいなら他の取り組みがいくらでもあります。

だいたい火の付いた松明(トーチ)を振り回すなんて、フラダンスチームのプロがやって

いることでしょう😓

さて、学校側が『ちょっと練習した日数が少なくて罰が当たっちゃったかもしれんね。次

からはミスなくやれるときは頑張っていこうね』と発言した件。火傷をした生徒がでてい

るのに考えられないよね、こんなことを言うなんて。

僕が火傷をした生徒の保護者だったら、真面目に練習していたのに「罰が当たった」など

という学校を許せないよ。こんなレベルの意識しかない学校に火を扱わせるなんて、危険

すぎ。

それに、守山東中学校 浅井校長には生徒の火傷の程度くらい、ちゃんと聞き取りをしろよ

と言いたいね。この校長、自分たちの指導上のミスを隠蔽したかったんだな。

次に、トーチトワリングの実情がよくわかるコメントをピックアップしました。

hos***** 
服は長袖長ズボンで綿100%、靴下は長いタイプの物、頭には綿100%のバンダナ。メガネの子はメガネをはずす。もちろんシャツのすそはズボンにインです。
全員参加ではなく、希望者のみ。そしてちゃんと保護者のサインと判も押したりしました。
名古屋ではないですが、愛知県民です。小学校のイベントで「火の舞」という、ファイヤートーチを4、5、6年生の希望者は行っていましたが、一昨年からはサイリウムによる光の舞に変更しました。ただ、火の舞じゃないと!という親御さんもいまだにいて、役員やりましたが、すごく学校との温度差を感じました。
確かに、火の方が迫力もあって綺麗ですが、指導する側も、児童(生徒)側も年々レベルが下がっていたので、変更できてよかったです。かなりハイリスクですので、いろいろな配慮が必要だと思います。




関連おすすめ記事
関連おすすめ記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。